ディフェンスウィッチーズ2【ゲームレビュー】

102

キュートな魔法少女たちが活躍するタワーディフェンスゲームの続編『ディフェンスウィッチーズ2』が登場! 見た目に反して、激ムズのスリリングな展開が楽しめる!

歯ごたえたっぷりのタワーディフェンス! 魔法少女たちの個性が光る

記憶喪失の頑張り屋、クールなポンコツ、学園のトラブルメイカー、そして前作のボスなど、個性あふれる魔法少女たちを育成して、侵攻してくる魔物たちを撃退していく『ディフェンスウィッチーズ2』。

前作『ディフェンスウィッチーズ』も100万件以上のダウンロードを記録しており、タワーディフェンスゲームのファンには注目のタイトルだ。

マップ上のパネルにキャラクターを配置して、ルートに沿って進んでくる魔物たちを撃退するのが基本ルール。最奥にある「封印石」のHPが0になるとゲームオーバー

今作の敵は、前作のラスボス「コルネット」の姉である「冥王チェレスタ」。全盛期の力を取り戻せば、世界を7日で滅ぼせるといわれる破壊の王を相手に、かわいい魔法少女たちが奮闘する!

ショートコミックがたっぷりと収録されており、ゲームの進行度に応じて、ストーリーやルールをしっかりと理解できるのはうれしい。いったんチェックしたコミックは「マンガ劇場」でまとめてチェックできる

魔法少女たちの特性に注目!

本作の魅力は何といっても、かわいい魔法少女たちだ。

前作を遊んでいればより楽しめるのは間違いないが、今作から新たに始める人でも問題なし。

随所に、ストーリーやルールを解説するショートコミックが挿入され、初めての人でも本作の世界観にすぐになじめるだろう。

メインキャラクターの1人であるミントは、スティッシュフォード魔法学園の1年生。召喚のコストが低く、攻撃テンポが速いので、さまざまな場面で役に立ってくれる汎用的なキャラクターだ

前作の主役(?)であるデイジーも、もちろん登場。地上のボスに大ダメージを与える特性を持っているが、召喚コストは若干高め。ここぞという場面で投入したい

一般的なタワーディフェンスゲームでは、プレイ中に得られる資源(本作の場合はMP)を使って、キャラクターやユニットをマップに配置し、ルートに沿って進んでくる敵を自動で攻撃していく。

魔法少女たちにはそれぞれ属性があり、得意な相手と苦手な相手などの相性が設定されている。

また、地上攻撃、空中攻撃、感電効果、凍結効果、火炎効果、爆発効果、貫通弾、範囲攻撃、ボス2倍、スピードアップといった特殊能力があり、登場する敵の種類によって活躍できる場面が変わってくる。

面白いのは、コルネットが持つ「冥王苦手」の特殊能力。チェレスタが登場すると震えあがってしまい、敵を攻撃できなくなる。ボスには強いはずのコルネットも、ご覧のような有様に……

魔法少女たちはそれぞれ、しっかりと特性が切り分けられているので、いったん理解してしまえば「どれを使おう?」と悩んでしまうことはないハズ。

戦略ゲームとして、非常にプレイしやすいと感じた。

紫パネルと白パネルを使い分けて戦おう!

