• 【Ingressアハ体験】第53回: 残暑でもヤル気が出そうなアイテムを買ってみた! 涼しいし、どこにいても日陰!!

【Ingressアハ体験】第53回: 残暑でもヤル気が出そうなアイテムを買ってみた! 涼しいし、どこにいても日陰!!

014

先日ふと思い立って、横浜みなとみらいの2つのエリアで開催された『Pokémon GO』のイベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に行ってきました。「Pokémon GO PARK」では、雨と混雑とネットワークエラーなどに見舞われつつ、バリヤードとアンノーン(6文字コンプ)、ヨーギラスなどを捕まえました。しかし、焦げたピカチュウを求めて乱獲するものの、ついにお目当ては1匹も捕まえられず……。雨の中、トボトボと会場を後にしました。

イン活しやすいアイテムを導入すればヤル気になるかも!

みなとみらいのイベントでは、雨なのにどんどん増えてあふれる来場者で麻痺寸前の周辺を見て、ポケモンの動員力のすさまじさを感じさせられました。

「雨だからそんなに混んでないかな」「回線大丈夫かな」なんて思ったのですが、甘かった! 雨でもどんどん増えるトレーナーの数に、モチベーションのすごさを感じました。

確かに、ピカチュウは大量に発生チュウでした!

そして、バリヤードも大量発生チュウでした……

かくいう私は、最近イン活(Ingress活動)をサボり気味です。敵陣営に所属する友だちには「いいのよ♪」なんていわれますが(笑)。

いや、本当ならもっと活動したいなとは思ってはいるのです……。でも。やる気を出すにはどうしたらいいでしょう?

そんなときは、やる気もでる面白いアイテムを導入するに限りますね。

というわけで、最近はずっと雨ばかりですが(余計に外へ出ない)、これから残暑が戻ってくるかもしれません。

そんな中でも快適にイン活するために、何かいいものが欲しい。あれこれネットを探したところ、2つのアイテムを購入するに至りました。

イン活に必要な条件は、スマホが見やすいように&日焼けしにくいように日差しをさえぎれること、移動しながらでも涼しいこと、スマホを持ちやすいように手が空くことの3つ。

もともと不審者などといわれることも少なくないので、さりげなさも大切な要素かもしれません。

そして選んだのが、「skygenius ポータブルアロマテラピーミニファン F-140」(以下、ポータブルファン)と「手ぶらんブレラ」の2品です。

使ってみたら、ハンズフリー歓迎なAGには大正解でした!

首にかければ手ぶらで涼しいポータブルファン

丸い形も気に入ったポータブルファン

「ポータブルファン」は、首から提げる、下から首めがけて送風してくれるポータブル扇風機です。

サイズは11.5cm×11.6cm×4.1cmで、重さ250g。風量は無段階調整。

バッテリーは専用の2,200mAhの充電池(18650 電池)が入っており、1〜3時間の充電で3〜6時間使えるといいます。

ネックストラップのほかにmicroUSBケーブルとフレグランスフィルターが付いており、アロマも楽しめる仕様となっております。

パッケージの中身。ネックストラップのほかに、microUSBケーブルとフレグランスフィルターが付いています

アイテムをセットした状態。自宅でもアロマ発生装置として使えそう。電池の状態はLEDの色でわかります

充電池はあらかじめセットされています

こちらのダイヤルで風量を調整します。結構いい風が発生します

自分で試す前は「こんなもの、おもちゃ同然じゃ……」と思っていましたが、侮れませんでした!

何より手ぶらというのがいい。うちわや扇子は片手がふさがってしまいますし、こちらは動力も自力。しかしポータブルファンなら首から提げておくだけ。

あご下を中心に、首めがけて重点的に送風されるので、結構涼しいのです。

もちろん手で持って送風したい箇所に当ててもOK。軽いので首への負担もほとんどありません。

カンカン照りの日に便利なのはもちろんですが、曇りでもジメジメしていて無風のときも活躍します。

あ〜〜涼しい……! 風のない、蒸し暑い日にも活躍することが証明されました!

そう、みなとみらいのピカチュウイベントのときも、念のために持っていったら活躍しました。

たまに雨が上がった状態になるんですが、湿気がすごい。でも幸か不幸か風がない……。首から提げて稼働させたら、とてもヘヴンリーでした。

どこにいても手ぶらで日陰が作れる「手ぶらんブレラ」

不思議な形の「手ぶらんブレラ」

「手ぶらんブレラ」は、ハンドル部分がフレキシブルアームになっていて、好きなところに巻いて固定できる傘です。

傘のサイズは折りたたみ傘と同等の50cmで、晴雨兼用。紫外線も99%カットしてくれるといいます。

シャフトは鉄、受け骨はアルミ製、先骨はグラスファイバー製です。アーム部分は特許商品「肩ブレラ」というそうで、破損しても交換可能です。

これを肩にぐるりと巻いて固定するとあら不思議。手ぶらなのに傘が差せている!

1人で自分の肩にしっかり固定させるにはちょっと慣れが必要ですが、角度をうまく調整できれば、どんな場所でもいつでも日陰が手に入ります。

このように肩に巻いて固定します。クッションが付いているとはいえ、太めのアームを脇の下に挟むので、長時間使っているとちょっと肩が凝ることもあります。シャフトとハンドルを最後にバンドで固定できたら、もっと安定しそうな気もします

気になるところもあります。まず傘そのものが大きくないので、ボディサイズによっては、体の一部や荷物がはみ出してしまう部分もあります。

特に雨は要注意。あくまでも非常用と考えたほうがよさそうです。

またフレキシブルアームなぶん、通常の折りたたみ傘のようにはコンパクトにはなりません。

鞄からはみ出してしまうところがネックですが、アームを丸めれば腕やかばんに掛けやすいというメリットはあります。

あと気になるとすれば、風の強い日には使えないことでしょうか。

もっとも、肩に固定しなくても風の強い日に傘をさしながらスマホを操作するのは大変なのですが。風が強くなってきたなと思ったら、早めに利用を中止したいところです。

風のある日は、普通に手で持って使いましょう

2つがそろうと夏は快適!

頭上からの日差しには手ぶらの傘、熱気には手ぶらのポータブルファン。

この2つを組み合わせると、AGが欲しい日陰と涼しさが同時に手に入ることはいうまでもありません。

地元の女性AGにモデルになってもらいました。右手にハンドバッグ、左手にスマホ。意外と自然です。でも日傘も差せています。これは夏の定番アイテムになるか!?(※iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影したため、写真では傘のシャフトが消えてしまいました)

「うふふ、結構涼しいね。なんかおもしろいね」とコメントをもらいました

首の後ろをひんやり冷やすアイテムなどもあると最強かなと思ったのですが、あまり装着しすぎても、首まわりが疲れてしまうかもしれませんね(苦笑)

まずはベーシックな装備ということで、この2つをオススメしたい次第です。

NL-PRIMEに乗ったあの日、この傘とポータブルファンがあったら、どれだけイン活が楽だったことでしょうか。もっと早く探すんだった!

それにしても8月は雨続きで困りますね。原稿執筆時の向こう1週間の天気予報を確認したところ、最後の週くらいは晴れ予報が出ているようです。

くれぐれも熱中症に気をつけつつ、イン活を楽しみましょう。私もこれを機に、アイテムを見せびらかしに外に出ようと思います。

(C) Niantic, Inc.