『フィッシュアイランド2』をCBTで先行プレイ! リズムを刻む釣りファイト【ゲームプレビュー】

1

新作釣りアクションRPG『フィッシュアイランド2』のクローズドβテストが、Android限定で開催中。テンポよくタップして獲物にダメージを与えていく釣りファイトが、非常に面白いタイトルだ。その目玉となる「釣り」にフォーカスして、本作の魅力をお伝えしていこう。

音ゲーのような釣りがムズ楽しい! リズムフィッシングRPG

『フィッシュアイランド2』は海に潜む魚や精霊を次々に釣っていく、リズム系のアクションRPGだ。

メインとなる釣りは、動き回る獲物にポイントが合ったときにタップしてHPを減らしていくという、まるで音ゲーとRPGのバトルを掛け合わせたようなものとなっている

冒険の舞台となるのは、精霊と人がともに暮らす美しい世界「フィッシュアイランド」。

主人公は、神獣の王ティアマトを撃退したシーファイターが得られる称号「シーマスター」を目指し、9つの神秘の海をつなぐワールドラインを釣りをしながら旅していく。

世界一のシーファイターと呼ばれる「ゼシフォルト」は、シーマスターになるべく、ひと足先にワールドラインへと旅立つ。それを追うように、主人公の冒険が始まる

まずは、主人公の性別や顔、目の色などを自由に選択していこう。

作成したキャラクターは、命が宿ったかのように元気いっぱいに動き始める。ここでは設定できない髪型や服装は、後々装備を入れ替えることで変更できる

魚の動きを見極めてコンボをつなげ!

本作の醍醐味は、何といっても「釣り」だ。

「釣り」ボタンを押して海へと釣り竿を投げると、すぐに魚たちが掛かる。

円形の帯が中央のリングに重なったときに、タイミングよくもう一度釣りボタンをタップすると、フッキング(※)して獲物がヒットする。

※フッキングとは、獲物がかかったときに釣り竿を持ち上げる動作のこと

帯の動きをよく見て、タイミングを計ろう

タイミングが絶妙だと、フッキングで魚のHPを削ることもできる

魚がヒットすると、「ファイト」モードへと移行する。

このモードで、自分のHPか制限時間がなくなる前に、ヒットした獲物のHPを0にできれば釣り上げられる。

獲物の大きさやレア度によって、HPの量などが変わっていく。もちろん、こちらのHPも、装備を変更するなどして増やしていける

獲物のHPは、水面に浮かぶポイントに魚影の線上にある「ターゲット」が合ったときに釣りボタンを押すことで減らしていくことになる。

ポイントには、回復するものや制限時間を延ばすもの、長押しが必要なものなど、さまざまな種類がある

基本的には、時計回りか逆時計回りに動くターゲットに合わせてタップするだけなので、非常に簡単だ。

しかし大物になると、もがいて急に方向転換したり、押そうと思っていたポイントが直前で消えてしまったりと、よく獲物やポイントを見ないとHPが削られていくギミックが随所に散りばめられている。

そのため、予想以上に難しい。

HPが減ってくると、急にスピードアップする獲物も。ミスするとハートが1減り、ミスせずポイントに合わせていくとコンボが増えて徐々にダメージ量がアップする。常に気を抜けないハラハラな釣りファイト!

サインを見逃すな!

最初はランダムに行われていると思われた方向転換だが、プレイを進めていくと、とある合図があることに気づく。

その合図とは、獲物から出る「!!」マーク。この吹き出しが消えてから少し経つと、方向が変わるようだ。

合図の出るのはほんのわずかな瞬間。見逃さないように画面に注目しよう

消えてしまうポイントには、よく見ると円周にゲージがあることがわかった。慣れると、隠されたいろいろな要素が少しずつ見えてくる

精霊の力でらくらくフィッシング!

釣り場はステージ制となっており、そのステージのターゲットとなっている「精霊」を釣り上げればクリア。次のステージへと進んでいける。

ステージごとに、おおよそ5種類ほどの魚や精霊が潜んでいる

ヒットするまでの流れやファイトの仕方は魚と変わらないが、精霊がヒットしたときは引きが全然違う。

精霊がヒットした瞬間、船ごと引っ張られていく。そのファイトは魚以上に激しいものとなる

釣り上げてみると、魚とは似ても似つかないフォルムの精霊が釣れることも。

水中では生きていけなさそうな、かわいらしい天使のような精霊も釣ることができた

ゲットした精霊は、チームに編成すれば釣りを手助けしてくれる。

チームには最大4体の精霊を編成できる。編成した精霊は、ファイト中にオートで獲物を攻撃して、HPを減らしてくれる

精霊がいれば、巨大な獲物もサクッと釣り上げられるはずだ。

召喚で精霊をゲット!

