• [8/8版]ポケモンGO【攻略】: 伝説のポケモン「サンダー」ゲットに挑戦!今までにない動きに要注意

[8/8版]ポケモンGO【攻略】: 伝説のポケモン「サンダー」ゲットに挑戦!今までにない動きに要注意

30

『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)で、伝説の3鳥ラストとなる「サンダー」が本日8月8日より登場!でんきポケモンの中でもトップクラスの強さを誇るサンダーを捕まえて、ジムバトルで活躍させよう!!

サンダー降臨!でんきポケモン最強のアタッカー

「フリーザー」と「ファイヤー」に続き、本日8月8日から、でんげきポケモンの「サンダー」が全国各地のジムのボスポケモンとして出現。

サンダーの出現期間

8月8日(火)~8月14日(月)

原作でも、伝説の3鳥の中で飛び抜けて優秀だったサンダーは、『ポケモンGO』の世界でも高火力&高耐久の非常に強力なポケモンとなっている。

いかにも、でんきタイプらしいトゲトゲしいビジュアルが印象的なポケモンだ

今回も、まずはJR山手線に乗り込んで、沿線でサンダーが出現しているジムを探していく。

タイプは「でんき」&「ひこう」

サンダーは、その見た目どおり、でんきタイプとひこうタイプをあわせ持つポケモン。

この組み合わせは非常に優秀で、「いわ」タイプか「こおり」タイプのわざでしか、弱点をつくことはできない。

今回は、サンダー戦に向けて、いわタイプわざを覚えた「ゴローニャ」を用意。攻撃力が高く、いわ&じめんタイプのため、サンダーのでんきわざを半減できるのもポイントだ

軽減されるタイプも多いので、少なくとも等倍以上でダメージを与えられるポケモンをそろえておきたい。

弱点となるわざのタイプ

  • いわ
  • こおり

軽減されるわざのタイプ

  • くさ
  • かくとう
  • ひこう
  • むし
  • はがね

3匹のサンダーを捕捉!7人でチャレンジ

調査開始から数分後、恵比寿駅に近づいたところで、3匹のサンダーの影をキャッチ!

急いで降りて、現地へと向かうことに。

残り時間は1時間を切っていたが、駅から最も近いサンダーの元へ。すぐ奥のジムには、2匹目となるサンダーが待ち受けていた

着いた瞬間、ジムの周りに見えたのは7人ほどのトレーナー。さらに、近くの室内では、10人を超えるトレーナーがレイドバトルに明け暮れていた

ゲーム内でのおすすめ挑戦人数は、参加上限となる20人。

しかし、フリーザーやファイヤーと同程度の強さであれば、6~7人のトレーナーがいればクリアできるはず。

じゅうぶん参加者が集まりそうなことを確認して、さっそく1回目のファイヤー戦へと挑んでいく。

時間短縮!人数が少ない場合は”逃げる”ことも大事

今どんなグループが作成されてレイドバトルしているかは、実際にレイドパスを使って参加しない限り、確認することはできない。

明らかに周りの人数に比べて参加人数が少ない場合は、思い切って逃げてからグループに参加し直すと、トレーナーが集まり始めることも多い。

3鳥で最難関!手持ちがそろいにくいため苦戦しやすい!?

グループに集まったのは、7人のトレーナー。若干クリアできるか不安な人数ではあるが、レベルを見るかぎり、かなりの実力者ぞろいだった。

ほとんどのトレーナーが39レベル以上という、なんだか参加するのが申し訳なくなる状況に。有効なポケモンが少なかったため、ゴローニャが倒れたら即降参して再挑戦するスタイルで戦っていくことにする

レベルから予想されたとおり、周りのトレーナーが繰り出すのは、相性ばつぐんのポケモンたちぞろい!瞬く間にサンダーのHPが削られていく

威力を半減できるゴローニャでも、サンダーの「かみなり」は耐えられないほど強力で、苦戦を強いられた。

何度か降参&再挑戦して、残り85秒のところでクリア!

ほかの3鳥と比べると、有効なポケモンをそろえづらいからか、思った以上に時間のかかるバトルとなった。

動きが違うがスキは同じ!モーション後を狙いうち

バトルではあまり活躍できず、8個のプレミアボールを手にゲットチャレンジへ。

上下飛行するフリーザーやファイヤーとは違い、左右にも高速移動する「ヤンヤンマ」や「レディバ」などと同じような動きをするのが、サンダーならではの特徴だ。

普段の野生のポケモンたちとは比べものにならないほど、頻繁にすばしっこく動くので、高速移動中にボールを投げるのは、むだになりやすく危険だ

何度か高速移動した後に、画面の中央に戻ってくる習性があるので、その瞬間を狙ってボールを投げるのがおすすめ。

このとき、攻撃モーションにも入りやすいため、さらにモーション後に絞ってボールを投げるようにすると、ボールを一切むだにすることなくチャレンジしていけるはずだ。

モーション後だと、ターゲットリングを見極めることがグッと難しくなるのが悩みどころ。とはいえ、「Nice!」や「Great!」なら狙わずとも連発できた

1回目のチャレンジでサンダーゲット!気になる性能は?

フリーザー、ファイヤーとも2回ゲットチャレンジに挑戦するも、捕まえられなかった筆者だったが、サンダーは4個目のボールで難なく捕まえられた!

驚きのあまり撮り逃したが、1度目の振動後にすぐに捕まえられるという、滅多に見ない演出でゲットできた。ゲットできたのはグレートスロー。しっかりターゲットリングを狙って当てることもゲットの秘訣になるかもしれない

ゲットしたサンダーをキャンデラさんに見せてみると、「全体的にとても強い。自慢できるわね!」と、まあまあな評価。

続いて、「HPが際立っているわ。」「あと、ぼうぎょにも驚いているの。」と続き、新たに強い個体を探し求めることを決心する。

ジムの防衛ポケモンとしては設置できない伝説のポケモンたちは、レイドバトルやジムバトルで攻めるときに、いかに活躍できるかが問われる。そのため、攻撃力の高さが重要となってくるはずだ

覚えるわざは、すべてでんきタイプなので、育て上げれば対みずポケモンを中心に大活躍してくれるはずだ。

サンダーが覚えるわざ

  • 通常わざ:チャージビーム
  • ゲージわざ:でんじほう、10まんボルト、かみなり

原作ではイマイチな性能のでんじほうだが、命中率の関係がない本作では非常に強力なわざ。こだわりたい場合は「わざマシン スペシャル」で狙ってみよう

テレビCMで登場がほのめかされている、対「ホウオウ」戦でも間違いなく活躍できる一匹。全ポケモンでも屈指の攻撃力で繰り出されるでんきわざは、ホウオウでもひとたまりもないはずだ

伝説のポケモンたちの使い道

  • レイドバトル
  • ジムバトル(攻撃側のみ)

CPの非常に高い伝説のポケモンたちだが、育成は困難を極める。ほかのポケモンのように相棒にしたところで非効率なので、「ふしぎなアメ」を惜しみなく使って育てていこう

2回目のチャレンジも……。気長に挑戦し続けよう!

1回目のサンダーよりもいい個体を求めて、先ほど見えていたもう1つのジムへ。

先ほどのジムには及ばないものの、こちらにもたくさんのトレーナーが集まっていた

9人のトレーナーで協力でき、スムーズにゲットチャレンジまでたどり着くも、さっきのようにうまくいくようなことはなかった。

持ち込めたボールの数が同じで、同じようにボールもむだなく当てられていたが、ゲットはできなかった……

伝説のポケモンのゲットには運も大きく関わってくるので、もし逃げられても気にせず再チャレンジして、期間内のゲットを目指してほしい。

また、伝説の3鳥の出現はこれで最後となるが、「ルギア」は現在も入手可能で、「ホウオウ」の出現も予想される。

夏休みイベントが盛りだくさんの『ポケモンGO』。明日8月9日から、横浜で開催予定の「Pokémon GO PARK」も見逃せない!

「Pokémon GO PARK」では、海外限定ポケモンの「バリヤード」が出現することが公式発表されている。日本でゲットできる、二度とないチャンスだ!!

(C) 2016 Niantic, Inc.
(C) 2016 Pokemon.
(C) 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.