『三国志ダイス』を先行プレイ! 運だけじゃない国盗り合戦が熱い!!【ゲームプレビュー】

49

『三国志ダイス』は、スゴロクの“運”とカードゲームの“戦略性”が巧妙に掛け合わされた、決して運まかせにはならない国盗りボードゲーム。日本好みにリデザインされた三国志の武将たちにも注目したい本作の魅力を、ひと足先にお伝えしていく。

スゴロク×カード! 運を実力でカバーできる戦略型国盗りボードゲーム

三国時代の群雄が、これでもかとばかりに多数登場する『三国志ダイス』。

スゴロクしながら盤上の建物を取引きして資産を奪い合うボードゲームをベースに、武将同士の争いや計略といった「三国志」らしい要素がふんだんに取り入れられている。

さらに150種以上の武将カードによるデッキ構築や強化要素などがたっぷりと盛り込まれ、戦略性の高い対戦を楽しめるタイトルとなっている。

本作では、止まったマス(地域)に兵力を配置して、自らの領土としていく。ただし、そのマスを守護する武将も設置するのが最大のポイント

占領後のマスでは熾烈な領土の奪い合いが起こり、最後の最後まで形勢が目まぐるしく入れ替わる、熱いボードバトルを楽しめる

本作は、そのゲーム性どおり対人戦がメインとなっていて、世界150カ国以上のプレイヤーとのリアルタイム対戦がすぐに楽しめる。

2人対戦、3人対戦、4人対戦にチーム対戦と、対戦モードの種類も豊富で、かつ友だちとわいわいプレイできる戦友対戦モードまで搭載されている。

個人的には、最も展開が予想しづらく、「兵力」の奪い合いが激しく感じる4人対戦が気に入った

ゲーム序盤は、黄巾の乱や虎牢関の戦いといった、三国志ファンならおなじみの戦いを通じて、しっかりとゲームの流れや基本ルールをつかんでいける。

この手のジャンルが初心者という方でも、すぐに慣れることができるはずだ。

最初の敵は、三国志ゲームでは見慣れた「張角」。基本的なルールから、特殊なマスや領土の防衛、攻撃などの戦略要素まで、1つひとつを着実に覚えていける

出目は自由自在!? ファンブルも多々あるダイスロール

対戦は、まずダイスを振る順番を決めるところから始まる。

ダイスの出目……ではなく、武将カードを出し合って順番決めするのが、本作ならではの決め方だ。

武将カードには、それぞれ攻撃力と守備力が設定されていて、その数値を比較して、さまざまなシチュエーションでの勝敗が決まっていく。

本作に登場する武将たちは、かわいらしくデフォルメされたデザインとなっている。なんと、このデザインは日本のために新しく描かれたもの。それぞれの名将列伝が読めるので、知らない武将の生い立ちなども学びながらプレイできる

順番決めでは、4枚の手札から1枚のカードを選んで出し合い、より攻撃力の高いカードを出したプレイヤーから行動できるルール。攻撃力が同値の場合は、より早く場にカードを出したほうが優先されるので、すばやい決断も重要だ

進むマスの数は、2つの6面ダイスを振って出た目の合計値になる。

この場合、通常の2つのダイスであれば、2と5や3と4などの組み合わせが多い「7」が最も出やすく、7から遠い数ほど出づらくなる。

しかし本作では、ロール時に表示される「ゲージ」を合わせることで、ある程度出目を操作できるようになっている。

ゲージが左寄りのときに止めれば、小さい出目。右寄りのときに止めれば、大きい出目が出やすくなっている。要するに、最大値の12を出したければ、ゲージが右に振りきったときにロールすると出やすいといった具合だ

とはいえ、ゲージを合わせれば必ずしも思いどおりに出目を操作できるわけではない。

例えば、ゲージを最小に合わせても9が出るといった、ファンブルが起きることも少なくないのがボードゲームらしい面白いところだ。

マスに武将を配備して領土を広げよう

ダイスを振り、洛陽や成都、建業などといった地名が書かれたマスに止まると、その地域に武将を置くことで占拠できる。

このとき、後々の「戦闘」を考えて、防御力の高い武将を設置しておくのがおすすめだ。

ゲームに慣れるまでは、手札推薦機能が示したカードをチョイスすると、あまりミスすることなくゲームを進めていけるはず

武将を設置すると、その地域のマスの色が、自国の色へと変化して領土になる。

こうして自分の領土を広げていき、魏、呉、蜀のいずれかのエリアを独占することが、勝利条件の1つとなっている。

ボードは、よく見ると橋で3つに区切られていて、このひとかたまりが1国となっている。当然だが、すべてのマスを自分で止まって領土にしていくだけで独占することは至難の業だ

強気に大きく勝つ? それとも堅実にいく? 勝利条件は自分次第!!