精霊は釣り上げるほかにも、ゲーム内通貨のアクアマリンを使って召喚することもできる。

序盤では手に入らない強力な精霊も手に入れられるので、たまったら召喚に挑戦してみよう。

召喚では、星3~6の精霊がゲットできる。星が多い精霊の性能は段違いだ

装備にこだわってオシャレで強く!

ファイトでポイントでタップしていると、宝箱が飛び出すことがある。

たとえ宝箱が飛び出しても、獲物との格闘は釣り上げるまで続く。まずはファイトに集中だ

ファイト後に宝箱を開けると、釣り具やコスチュームが入っていることがある。

これらを装備していくことで、見た目だけではなく獲物への攻撃力などが上昇していく。

コスチュームを変えることで、キャラクターの印象はガラリと変わる。大物に出会う確率なども装備の変更や強化によって増やしていける

キャラクターのステータスは、このように多岐にわたる。やり込み甲斐がありそうだ

迫りくるミニオンを打ち落とせ! 神獣戦

各海の最終ステージには、神獣と呼ばれる巨大生物が待ち受ける。

神獣とのファイトは、魚や精霊とはひと味違ったテイストに仕上がっている。

ほかのファイトと同じく、ポイントに合わせてボタンを押してHPを減らしていくバトルシステムながら、釣り竿ではなく、装弾数に限りがある大砲を使用する超高速リズムファイトだ

その違いが最も顕著に出るのが、「Fury(激怒)ゲージ」がたまったときである。

HPバーの下に伸びたのがFuryゲージ。たまると神獣が赤くなっていく

攻撃するとたまるこの赤いゲージが満タンになると、ファイトの様相がガラリと変化。

ミニオンと呼ばれる小さな子分たちが、画面にぶつからんばかりに船に襲い掛かってくる。

このとき撃てる弾は無限。次々に向かってくるミニオンをタップして、着弾前に倒してしまおう。ミニオンが近づいてくるドキドキ感がたまらない! 個人的には本作でいちばん面白い瞬間だった

神獣はファイトだけでなく、釣り上げたときの大きさもハンパじゃない。見事神獣を釣り上げると、次の海へと向かうことができる。

最初の海「マリンブルー」の神獣ムンムは、なんと1,256cm!? 現実では到底釣れそうもない12mの巨大イカをゲットできた。これで大きさを評価するランクがCというのが恐ろしい

いい意味で釣りゲームらしくない作品

釣りゲームというと、ひたすら各所に住む魚を次々に釣って、サイズの大きな大物を探したりさまざまな種類の魚を集めたりするイメージだった。

しかし、本作は重厚なストーリーを用意されており、メインの釣りをRPGのバトルらしい仕上がりにすることで、釣りだけはないさまざまな要素を楽しみつくせる作品となっていた。

あまりに釣りが面白くて触れられなかったが、プレイヤー4人でリアルタイムで協力してファイトする「レイドバトル」や釣りに必要なスタミナなどを入手できる「シェルハント」など、メイン以外にも豊富なコンテンツにあふれている。

特に何か操作するわけではないのだが、疾走感あふれるシェルハントは非常に爽快感がある。釣りで自然にたまっていく「プラン石」を使って装備やコインが入手できるのがうれしかった

捕まえた好きな魚を大きな水槽に入れて、ただ鑑賞するモードも完備。何か作業しながら起動していれば、それだけで癒されてしまうようなリアリティーがあった

まだCBTのはずなのだが、リリースされているゲームと遜色ない仕上がりとなっている本作。

釣り好きはもちろんのこと、音ゲー好きやRPG好きにも楽しめる作品になっている。

迫りくるミニオンのドキドキ感をぜひ、自分の身をもって体感してみてほしい。

先着1,000名限定! CBT開催期間

2016年11月22日(火)12:00~11月28日(月)12:00

(C) NHN hangame Corp. & NHN PixelCube Corp. All Rights Reserved.