• 『D×2 真・女神転生リベレーション』のAR機能の開発が進行中!世界での展開も決定

『D×2 真・女神転生リベレーション』のAR機能の開発が進行中!世界での展開も決定

  • 2017年11月21日
eye

セガゲームスは、『D×2 真・女神転生リベレーション』において、AR機能を開発中であることを明らかにした。これにより、あたかも現実世界で悪魔を召喚したような雰囲気が味わえる。AR機能はリリース開始以降に実装予定で、機能の詳細は今後公開予定とのこと。また、強力な星5悪魔のイラストが公開されたほか、台湾・香港・マカオでの事前登録も開始!

現実世界で悪魔を召喚!?AR機能を開発中

[以下、リリースより]

株式会社セガゲームスは、『真・女神転生』のスマートフォン向け新タイトル、『D×2(ディーツー) 真・女神転生リベレーション(以下、『D×2』)』の最新情報を発表しました。

発表事項

  1. 悪魔を召喚できるAR(※)機能を開発中!
  2. 星5悪魔「アリス」「スサノオ」「バロン」を公開
  3. 世界展開決定!台湾・香港・マカオでの事前登録を開始

※ARとは=拡張現実(Augmented Reality)現実の風景にデジタルの情報を重ね合わせて表示する技術

現実の世界で悪魔召喚が可能に!?AR機能開発中!

本アプリ発表後、沢山お寄せ頂いたユーザーの皆様の声にこたえるべく『D×2』に、現実世界を背景に悪魔を召喚することができるAR機能を鋭意開発中です。

本機能はアプリのサービス開始以降の実装予定となります。機能の詳細は今後公開予定です。

AR機能を利用したスクリーンショット ※開発中のものです。

登場する悪魔に関する新情報を公開!「アリス」、「スサノオ」、「バロン」が登場!

11月21日(火)開催のセガゲームス新作発表会にて、『D×2』に登場するレアリティ星5の悪魔の一部である「アリス」、「スサノオ」、「バロン」の情報を公開しました。

※レアリティは最大星6まで。転生を繰り返すことで全ての悪魔を星6にすることが可能です。

アリス

スサノオ

バロン

『D×2』の世界展開が決定!台湾・香港・マカオでの事前登録が開始!

台湾・香港・マカオを皮切りに世界各国で配信を行います。

日本でのサービス開始以降、台湾・香港・マカオでの配信が決定。本日より事前登録を開始しております。

他の地域についても、今後発表予定です。

『真・女神転生』シリーズとは

第一作目を1992年に発売した、アトラスの看板RPGシリーズ。様々な天使や悪魔たちが登場し、人類へ干渉する現代劇。緊迫した状況の中で、人類の未来の選択を迫られるという独特でダークなストーリー・世界観で人気を博す。

『ペルソナ』シリーズや『デビルサマナー』シリーズなど、様々な派生タイトルも登場している。10月26日に最新作のニンテンドー3DSソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』が発売。

『D×2 真・女神転生リベレーション』とは

2017年10月に25周年を迎え、『ペルソナ』や『デビルサマナー』等の人気シリーズの原点となるRPG『真・女神転生』シリーズ初となるスマートフォン向けの完全新作。

(C) SEGA / (C) ATLUS