Dangen Entertainmentが「A 5th Of BitSummit」に出展する4タイトルを発表!

  • 2017年05月20日
2017-05-15_16h21_54

Dangen Entertainmentは、「A 5th Of BitSummit」に出展するゲーム、『CrossCode』、『Iconoclasts』、『Brave Earth: Prologue』、『Momodora V』(仮)の4タイトルを公開した。

アクションやアドベンチャーなど4タイトルを出展!

[以下、リリースより]

はじめまして!

Dangen Entertainment の John Davis と申します。

弊社は日本のインディーズ系コンテンツのパブリッシャーです。

私個人としては、Q-Games および the Indie MEGABOOTHにて、またBitsummitの創設者として日本のインディーズ系コンテンツに携わってきた経歴があります。

来週のBitsummitにて、Dangen Entertainmentとして以下の4タイトルを発表致します。

Crosscode

『CrossCode』は、はるか遠い未来を舞台に繰り広げられる、レトロ系2DアクションRPGです。自然な物理演算処理、ハイテンポな戦闘、キャラクター育成、謎解き要素などが盛り込まれた奥深いSFストーリーを、スーパーファミコンライクな16ビットグラフィックスでお楽しみいただけます。

記憶と言葉を失った主人公のレアを操り、仮想世界「クロスワールド」にログインし、他のプレイヤーとの交流を通して、記憶を取り戻す冒険に旅立ちます。

記憶がよみがえるにつれて、クロスワールドに潜むミステリーが解き明かされ、レアがこのゲーム空間に取り残された謎が明らかになっていきます。

Iconoclast

『Iconoclasts』(イコノクラスツ)は圧倒的なスケールとビジュアルの一大アクションアドベンチャーゲーム。

キレッキレのプレイ感、精巧なパズル、そして巨大ボスとの激戦の数々!

はねっかえりメカニックのロビン率いるヘンテコな仲間たちとともに、崩れつつある世界で真実と意義を追い求める旅が始まります。

危険と謎の渦巻く美麗な各地を探検し、ロビンたちとともに「ワン・コンサーン」、そして自分たち自身の暗き真実を突き止めましょう。旧世界のがれきの中から新たな世界を生み出せるその日まで。

ソロインディー開発者 Joakim Sandberg(ヨアキム・サンドバーグ)が丸7年を費やしたこの力作で目を見張るアクション、破天荒な立ちまわり、そして心の奥底へと飛び込んでくる感情のジェットコースターをご体験あれ!

Brave Earth: Prologue

『Brave Earth: Prologue』(ブレイブ・アース・プロローグ)はファミコンのドット絵風の骨太ジャンプアクションゲームです。悪魔城ドラキュラ、忍者龍剣伝などの名作にインスパイアされ、シビアなプレイとハイペースな激闘アクションの両立を見どころとしています。

手作りの美しいステージで待ち受ける精巧な仕掛けはフラストを通り越してプレイヤーを熱中させることでしょう。プレイスタイルの異なる3人の主人公が活躍するストーリーにご期待ください!

Momodora V

『Momodora V』(仮)は巫女のモモが自分の国を祓い清めるため、聖なる樹を癒やしに行くアクションアドベンチャーゲームです。

(C) 2017 DANGEN Entertainment, All rights reserved.