ベーコンエスケープ【ゲームレビュー】

eye

ギミックのON/OFFを切り替えながら、子豚を逃がしていくトロッコ系アクション『ベーコンエスケープ』。プレイヤーは、ジェットコースターのように動き回るカートを瞬時の判断で適切に導いていく。異なる2種類のスピード感が味わえる作品だ。

捕まればベーコン!? 子豚の逃走劇をサポートせよ!

主人公は、なぜか収容所に捕まっている子豚の「ベーコン」。

彼は「本当にベーコンにされるのは嫌だ」とばかりに、牢屋から命がけで逃げ出す。

囚豚(?)番号006が逃げ出した! 彼を捕まえるため、悪の結社「ツェッペリン」の追手が掛かる

豪快に壁を突き破った先には、ジェットコースターのようなコースが広がる。そこに待ち受けるのは多彩なギミックだ。

ベーコンの乗った車両は自動で動くので、プレイヤーはギミックに当たらないように誘導しながら、ゴールまでの道のりをサポートしていく。

20以上あるステージを1つ1つクリアしていく。ステージの最後まで無事到達できると次に進めるようになる

ベーコンが障害物に当たったり、コース外に落ちて「クラッシュ」したりするとステージの始めからやり直しになってしまう。アクションゲームとしてはかなり骨太な内容となっている。

リンゴを消費することで、クラッシュしてもその場で復活できるようになる。ステージごとに数個落ちているので、くまなく探してみよう

プレイヤーはギミックを切り替えて誘導する

プレイヤーが操作するのは、ベーコンではなくギミック。

画面内をタップや長押し操作することで、ギミックの起動、分岐などを切り替えられる。

これによってベーコンが障害物や穴を回避できるように誘導していく。

青色のギミックは1回タップするたびに切り替わるタイプ。画面内のどこでもいいのでタップすると、トゲ床がひっくり返る

赤色のギミックは画面を長押しするタイプ。画像の動く床なら、長押し中は奥へ移動し、離すと手前へ戻る

タップによる操作は画面内のギミックすべてを切り替えられるようになっている。

つまり、複数ギミックがあった場合は、すべてが連動して動いてしまう。

スピードに乗った中で、これらを瞬時に切り替えていくのは難しいが、面白いところでもある。

ステージ内はギミックだらけ!

悪の結社の差し金か、ステージ内にはさまざまな種類のギミックが待ち受けている。

主なギミック

  • トゲ:いわゆるトゲ床。ひっくり返して通れるようにする
  • ジャンプ台:ベーコンが乗った状態でタップすると大きく跳ね上がる
  • 動く足場:青、赤両方ある。赤は長押し中のみ動く。
  • 火炎放射:上や下から火が吹き付ける。長押し中は射出されない
  • 毒ガス:火炎放射と似ているのだが、こちらは操作をしないことで射出されないようになる
  • ハンマー:ハンマーが180°の範囲で行き来する。ぶつかっても、つぶされてもクラッシュする
  • ノコギリ:回転ノコギリが突き出る床。長押し中のみ通れる
  • バリケード:ナナメのラインの入った障害物。目立たないのが厄介
  • 土管:水道管のような見た目。複数に分岐し、タップすることで行き先が変わる

基本的にベーコンは、ギミックにかすっただけでもすぐクラッシュしてしまう。

進行方向の奥を見るようにして、次くるギミックへいち早く反応できるようにしておこう。

ハンマーは画像の軌道を行ったり来たりする。真ん中に差しかかるくらいでギミックを動かして下をくぐるのだが、タイミングが難しい

バリケードはぶつかっても平気な障害物との見分けがつきにくい。ナナメのラインを目印にしよう

コインを集めて仲間や乗り物をゲット!

ステージ内に落ちているコインを使って、宝箱を開けることができる。

宝箱からはベーコンの仲間である動物たちや、新たな乗り物を入手することが可能。

その数は計60種類ほどと非常に豊富だ。やり込み要素として極めてみよう。

動物はネコ、トリ、ヒツジ、ユニコーンなど、バラエティーに富んだ面々。スキンとして見た目を変更することができるが、性能などは特に変わらない

SLやスケボーなど、乗り物も多彩。こちらも見た目は変わるが、操作性などは変わらない

何度もクラッシュしながら乗り越えていく

本作はベーコンの素早い動きに合わせて反射的に切り替えるギミックを判断しつつ、指も反応させなければならない。

プレイヤーの頭と身体にスピードが問われるところが難しい。

加えて、クラッシュするとステージの最初からやり直しになるところもきつい仕様。

中間ポイントのような救済措置がないので、「またここからか……」と思わされることが何度もあった。

筆者の阿鼻叫喚の軌跡。クリアに20分以上かかるようなステージもあったほどだ

ただ、死にながらも次くるギミックの位置を把握できるようになるので、徐々に奥まで進めるようになる。

いろいろとつらい分、クリアできたときの充実感、達成感もひとしおだ。

ファミコン時代のような懐かしい感覚を味わえる作品。歯ごたえのあるアクションゲームをお求めの方におすすめだ。

  • 使用した端末機種:iPhone 6s Plus
  • OSのバージョン:iOS 9.3.2
  • プレイ時間:約2時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0
  • 課金総額:0円

(C) Marcus Dawson