序盤のステージでは、懇切丁寧な解説が用意されている。むしろ、これまでタワーディフェンスゲームを遊んだことがない人におすすめしたいくらいに、取っつきやすい印象だ。

しかし、ステージが進むにつれて、その本質が浮かび上がってくる。

タワーディフェンスゲームならではの、奥深い戦略と瞬時の判断が求められる、歯ごたえのあるゲームに仕上がっているのだ。

本作の戦略性をより奥深くしているのは、キャラクターをセットできるパネルに、紫パネルと白パネルの2種類が存在すること。

紫パネルにセットしたキャラクターは、バトルの終了時までそこに居続けて戦ってくれる。

対して、白パネルにセットしたキャラクターは、「MNDゲージ」がなくなると帰ってしまうという制限がある。

敵はなるべく早く倒したい! MNDゲージの大きさはキャラクターごとに違っているので、滞在できる時間も考慮しながら白パネルも活用していこう

紫パネルは数が限られているので、白パネルも活用することを前提にしないと、うまく防衛することは難しい。

限られた魔力を有効に活用するためにも、どの魔法少女をどのパネルに、そしてどのタイミングでセットするかを考えていこう。

リンネル先生にお願い!白パネルを紫パネルにチェンジ

ほかとはまったく異なる役割を持つキャラクターも存在する。例えば、魔法少女たちの先生である「リンネル」。

彼女は、一切の攻撃手段を持たない特殊なキャラクターだ。しかし、注目すべきスペシャルな能力を持っている。

1回のバトルで、1カ所にしかセットできない制限も

それは、セットしたパネルの周囲にある白パネルを、紫パネルに変更できるというもの。

これを利用すれば、魔物を攻撃するのに有利や場所にあるパネルに、永続的に魔法少女を配置しておけるようになる。

ステージによっては「紫パネル自体の数が足りない!」ということもあるので、上手に活用していこう。

リンネルをセットした周囲のパネルが、すべて紫に! 最大8パネルをチェンジできるので、最大の効果を得られる場所を見つけ出そう

バトルを通じてプレイヤー経験値を獲得し、召喚師レベルがアップしていくのはお約束。レベルアップの際には、ガチャなどに使用するクリスタルが手に入る。

もちろん、魔法少女を強化していくという育成要素もある。

魔法少女には星1~星6のランクがあるのだが、ガチャで同じキャラクターがかぶったときに「魔法少女経験値」を獲得、そして「自動強化」によってランクアップしていく仕組みになっている。

ランクアップを果たすと、それぞれが持つスキルの効果が上昇し、より攻略が楽になっていく

いろいろと面倒なことを考えなくてもいいので、実に手軽な強化システムといえるだろう。

さらに、魔法少女に「武器」「使い魔」「アクセサリー」「魔導書」を装備して強化するという要素もあるのだが、今回プレイした中では手に入れることができなかった。

これらの装備は、キャラクターと共通のガチャを通じて手に入る仕組みなのだが、出現確率はわずか2.58%! この点は、無課金プレイヤーにとって少々厳しめのバランスといえるかもしれない。

交換所では、クリスタルやRIN(コイン)を消費して、魔法少女や装備と交換することができる。期間限定、かつ交換回数の制限はあるものの、こちらも有効活用してキャラクターを強化していきたい

見た目に反して硬派なゲーム! 瞬時の判断で猛攻をしのげ

バトル中は進行スピードを最大で3倍まで加速できるため、クリアまでにそれほど時間は掛からない。

とはいえ、出現する敵に合わせて配置をいじっていくことが本作の肝なので、じっくりと戦況をチェックしていくことをおすすめしたい。

白パネルに配置したキャラクターのMNDゲージがなくなるタイミングで、新たなキャラクターを瞬時にセットするなどのテクニックも必要!

出現する敵の数が決まっているということは、手に入るMPの量も決まっているということ。必然的に、どの魔法少女をどれだけ使えるかも制限される。

さらにタイムアタック的な要素もあり、考えさせられる点は非常に多い。非常に入り込みやすいゲームの作りながら、上級者もとことん楽しめるタイトルに仕上がっている(実は、無強化かつ特に考えないままプレイした状態では、序盤の2-1ステージで敗北してしまった)。

各ステージの難易度も、「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の3段階が用意されており、長期間にわたってチャレンジし続けられそうである。

各ユニットの特性をしっかりと覚えられる「特別授業」や、期間限定の「イベント」などもあるので、じっくりどっぷり楽しんでいこう。

「特別授業」では、実際のプレイを通じて各ユニットの特性をレクチャーしてくれる。またプレイしたタイミングで開催されていた「ユバーリン村の御神木」はランキング形式のイベントだ

  • 使用した端末機種:HTC 10
  • OSのバージョン:Android 7.0
  • プレイ時間:約5時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:0.6.31
  • 課金総額:0円

(C) Stargarage, Inc. All Rights Reserved.