『Samurai Blade』はかわいいねこが戦国時代にタイムスリップするパズルRPG【TGS2016】

Eyecatch

TGSのインディーゲームコーナーのミロゲームズのブースで見つけたのはかわいいねこが戦国時代にタイムスリップするパズルゲーム『Samurai Blade』。2016年冬リリース予定という本作をプレイさせてもらえたので、そのプレイインプレッションをお届けする。

2頭身のねこたちが戦国時代を大冒険

台湾のモバイルゲーム開発会社ミロゲームズが出展していた『Samurai Blade』。2頭身のかわいいねこのイラストが目を引くタイトルだ。

ブースにかけられていたボードのイラスト。猫のイラストはポップでありながら、タイトルや背景は水墨画のような雰囲気

本作は、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまった猫のしろべえが、ともにタイムスリップしてしまった仲間を助けるために戦国の世界を冒険するパズルRPGのようだ。

ブースの人によると、ストーリーはまだ翻訳途中とのことだが、丁寧に作りこまれており、翻訳された日本語も国産タイトルと見まごうレベルだ

しろべえがタイムスリップした時代は、ちょうど今川義元が尾張に侵攻していた時代。

ブースの人が「シナリオに注目してください」という通り、日本の戦国史や城についてもしっかり調べたうえで作りこまれているのを感じさせる。

マップはステージクリア型ではなく、マップを自由に動きまわることができ、敵とは確率によってエンカウントするシステムになっている

コマンド選択式RPGの要素もあるパズルバトル

パズルは、左右斜めに隣接したブロックを指でなぞってつなげていくことで消していくルールで、しろべえはブロックに書かれた内容に応じたアクションで戦う。

敵とエンカウントしたらパズルでのバトルがスタート

腕力や知力、素早さなどブロックに書かれた能力に応じて攻撃する

ただやみくもにブロックを消せばいいというわけではなく、敵に攻撃されそうになったら防御をするなどコマンド選択式RPGのような戦略も重要になりそうだ。

技と書かれたブロックは、後述する奥義に必要な技ゲージをためられる。焼き魚はねこだけに回復するようだ。防御は次のターンに敵から受けるダメージを半減させてくれる。そのほか、上下左右1列のブロックを消す刀マークなど、多彩なブロックがある模様

技のブロックを一定数消して、技ゲージがたまると、強力な奥義を放つことができる。

技ゲージがたまっていると、スキルを発動するか選択できるようになる。スキルを使うとかっこいい奥義の演出が始まる

奥義は、しろべえが装備している刀によって内容が違うらしく、バトルには最大で3本まで刀を持っていき、切り替えて戦えるようになるという。

刀は鍛冶場で購入でき、レベルアップしていける

今回のプレイアブルでは、岡崎城までたどり着くことができた。プレイしてみた感想として、しっかりと作りこまれた完成度の高いパズルRPGのように感じた。

ブースの方によれば、台湾では2016年冬にリリース予定で、現在、日本で配信してくれるパブリッシャーを探している最中とのことだ。

早く続きを遊んでみたいので、一刻も早くパブリッシャーが決まってほしいばかり。

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) 2002-2016 CESA / Nikkei Business Publications, Inc.
(C) Millo Games Inc. All Rights Reserved.