本作の勝利条件には、国の独占のほかに「要塞」の独占というものがある。

要塞とは、ボード上の4か所に散らばった未占拠時には黒いマスで、基本的には一度占拠すると、防衛に失敗しても取り返されないなどといった特殊な効果を持つマスとなっている。

山海関など、各地にあった関所が要塞になっている。この4カ所をすべて占拠すれば、要塞占拠となる

また勝利条件を1つ満たしても、あがらずにそのまま対戦を継続できるのが、本作の面白いところ。

さらに、別の国や要塞を独占することで、勝利時の報酬が豪華になっていく。

花札の「こいこい」のようなシステム。とはいえ、続行してほかのプレイヤーに先にあがられた場合は、もちろん負けとなる。安易な続行は危険だ

最後まで強気にプレイを進めていき、もし三国と要塞をすべて独占できると、「天下統一」を達成することもできる!

おそらく、対戦相手全員を「処断」まで持っていかなければ、達成不可能な超高難度クリア条件。もし達成できれば、両手でガッツポーズする気持ちもわかるはずだ

領土での戦闘! 兵力を削って相手を生け捕りにしよう

ターンが経過して中盤へと差し掛かっていくと、領土化したマスが増えていき、敵領土に止まったり自領土に敵が止まったりすることが増えていく。

他国が占拠したマスに止まると戦闘が発生し、設置された武将との攻防を繰り広げることになる。

戦闘は、防衛武将の防御力と、攻撃側が手札から選んだ武将の攻撃力を比べて、高い方が勝利となる。単純なカードステータスで決まることも多いが、「装備」が持つ効果などによって数値が突然変動することもあり、予想外な結果となることも

装備とは?

A級以上の武将カードに、褒美として贈れるアイテムとして「装備」がある。

その効果によって、特定の条件下でステータスが増加するようになり、うまく使えば、予想外の反撃まで狙える、非常に面白い要素だ。

自国の「兵力」が少ないピンチの状況でのみ発動したり、特定のマス上でのみ発動したりするものなど、効果はさまざま。装備は「錬金」でB級以上の武将を素材にすることで手に入る

戦闘の勝敗にかかわらず、敵国マスに止まってしまったプレイヤーは、「兵力ダメージ」を受けることになる。

ただ、勝利することでダメージを軽減でき、兵力がじゅうぶんにあれば、そのままそのマスを自国のものにすることもできる。

この兵力というのが、本作で非常に重要となる要素。マスを占拠するときや戦闘で増減する、資産のようなものとなっている。「国力」というのは、未配置兵力に領土ぶんの兵力を合わせた数値で、この大きさで順位が決まる

勝敗にかかわらず、戦闘後に兵力が0以下になってしまう状態で戦闘に入ると、「戦意喪失」状態となって強制敗北となる

こうして、兵力が尽きてしまうと「生捕り」にされ、最悪の場合は対戦から退場させられてしまうこともある。

絶体絶命のピンチからの大逆転も!

完全にダイス運に見放されてしまうと、どんなに多くのマスを占拠していても、生捕りになってしまうことがある。

しかし生捕りにされても、まだ挽回のチャンスは残されている。

生捕りを捕らえたプレイヤーは、その相手を「処罰」するか「解放」するか選択できるのだが、2度生捕りできたときのメリットが用意されているため、解放されることが多いのだ。

2度生捕りとして捕らえると、なんとそのプレイヤーの領土をすべて自国のものにしたうえで、対戦から退場させることができる。しかし、1度目の生捕りで処罰すると、そのプレイヤーの領土はすべて空きマスへと変わる

