マッスルショット【攻略】: 「限界突破の試練(ケンダマン)」攻略

eye

限界突破イベント攻略、今回は「ケンダマン」の試練をクリアしていく。原作にならい、強力なタッグチームが続々と出現する難関バトルだ。ターンの早い必殺技を活用して突破しよう。

  1. リーダー:REBORN(再生) アシュラマン
  2. メンバー1:脱皮超人 スニゲーター
  3. メンバー2:恐竜超人 レックス・キング
  4. フレンド:ドイツの鬼 ブロッケンマン
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Final Round
  10. おすすめ超人:スペクルコントロール ダルメシマン

超高ステータスにパワーアップ! 星6ケンダマン

このバトルをクリアすると、「乱入コンビ ケンダマン」を星5から星6へと限界突破させる「ケンダマ」が手に入る。

合計3つのケンダマが必要になるのだが、入手確率がかなり低く、何回もクリアしなければならないだろう。

苦労するだけに、星6になったケンダマンはステータスが大幅にアップ。完璧超人にふさわしい仕上がりとなる。

必殺技も強力になり、タッグ技も持っているので、普段のバトルだけでなくコロシアムでも活躍が期待できそうだ。

~原作でのケンダマン~

「夢の超人タッグ編」で初登場。相棒のスクリュー・キッドとともに宇宙超人タッグ・トーナメントに乱入し、モースト・デンジャラスコンビを一瞬で蹴散らしたあと、2,000万パワーズと対戦。

バッファローマンを超える1,500万パワーと硬度10のダイヤモンドボディで試合を優勢に進めるも、2,000万パワーズの友情により状況を覆され、最終的にはロングホーン・トレインを受け敗北する。

かませ役ではあったが、その背後にいる「完璧超人」という勢力の強大さを知らしめるには重要な役割を果たしたといえるだろう。

クリオネゼリー+カウンター!

このバトルは、イベントにしては珍しくトラップロープが一切しかけられていない。

しかし、クリオネマンとスカル・ボーズが先制攻撃をしてきて、クリオネマンのゼリーで跳ね返ったところにカウンター、ということが多々発生する。

クリオネゼリーがあるということで反射タイプで統一するのだが、カウンターを受けないよう慎重に弾く必要がある。

必殺技のターンが早い超人を中心に

クリオネゼリーが登場するので、貫通タイプがぶつかると止まってしまう。

ということで、編成は反射タイプを中心に、かつ必殺技がたまるのが早い超人で選んでいる。

アビリティは、道中の敵に合わせて正義超人と新世代超人のキラーでまとめてみた。

リーダー:REBORN(再生) アシュラマン

伝説の最強悪魔超人 復活!」で入手可能。新世代超人キラーを持つので、主にクリオネマン撃破役として使っていく。必殺技はボス用に取っておこう

メンバー1:脱皮超人 スニゲーター

こちらもイベントバトルで入手可能。入手しやすい割に性能が高いので、制限バトル用に育成しておくことをおすすめする。正義超人キラーと強力な友情アタックが便利だ

メンバー2:恐竜超人 レックス・キング

ガチャでよく入手できる星4排出超人だが、スニゲーター同様正義超人キラーを持ち制限バトルで活躍できる。必殺技のターンの短さを活かし、道中で1回、ボス戦でもう1回発動を狙おう

フレンド:ドイツの鬼 ブロッケンマン

新世代超人キラーと、全方位に放たれるスパナ放射が非常に強力。再生アシュラマンといっしょに、クリオネマン処理を担当していく

Round1

「マッスル・ブラザーズ キン肉マングレート」1体と「超人相撲界の横綱 ウルフマン」が3体、「スカル・ボーズ」が2体出現。

反射タイプで構成していると、思わぬ方向に向かってしまい、スカル・ボーズのカウンターを受けてしまうことがよくある。

状況によっては、敵に当てずにロープで往復してターンを経過させるのもありだ。

グレートが必殺技を使う前に倒せればベストだが、無理してカウンターを受けてしまうと結局大ダメージなので、慎重に進めていこう。

Round2

「ザ・マシンガンズ キン肉マン」1体と「超人血盟軍・副将 ブロッケンJr.」「クリオネマン」、スカル・ボーズが2体ずつ出現。

先制攻撃で、右上のクリオネマンがゼリーを、スカル・ボーズがカウンターを使用してくる。

ゼリーの位置が非常にいやらしく、カウンターに接触しやすくなっている。キン肉マンが必殺技を使ってくるが、ダメージが低めなので、無視してでもクリオネマンを倒しておこう。

Round3

「2000万パワーズ バッファローマン」と「2000万パワーズ モンゴルマン」が1体ずつ、あとはウルフマンとスカル・ボーズが2体ずつ出現。

ここでは、右下のスカル・ボーズが先制でカウンターを使ってくる。

中央の2,000万パワーズが必殺技を使うため、先に撃破したいのだがかなりHPが高い。ここは、正義超人キラーを活用しよう。

ターンの早い必殺技を活用

このバトルで、おそらく最大の難所になるのがこのラウンド。躊躇なく必殺技を使い、中ボス2人を沈めておこう。

14ターンくらいであれば、ボス戦までにまたたまり直す。

レックス・キングでバッファローマン、スニゲーターでモンゴルマンを狙う。キラー効果により、確実に倒すことができる

Round4

「ヘル・ミッショネルズ ビッグ・ザ・武道」1体に加えて、クリオネマンとスカル・ボーズが2体ずつ、ブロッケンJr.が1体出現。

上のクリオネマンが先制でゼリーを設置する。ブロッケンマンと再生アシュラマンで、優先して撃破しよう。

武道も必殺技を使ってくるので、HPが2万以下になっている状況であればこちらも必殺技を使い、食い止めること。

次はボス戦になるので、ダメージが大きいようであればスカル・ボーズを1体放置してターンを稼ぎ、牛丼待ちをする。その際は味方を中央下部に集めておくと、ボスへの攻撃がスムーズだ。

Final Round

ようやくボス戦。星6になった「乱入コンビ ケンダマン」と「乱入コンビスクリュー・キッド」が1体ずつ、さらにスカル・ボーズとクリオネマンが出現。

ここでもクリオネマンの1体が先制でゼリーを設置。見えにくいが、ケンダマンの背後にも1つ置かれている。

ケンダマンの必殺技のダメージが大きいので、ここではボスを集中攻撃していこう。

まずはレックス・キングの「ジュラシックハンド」が弱点にヒット。有利属性ということもあり、体力ゲージ1本分以上のダメージを与えられた。

その後、ケンダマンの攻撃で位置が悪くなってしまい、ブロッケンマンはクリオネマン狙いにシフト。

次のターンで再生アシュラマンの「アルティメット阿修羅バスター」を弱点にヒットさせ、ケンダマンは瀕死!

最後は、スニゲーターの位置が悪かったのでブロッケンマンの友情アタックでフィニッシュ。地味な幕切れとなった。

「限界突破の試練(ケンダマン)」クリア!

ポイントはやはりラウンド3。2,000万パワーズを早々に必殺技で倒しておくと、かなりスムーズになる。

今回はキラー重視での編成としたが、終始カウンターに悩まされるのが難点。カウンター対策におすすめの超人を紹介しておく。

おすすめ超人:スペクルコントロール ダルメシマン

星4のイベントバトルで入手可能なため、確保のしやすさがウリ。カウンター無効を持っているので、スカル・ボーズとクリオネマンをまとめて処理していける。

必殺技はターンがかかるので、ボス戦まで温存しながら進めよう。

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA