マッスルショット【攻略】: 「ウォーズタワー」フロア25攻略ガイド

eye

ウォーズタワーの追加フロアも、25でようやくラスト。このフロアは、敵がすべて水属性で属性効果アップありと、フロア20の水属性版のような内容になっている。味方は木属性で固めておこう。

  1. リーダー:非常で惨き悪行超人 ハンゾウ
  2. メンバー1:正義超人の創始者 シルバーマン
  3. メンバー2:隕石へ自在に変貌 メテオマン
  4. フレンド:千恩万謝から湧き出るパワー キン肉マンソルジャー
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Round5
  10. Round6
  11. Round7
  12. Final Round
  13. おすすめ超人:勇猛果敢な攻撃ファイト キン肉マンソルジャー

新オペ素材「キン肉族の魂」を入手しよう!

フロア25をクリアすると、報酬として「キン肉族の魂」が手に入る。

これは新オペアイテムである「友情の炎」の素材で、友情の炎をリーダーに装備しておくと、火事場が発生した時の成功率がアップする。

高難易度イベントに挑むときはぜひ付けておきたいが、いかんせん現在は1個しか手に入らない貴重なアイテム。

リーダーでよく使う超人につけておくのがいいだろう。

恐ろしい数のギミックが出現!

本バトルでは、全種類のダメージロープに加えて、異次元ホールや毒クモの巣など、実に多彩なギミックが設置される。

ただし、L字のロープはなく、設置ギミックも数はそれほど多くないのが救い。

電流ロープの耐性を中心に、貫通タイプで固めておけば事故も少ない。

敵は全員水属性で出現し、かつ属性効果アップの対象フロアなので、味方は木属性で固めておくといいだろう。

ちなみに、シーンとしては『II世』の「究極の超人タッグ編」を再現している。II世超人のタッグ技が、たくさん見られるバトルでもある(何回も受けていると危険だが……)。

新ギミックのドクロについて

フロア25には、リングのコーナーポストに新ギミックのドクロが配置されている。

これは、書かれた数字分のターンが経過すると、何かしらのギミックを設置するというもの。破壊不可能なので、事実上、ギミックの設置を止めることができない。

とはいえ、本フロアでは危険度の高いギミックは設置されないので、アドリブでの対応でじゅうぶんだろう。

木属性の貫通タイプで固める

敵が全員水属性、ロープは電流が中心……となると、やはりシルバーマンの出番。

有利属性かつ被ダメージも減らせるので、1体いるだけで安心して進んでいける。

加えて、火力的に非常に心強いのが2周年記念の袴ソルジャー。左右に壮絶ダメージを与え、かつ敵のパワーダウンまでできる、優秀な超人である。

敵の取りこぼしがないように、しっかりと友情アタックを発動していけば、安全に進んでいける。

リーダー:非常で惨き悪行超人 ハンゾウ

絆覚醒したハンゾウは、正義アイドルキラー+炎ロープ耐性とかなり汎用性が高い。本バトルでも、キラー対象がたくさん出現するため、活躍できる

メンバー1:正義超人の創始者 シルバーマン

水属性キラーを持っているため、このバトルでは敵が全員シルバーマンのキラー対象。友情アタックを発動しているだけで、バタバタと敵をなぎ倒してくれる

メンバー2:隕石へ自在に変貌 メテオマン

木メテオマンは火力が低いのだが、3つのアビリティがこのバトルではジャストフィットしていて、非常に動きやすい。主に友情アタックの発動役として使っていく

フレンド:千恩万謝から湧き出るパワー キン肉マンソルジャー

袴ソルジャーも、シルバーマンと同じような使い方になる。友情アタックは左右だけを攻撃するので、敵と軸を合わせるように配置していこう

Round1

出現ギミック

  • 炎ロープ(上下→なし→上下→なし→……)
  • ダメージ電流ロープ(右→右→なし→なし→……)
  • 有刺鉄線(なし→上下→なし→上下→……)
  • 火山(中央)
  • 方向床
  • ゼリーボディ
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス「エヴォリューションマウスピース ライトニング」1体
  • 「無慈悲の権化 サンダー」1体
  • 「それなりのポストを懇願 ステップマン」4体

最初は、炎ロープ&ダメージ電流ロープからスタート。方向床での事故を考えると、初手は炎ロープにしておきたい。

上にいるサンダーの必殺技が痛いので、6ターン以内に撃破したいところ。ソルジャーとシルバーマンの友情アタックで、敵を一気に殲滅していこう。

次のラウンドに移る前に、なるべく味方を上のゼリーボディにまとめておきたい。

Round2

出現ギミック

  • 炎ロープ(なし→左→なし→左→……)
  • 有刺鉄線(左→なし→左→なし→……)
  • ダメージ氷ロープ(下→下→なし→なし→……)
  • ランダム異次元ホール
  • ゼリーボディ
  • 方向床
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス「ジ・アドレナリンズ ロビンマスク」1体
  • 「ジ・アドレナリンズ テリー・ザ・キッド」1体
  • 「死を呼ぶ冥府の皇帝 死皇帝」2体
  • 「残虐モンゴル相撲の達人 ザ・ガオン」2体

