• 【Ingressアハ体験】第48回: ソラトニワ原宿のインターネットラジオ「Ingress Supernova Station」に出たよ!

【Ingressアハ体験】第48回: ソラトニワ原宿のインターネットラジオ「Ingress Supernova Station」に出たよ!

001

5月は仕事でまったくGWの休みがなく、「Magnus Builder」でメダルを取りに行ったりなんだかんだでBO(Burn out)! 長かったようで、気がついたら5月末になっていました。そして5月31日の21:00には、個人的に5月最後のIngressイベントが待っていたのでした。

勢いでラジオ出演を承諾!

私にとっての5月最後のIngressイベントとは、ソラトニワ原宿で毎週水曜日に放送されている、シンガーソングライターの山本紗江さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「Ingress Supernova Station」への出演でした。

恥ずかしながら「Ingress Supernova Station」に出演しました(写真提供:山本紗江さん)

ソラトニワ原宿の入口には、こんな看板がありました

その日のプログラムが書かれています

紗江さんは、アノマリーのイベント会場でギター片手に歌っている姿を見た方も多いと思いますが、skywalkar の名で活躍するIngressエージェントでもあります。

また公式ニコ生番組のメインMCを担当されていることでも知られています。

sora×niwa(ソラトニワ)”とは、「家を飛び出して、街を、そして人生をもっと楽しもう!」をコンセプトにsora×niwaの世界を演出し、そこで生まれる価値を向上することを体現するプロジェクトだそうです。

商業施設や店舗と融合することでさまざまなコンテンツやサービスが提供されるようですが、オープンスタジオからの生放送が特徴のインターネットラジオ局「ソラトニワ原宿」もその1つ。

奥の部屋がスタジオになっていて、隣にはカフェが。外からもカフェ内からも眺められる仕組みになっていました

紗江さんの「Ingress Supernova Station」は、2015年10月から2016年1月までソラトニワ梅田・銀座で放送していたそうですが、2017年4月12日からソラトニワ原宿にお引っ越ししたのですね。

ちなみに紗江さんがIngressをテーマに番組を始めたきっかけは、もともとソラトニワさんで番組を、というお話があったとき、すでにIngressにハマっていたので番組にすることを思いついたんだそうです。

「家を飛び出して、街を、そして人生をもっと楽しもう!というソラトニワのコンセプトと、Ingressがぴったり一致していたことも理由のひとつです」と教えてくれました。

番組を作るうえで気をつけていることとして「片方の陣営に偏りすぎず、どちらのゲストがいらしても、スタジオの中では中立地帯ということを意識しています。Ingressの楽しさを再発見してもらえるような番組にできたらと思っています」とも語ってくれました。

今は、音楽活動のために紗江さんご自身も東京へ引っ越してきたそうなので、どこかでレゾを見かけることがあるかもしれませんね!

そんなわけで、『Ingress』のラジオが始まったことは聞いていましたが、自分が出るとはまったく想像しておらず。

それがある日、同じ業界で仕事をしているフリーランス仲間であり、「Ingressを一生遊ぶ」(宝島社刊)の著者でもある岡安学氏より「すずまりさん、Ingressのラジオが始まったそうなんですけど、一緒に出ません?」と誘われたのでした。

「え、私? なんで? Ingressのこと細かくはよく知らないんですけどw」

など思いつつ、「本の著者が同席するなら、何を聞かれても振ればオッケーだな」と思って、OKを。

細かくは知らないというのは実は本当で。何をどうしたらどうなるとか、緻密なことはまず考えません。

日頃から「X8をバーンと打てばレゾがバーンと壊れる!」とか、「今いるところから飛ばせるだけリンク飛ばす!」くらいのざっくりとしたプレイ(雑なプレイ?)なので、私が出撃すると「やべー!(適当に埋められてしまう!)」と地元の仲間から思われるくらいなのであります。

原宿のおしゃれなオープンスタジオで放送

当日は1時間前から現地入りして、山本紗江さんとご対面! 髪の毛がサラサラで、なんて華奢でかわいらしい女性でしょう!

さらに、よく見るとIngressのロゴが耳から揺れてるじゃありませんか。昨年東京で開催されたAegis Nova Tokyoの頒布会で入手したものだそうです。いいですね!

紗江さんから番組について説明を受ける面々

岡安氏から本(Ingressを一生遊ぶ)について説明される紗江さん

「へえええええ! データがすごい詳しく載ってる!」と驚いていました

ふと見たら、紗江さんの耳に『Ingress』のロゴが揺れていました。Ingress愛ですね

控え室を兼ねるカフェ(営業は終了)で放送中の注意事項を聞いて、ざっくりと進行を確認し、いざスタジオの中へ。

ガラス張りのオープンスタジオなので、開始前からガラスの向こうに友達AGさんたちがたくさん集まってきてくれるのがわかりました。

なじみのある顔に混じって、とても久しぶりにお会いした方も! 「たまたま近くまでくる用事があったから」と、わざわざご夫婦でお越しいただいたのでした。

原宿でこのポータルのオーナーがskywalkarになっていたら、番組がある合図かも

岡安学氏(左)と一緒にがんばるぞのポーズ

生歌をリハーサル中の紗江さん

放送開始数分前。進行をチェックする紗江さん

生放送が基本だけに、残念ながら番組のアーカイブがないのですが、2人の簡単なプロフィールと、『Ingress』を始めたきっかけを皮切りに、初の公式本「Ingressを一生遊ぶ」を書くまでのエピソードや、知っておくといい情報などを紹介しました。

実は本番中。歌の合間に記念撮影

ガラスの向こうに目をやると、集まってくれた友だちの影が

紗江さんが生歌を披露しているところです

放送中、前回の記事(第47回)で教えていただいたエクササイズ「森本体操」にも挑戦しました!

若いお嬢さんにとって不適切な映像だったのでモザイクを入れております

「Ingressを一生遊ぶ」ではアイテムやグリフなど、一部の情報は少し古くなってはいますが、『Ingress』そのものに関する説明は生きています。

実はワタシもコラムを書いているので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

「Ingressを一生遊ぶ」を手にする紗江さん

あとは番組に寄せられた質問に答えつつ進行。ガラス窓の外からも質問を送っていただきありがたいかぎりでした!

答えられなかったTwitterからの質問の1つに、「すずまりさん、イングレス婚活進んでますか?って聞きたい人が外にいるみたいです」というのがありましたが、ここでお答えしましょう。

「進んでません! ていうか忘れてました!」

いや〜これテーマにしたいですね。「Ingressのおかげで結婚できた!」という方は、ぜひ情報をお寄せいただきたいです!!

ということで、まずは成功事例のリサーチをしてですね……(汗)。

どんどんリクエストしてみよう!

初のラジオ出演で少々緊張しましたが、なかなかできない経験をさせてもらいました。

地元の友だちが遊びに来てくれたりして、ラジオに出演しながらリアルな交流もあるというユニークなひとときを過ごせました。

何より、山本紗江さんにお会いできてよかったです。

集まってくれたAGの皆さんと記念撮影(写真提供:山本紗江さん)

しゃべる時間の配分って難しそうですよね。私なら、とりとめもないこと延々と話してしまいそう。

私も隔週連載で毎回アタフタしてますが、毎週1時間しゃべるってネタ集めもけっこう大変かと思います。

番組を作る上で苦労していることを伺ったところ、

「しゃべりの訓練を受けていなかったので、毎回もっとゲストさんの話をたくさん引き出せればと反省することが多いです。番組終了後にスタッフの方に意見を言っていただいたり、ラジオ番組を聴いたりして勉強しています。ブッキングや調整は地味に時間が掛かっているのでそこも大変といえば大変です」(紗江さん)

ということで、「こんな人をゲストに呼んで!」とか、「あの人やまたあの人の話が聞いてみたい」とか、そういうリクエストは大歓迎のはずなので、どしどし送ってしまいましょう。

これからも「Ingress Supernova Station」をチェックしてみてくださいね!

(C) Niantic, Inc.