【中の人に聞く攻略法】第9回: フォルティシア SEGA×LINE

Eye

セガとLINEが協業したことでも話題になった共闘アクションRPG『フォルティシアSEGA×LINE』。セガの本領発揮とでもいうべき本格的なアクションを軽快な操作で楽しめる良質のゲームに仕上がっている。今回は、『フォルティシア』の魅力から、知っておくと便利なプレイの小技まで、開発ディレクターであるセガゲームスの松田剛さんにたっぷり聞いてみた。

コンシューマーゲームのような本格アクションを実現

--まず『フォルティシア SEGA×LINE』(以下、フォルティシア)が開発されたきっかけを教えてください。

松田さん(以下、松田):「本格ゲーム」といいつつも結局、「ポチポチと操作する」ゲームが多いなと感じていて今、本格的なコンシューマーライクなアクションRPGをスマホで実現したいという、実にシンプルなところからフォルティシアの開発は始まりました。

セガゲームス『フォルティシア SEGA×LINE』開発ディレクターの松田剛さん

スマートフォンで実現するにあたって、バーチャルキーを採用するのか、フリック入力にするのか、あるいは新しい入力方法にするかなど、試行錯誤を経て、ゲームパッドに近い感覚のバーチャルキーを採用することになりました。既存タイトルではあまりないアクション性の高さをユーザーのみなさんに楽しんでいただきたくて、今の設計になりました。

画面左下にキャラクター移動のバーチャルキー、右下に攻撃やスキル、視点切り替えなどのボタンが並ぶ

――ゲームの世界観はどのように決まったのでしょうか。

松田:『キングダムコンクエスト』のようなダークファンタジーという案もありましたが、広い層に遊んでもらえるようにするために、人気があり、かつセガの得意とするライトファンタジーの世界観にすることにしました。

――プレイしてみると、マッチングが非常にスムーズなのに驚くのですが、ここはかなり苦労されたのでしょうか。

松田:マッチングは設計段階から非常に留意していた部分で、フリーマッチングができることはスマホゲームでは必須だろうと考えていました。マルチプレイが可能なゲームはこれまでにもたくさんありましたが、ロビーでマッチングを待つのは移動の間に短時間で遊ぶ際には向いていません。つまり、選んだときのロード時間、通信時間をなるべく短くして、すぐ参加できることが必須でした。ステージ、エネミー、装備すべてに、特に厳しい容量制限をつけて、見た目を犠牲にすることなく、すぐに遊べる軽快なゲームにしようというのが開発コンセプトでした。

ダンジョンの途中でも続々とプレイヤーが乱入してくる。このスピーディーな展開を実現できたのは、試行錯誤の成果といえるだろう

――マルチクエストの「みんなで冒険」ではダンジョンの途中からも参加できるんですね。

松田:マルチプレイは4人参加なので、プレイヤーがいないときはCPUが入りますが、できるだけCPUを入れずにプレイヤー4人で冒険できるようにしています。また、ダンジョンでは一定のところまで進んでからレアアイテムが出るようになっているので、後から参加したプレイヤーでも著しく不利益にならないように配慮しています。いちばんネックになるのは通信量なので、3Gでもしっかりプレイできるように、容量も計算しています。

――今回、LINEと協業した初めてのゲームになりましたが、意識されたのはどのあたりの部分でしょうか。

松田:セガらしいコアなゲーム性を妥協するのではなく、ゲーム自体はあくまで本格アクションを貫きつつ、一方でチュートリアルなどの初期動線をていねいに作り上げることで、LINE GAMEユーザーへのフォローをしています。他のゲームでもやっていることではあるのですが、フォルティシアに関しては、特に気を配っています。また、今後のバージョンアップでは、もっとLINEとの連携を増やしていきたいと考えています。

育てやすい装備ですぐ強くなれる!

――それでは攻略について教えてください。まず、ゲーム序盤でのおすすめの進め方、プレイ方法などはありますか?