特殊マスとマップで広がる戦略

領土にできるマス以外に、「赤兎馬」や「計略」、「大将戦」に「祭壇」など、止まると特殊な効果を受けられるマスも多く、ボード上に散りばめられている。

これらのマスをいかにうまく利用できるかでも、大きく戦況が変わってくる。

「基本マップ」でも、かなりの数の特殊なマスが配置されている

例えば、大将戦では順番決めと同じく、最も攻撃力が高いカードを出したプレイヤーが好きな領地の兵力ダメージをアップできる。

この恩恵を受けたければ、手札に攻撃力の高いカードを1枚は残しておくのが、基本戦術となるだろう。

特殊マスとその効果

  • 兵舎:マップのスタート地点。通過すると兵力が補給でき、止まると好きな領地に増兵できる
  • 人材探索:手札の武将をランダムで他の武将と入れ替える(その対戦限定)
  • 祭壇:止まると3ターン休みになる。ぞろ目を出すか兵力を消費すれば、脱出することができる。ぞろ目で脱出すると、強力な祭壇効果を発動できる
  • 計略:さまざまな効果がある計略をランダムで発動できる。なかには不利になってしまう計略もある
  • 大将戦:武将の攻撃力を競うバトルロイヤル。勝利すると領土の1つの兵力ダメージを2倍にできる
  • 赤兎馬:次のターン、好きなマスに移動できる
  • 蛮族:はじめから占拠されている要塞のようなマス。勝利しても占拠できない
  • 計略戦:武将の防御力を争うバトルロイヤル。勝利すると、次回の計略戦まで、武将の防御力がアップ。敵領土1か所の兵力ダメージを半分にもできる
  • 七星壇:マップの左右どちらか半分に風を吹かせ、兵力ダメージを2倍にする

特殊マスの配置は、マップごとに固定されているので、うまく特徴をつかめば、かなり有利に立ち回っていくことも狙える。

現在確認できたのは、基本マップと「赤壁の戦い」という2つのマップ。今後のマップの追加にも期待したいところだ。

赤壁の戦いマップには兵舎が上下に2つあり、対戦相手と違う地点からスタートするのが特徴。マスの制圧には武将を配置しないといった、基本マップと比べるとかなり特殊なルールのマップになっている

続々と集まるカードで広がるデッキ構築!

対戦に使うデッキには、20枚の武将カードを編成することになる。

「任務」やレベルアップなど、カードの入手機会が非常に豊富に用意されているのがうれしいポイントで、プレイを進めるだけで、見る見るうちにデッキが豪華になっていく。

デッキコストもレベルが上がるたびに増えていくため、強いカードが入れられない……といった悩みにぶち当たることはなかった。「君主」の選択肢もどんどん増えていく!

君主とは?

デッキとは別に、1枚だけ編成できる特別なカード。

デッキ内の全対象カードのステータスなどをアップさせる効果をもっていて、その効果が勝敗を分けることも少なくない。

基本的には、同陣営の武将に効果を与える効果がほとんど。「中立」と書かれた君主には、全陣営の武将を対象にした使いやすい効果もある

ライトなプレイでがっつり楽しめる! 敷居の低い対人ゲーム

うまく相手が策にはめて、生捕りにできたときなどには、対人戦ならではの爽快感が味わえる本作。

一度でもすごろくをやったことがあれば、そのゲーム性はすぐに理解できるので、その爽快感をだれもが味わいやすいはずだ。

「こんなにもらっていいの?」と思えるほど、武将カードはテンポよく集まっていくので、ちょっとした合間にプレイを楽しむだけでも、しっかりとデッキを強化していきながら対戦できることだろう。

面倒になりがちなカードの強化も、強化段階が4段階と少なめで、A級の武将でも、C級武将を20枚ほど素材にするだけであっという間に最大強化できる

工夫することで、かなり運要素に左右されにくくはできるものの、やはり運次第では予想外の展開もじゅうぶんにあり得る。

そのため、やり込み度合いにかかわらず誰でも勝ちを狙いにいけるのも、特筆すべき点だろう。

リリース前とは思えないほど、かなりのクオリティーに仕上がってる本作。今後のブラッシュアップにも期待だ!

(C) VOYAGE SYNC GAMES, Inc. All rights Reserved.
(C) TechZuus Corp. All Rights Reserved.