敵の数は少なめだが、すぐに必殺技を打ってくるため、素早く倒す必要がある。

ダメージ氷ロープとランダム異次元ホールのせいで動きにくいので、上のゼリーボディに味方を貼りつけて友情アタックを発動していこう。

前のラウンドで上に集めておきたかったのは、このためである。

少々窮屈だが、方向床を踏まないように注意しつつ、ゼリーボディに集まっていこう。

上にいる敵は、シルバーマンとソルジャーの友情アタックに巻き込まれてひどいことになる。残りの敵はシルバーマンにおまかせだ

Round3

出現ギミック

  • 有刺鉄線(なし→なし→上→なし→なし→なし→上……)
  • 電流ロープ(なし→なし→なし→上→なし→なし→なし→……)
  • 氷ロープ(上→上→なし→なし→なし→なし→なし→……)
  • 毒ロープ(下で固定)
  • 毒ロウ(2ターン目に設置)
  • ゼリーボディ
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス「ザ・テガタナーズ ジェロニモ」1体
  • 「ザ・テガタナーズ ブロッケンJr.」1体
  • 「魔道に魅せられし北の帝王 セイウチン」4体
  • 「迷いを捨てたマスクコレクター ネプチューンマン」1体

テガタナーズとヘル・イクスパンションズが出現。しかし、テガタナーズはHPが低いので、一瞬で倒せてしまう。

ここは危険度が低いので、必殺技をためつつ順番調整もしておこう。次は電流ロープスタートにしたいので、ハンゾウのターンで終えるようにする。

5ターン経過で、ネプチューンマンが巨大なセイウチンを召喚してくるが、このセイウチンは攻撃まで3ターンあるので余裕がある。そのまま友情アタックで撃破していこう。

Round4

出現ギミック

  • 炎ロープ(なし→上→なし→下→……)
  • 有刺鉄線(左→なし→右→なし→……)
  • ダメージ電流ロープ(下→左→上→右→……)
  • 毒クモの巣(4ターン目に設置)
  • 火山(左下)
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス「ヘルズ・ベアーズ マンモスマン」1体
  • 「ヘルズ・ベアーズ ウォーズマン」4体
  • ネプチューンマン 1体

マンモスマンの周りに、ウォーズマンがたくさん登場。

ウォーズマンは次々に必殺技を使ってくるので、必殺技待機状態のウォーズマンから優先して倒していこう。

注意点としては、なるべくマンモスマンを倒すのをあとにすること。ウォーズマンは、タッグ技よりも単体の必殺技のほうが高威力なので、危険度が一気に上がる。

マンモスマンが健在ならひたすらタッグ技を使ってくれるので、なるべくマンモスマンを生かしておくこと。

ネプチューンマンは毒クモの巣を設置してくるが、毒のダメージは5,000ほど。あまり怖くはないので、毒クモの巣を踏んででも味方の友情アタック発動を優先していこう。

シルバーマンなら、タッグ技を受けても7,000程度のダメージで済む。マンモスマンは放置しておいたほうが安全だ

Round5

出現ギミック

  • 炎ロープ(左右→なし→左右→なし→……)
  • 有刺鉄線(なし→上下→なし→上下→……)
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス「2000万パワーズ 激闘 モンゴルマン」1体
  • 「21世紀の王位継承者 キン肉万太郎」1体
  • 「アヴェニール一族の末裔 カオス」1体
  • 「偉大なる格闘王 プリンス・カメハメ」2体

いきなり、必殺技待機状態のモンゴルマンが待ち受けている。こちらは激闘モンゴルマンなので、恐怖のモンゴルボンバーを使ってくる。

初ターンに全員の友情アタックフル稼働で、できる限りザコを倒そう。配置的に厳しいなら、迷わず必殺技を使っていく。

ザコを2~3体倒せれば、ダメージはかなり低く抑えられる。うまくシルバーマンとソルジャーの友情アタックを当てていきたい。

次はソルジャーから開始したいので、メテオマンの攻撃でここを突破する。

ザコ敵2体残しで、これくらいのダメージ。全員残してしまうと悲惨なので、危険と感じたら早々に必殺技を使おう

Round6

出現ギミック

  • 炎ロープ(左→なし→……)
  • 有刺鉄線(なし→上→……)
  • 毒ロープ(右→下→……)
  • 落雷
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス 万太郎 1体
  • カオス 1体
  • 「ザ・坊ちゃんズ再び ケビンマスク」1体