松田:まず装備ですが、フォルティシアでは、武器や防具のレアリティが低いほど育てやすくなっています。見た目優先で選んでも、少し装備を強化するだけですごく強くなります。「N(ノーマル)」でも「HN(ハイノーマル)」装備でも同じで、強化していくだけで、一定の戦力になるように作られています。ですので、プレイしていてクリアが難しいなと思ったら、装備を強化してみてください。

また、同じ装備同士で強化すると「限界突破」して、より強くなります。序盤に育てていくのであれば、NやHNの比較的入手しやすい装備を育てていく方がスムーズにクエストを進めていくことができます。特に、レベル15までのパラメータは高く上がるように設定されています。

武器を限界突破した例。最大レベルが上がり、経験値も大量に入手できる。限界突破は3段階まで可能

――そうすると、余った装備は売るよりどんどん強化に使った方がいいということですね。

松田:フォルティシアはハックアンドスラッシュ型を目指したゲームなので、Nでも一定の経験値は担保しており、素材としても非常に役立ちます。なるべく強化に使うと、ゲームがスムーズに進められます。ただし、アクセサリーは非常に高額で売れるように設定しているので、お金に困ったら売ってください。

――装備は武器と防具、どちらから強化していけばいいですか?

松田:アクションに自信ある方は武器から、自信がない方は防具から育ててみるのがいいんです。武器も防具もレベル15までいったん上げて、あとは好みで上げていくのがいいでしょう。レベル1のままだととても弱い状態なので、まずはレベルアップしてみてください。

――武器には両手剣、杖、ハンマーがありますが、それぞれの特徴と序盤でのおすすめの武器、ジョブタイプを教えてください。

松田:やはり両手剣がいちばん使いやすく、序盤ではおすすめです。一方、ハンマーはやや上級者向けで、タイミングよく攻撃ボタンを押さないとコンボをつなげることができない代わりに、高ダメージを与えることができます。

ある程度クエストを進めていくと、ハンマーの攻撃が有効な敵なども出てきますので、ぜひ挑戦してほしいです。杖は、遠距離攻撃からの攻撃や回復やバフ(能力強化)といったサポートが好きな方に向いています。通常攻撃は弱いですが、スキルが非常に強力です。

――序盤はアクセサリーが手に入りにくいと思うのですが、どこで入手できますか。

松田:最初の「訓練生クエスト」ではアクセサリーはドロップしません。曜日ごとにある属性ダンジョンですべて手に入りますので、手に入ったらぜひ装備してみてください。

――特殊効果がついたりパラメータが上がったりと、アクセサリーもいろいろな種類がありますが、どれをつけるのがいいでしょうか。

松田:プレイスタイルによりますが、防御力を強化したいのであればガードチャーム、よりダメージを与えたい場合は、毒の特殊効果がある毒の指輪をつけるのもおすすめです。また、耐毒や耐麻痺効果などもありますので、挑むダンジョンによって装備を変えてみてください。ちなみに、アクセサリーはリングとアミュレットがありますが、リングは攻撃系、アミュレットは防御系になっています。

――フォルティシアでは属性がかなり重要に感じますが、それぞれのクエストに応じた属性の武器をすべてそろえたほうがよいでしょうか。

松田:敵の弱点である属性の武器を使うとダメージは2倍、防具の非ダメージは半分になります。多少レベルが低くても有効な属性の装備をそろえる方が有利になります。

――だから、装備のセット枠が各属性用に5セットあるというわけですね。

松田:はい。ぜひ、各属性の装備をそろえていただきたいです。それでも足りないという声が多かったので、次回のアップデートでセット枠を増やす予定です。また、装備倉庫枠が足りないというご意見も多いため、今回のアップデートで増やしています。

武器、体、頭、アクセサリーの5種類の装備のほか、ポーションなど3種類の道具をセットできる

――武器や防具の強さは総合力という形で出ますが、最初はどのぐらいを目指すといいのでしょうか。また、現在最強の人はどのぐらいの数値になっていますか。

松田:最強でいうと最近では3,500オーバーの方が登場していますが、まずは1,000を目標にするとよいですね。最初は700~800まではスムーズに上がるのですが、その後ちょっと壁があります。1,000前後になるとHN装備では厳しくなっていくので、より強いダンジョンに挑戦して、いい装備を狙ってみてください。特に、「みんなで冒険」のドロップ率は、ソーシャルゲームの中でもかなり高確率になっていると思います。ガチャに頼らずとも、何度も参加していれば装備はそろえられますよ。

――ダンジョンメニューの「みんなで冒険」と「フレンドと冒険」の違いはなんでしょうか。

松田:「フレンドで冒険」は、「みんなで冒険」や期間限定の「スペシャル」にあるマルチクエストすべてが選べます。ここからクエストを始めると、自分の好きなフレンドを誘うことができ、誘ったフレンド以外は入ってきません。それ以外のドロップ率などは、すべて「みんなで冒険」や「スペシャル」と内容は変わりません。

ダンジョンメニューでは、メインシナリオを進めていくソロクエスト「ひとりで冒険」のほか、「みんなで冒険」「スペシャル」「フレンドで冒険」が用意されている

――ちなみにランダムマッチングは、近いレベルの人で組まれるものなんでしょうか。

松田:同時期に参加するプレイヤーを総合力でソートしています。今のバージョンでは、さらに総合力で行けるダンジョンの制限を設けるので、適切なダンジョンに行けるようになっていくと思います。

――「みんなで冒険」ではダンジョンの途中から参加ということもありますが、そうすると途中でゲットできる宝箱も少なくなってしまいますよね。

松田:マルチクエストでは、一定のところまで進んでからレアアイテムが出るようになっているので、後から参加したプレイヤーでも著しく不利益にならないように配慮しています。

――初心者が「みんなで冒険」に参加するにあたって、注意したほうがよい点などありますか?

松田:いやいや、もう気軽に(笑)。気楽に参加してほしいですね。

開発ディレクター直伝! 知っておくと差がつく8つの小技

――序盤から中盤で知っておくと得する、プレイしやすくなるような小技、裏技などありましたらぜひ教えてください。

松田:はい。この質問に備えてたくさんリストアップしておきました(笑)。

  1. 強化をするとき、同じ属性にすると経験値が1.3倍になる。武具種をそろえても経験値が増えることはない
  2. アイテムアイコン長押しすると、どの画面でも詳細を見ることが可能。いちいちメニューから家を選び、倉庫に行く必要がない
  3. アクセサリーは高値で売れるので、いらないアクセサリーは売るのがおすすめ
  4. 「ひとりで冒険」では他のプレイヤーを1人連れていく際、フレンドでないと召喚技を使用してくれない。召喚技が必要な強いクエストでは、フレンドを連れていくといい
  5. バフアイテムは重ね掛けできる
  6. 敵のロックオンは、敵を再度タップ以外にも、カメラボタンをタップで外すことができる
  7. ダンジョンにときおり登場するイノブタは、レアアイテム落とすので優先的に狙え
  8. 「みんなで冒険」の最後で、ほかのプレイヤーに送れる「Good Job!」は1人にしか送れない。ダンジョンでの貢献度の高い人や助けてもらった人に送ってみよう

――たくさんの情報、ありがとうございます! 攻略やプレイの参考にさせていただきます。

ランダムマッチング終了後の画面。ここでは、いっしょに冒険した他プレイヤーに「Good Job!」やフレンド申請を行うことができる

2月にはレイドも開催! みんなで強敵に挑もう

――今後のアップデートやイベントについて教えてください。

松田:アップデートは、1月26日にかなり大型のものを行いました。髪型や顔などのキャラクターの見た目を修正できるほか、アイテム倉庫や装備のセット枠なども増やしました。また、マルチダンジョンのドロップ見直しや、スタミナの再調整など、よりプレイが楽しめるよう、さまざまな調整をしています。

――バレンタインイベントの予定はないですか? 薬屋の女の子からプレゼントがもらえるとか……。

松田:それはないですね。ガチャは予定していますが。

――最後にプレイヤーのみなさんへメッセージをお願いいたします。

松田:スマホゲームの中でも本格的なアクションと共闘を楽しめるフォルティシアをぜひプレイしてみてください。アクションRPGやマルチプレイの経験がない方にも、その面白さを手軽に味わっていただけるように作っていますので、臆することなく遊んでいただきたいと思います。

(c)SEGA