敵は3体のみなのだが、万太郎とカオスがすぐにタッグ技、ケビンは万太郎を追加で召喚してくる。本バトルの最難関だ。

撃破順としては、最優先でカオス。万太郎を倒しても、ケビンがもう1体万太郎を召喚してくるため、結局タッグ技を受けることになってしまう。

もし、今回の編成のように袴ソルジャーを連れてきているなら、ケビンに対して必殺技を使ってみよう。

ケビンを1発で倒しつつ、万太郎とカオスもスタンさせられ、安全に突破できる。

必殺技後は、このような位置関係に。このあとはソルジャーの友情アタックで一掃できる

ソルジャーがいない場合は、シルバーマンで必殺技を使おう。地割れがうまく万太郎にもヒットすれば、受けるダメージを軽減できる。

Round7

出現ギミック

  • ダメージ異次元ホール(2ターン目に設置)
  • 火山(左上→右下→左上→……)
  • レゴブロック

出現超人

  • 中ボス ロビン 1体
  • キッド 1体
  • 「異質なる”悪” ライトニング」1体
  • 「異質なる”悪” サンダー」1体

ギミックはシンプルだが、隅にいるライトニングとサンダーが次々とタッグ超人を召喚してくる。

すぐにタッグ技を打ってくるので、放っておくのは危険。友情アタックで蹴散らしていこう。

味方に接触しやすいよう、なるべく近くにまとまっておくといい。うまくソルジャーの友情アタックに巻き込めれば、一瞬で倒せる。

ライトニングとサンダーは、召喚が終わるとタッグ技の準備に入る。異様に硬いが、発動までにどちらか1体は倒しておこう。

なお、タッグ技のあと2ターン経過すると、全面ダメージ電流ロープに変化する。それまでに突破したい。

Final Round

出現ギミック

  • 氷ロープ(下→なし→下→なし→なし→なし→……)
  • 毒ロープ(なし→なし→上→なし→なし→なし→……)
  • 異次元ホール
  • ランダム異次元ホール
  • 落雷(左上→右下→……)
  • レゴブロック

出現超人

  • ボス「最後まで諦めない心 キン肉マン」1体
  • 「真・友情パワーの提唱者 キン肉マンソルジャー」1体
  • 「超人血盟軍・副将 ブロッケンJr.」1体
  • 「超人血盟軍・中堅 バッファローマン」1体
  • 「超人血盟軍・次鋒 アシュラマン」1体
  • 「忍術マスター ザ・ニンジャ」1体

ついに、ウォーズタワー最終フロアのファイナルラウンドに突入。絆覚醒キン肉マンと、超人血盟軍が待ち構えている(ニンジャだけなぜか六騎士バージョン)。

はじめはキン肉マンの周りに異次元ホールが設置されるので、上にいるザコ処理から入っていこう。

今回はメテオマンスタートだったので、異次元ホールも気にせず全員の友情アタックを発動。

シルバーマンとソルジャーの友情アタックが火を吹き、合計30万オーバーのダメージに。

これで血盟軍はほぼ壊滅状態となり、次のターンで何もさせずに処理完了。恐ろしい破壊力である。

ザコ処理が終わったところで、異次元ホールの隙間からボスに必殺技を当てていく。

属性効果アップの影響もあり、弱点でなくともシルバーマンの必殺技が27万近いダメージに……。

HPが残り1本になり、キン肉マンが炎とともにII世バージョンに。

テリーマンを召喚してくる……のだが、スタンしているので特に何もなし。

あとはメテオマン、ソルジャーと通常攻撃でフィニッシュ。ボス戦はギミックが少なかったので、最も楽なラウンドであった。

「ウォーズタワー」フロア25制覇完了!

ラウンド2、4、6と、偶数ラウンドの危険が大きい。特にラウンド6は、敵を倒す順番を覚えておかないと厳しいだろう。袴ソルジャーはフレンドでキープしておきたい。

今回は、ギミック対応で木メテオマンを使ったが、炎ロープ、毒ロープで事故の危険性があり、友情アタックと必殺技も弱いのがネック。安定性が高い超人を紹介しておこう。

おすすめ超人:勇猛果敢な攻撃ファイト キン肉マンソルジャー

絆ソルジャーは反射タイプではあるが、肉のカーテンがあり炎ロープ回復もできるので、かなり無茶ができる。アドリブでの突破もしやすいだろう。

また、必殺技が範囲スタンなので、ラウンド6をはじめ、4や5でも効果を発揮する。弱点がなく、汎用性が非常に高い超人だ。

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA