VAQSOが「東京ゲームショウ2017」に出展!コラボVRコンテンツの試遊コーナーを展開

  • 2017年09月11日
Presentation_VAQSO.027

VAQSOは、「東京ゲームショウ2017」への出展を発表した。ブースでは、スクウェア・エニックスや、クリーク・アンド・リバーなど、9社とコラボして、匂いの出るVR「VAQSO VR」対応コンテンツの試遊コーナーを設置するほか、Oculus VRのパルマー・ラッキー氏が登壇するイベントステージも実施!

『乖離性ミリオンアーサー VR』など9つのVRコンテンツを出展!

[以下、リリースより]

匂いVRデバイスを開発するVAQSO Inc.(本社:米San Francisco、開発拠点:東京都千代田区/CEO:川口健太郎 以下、VAQSO)は、2017年9月21日(木)から9月24日(日)に千葉・幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2017」に初出展いたします。

VAQSOブースでは、スクウェア・エニックスをはじめとする国内外9社とコラボレーションした、9つのVAQSO VR対応コンテンツがプレイできる試遊コーナーを設置します。

イベントステージでは、Oculus VR社の創業者 パルマー・ラッキー氏をはじめとする、VR業界のスペシャルゲストを世界中から招集して、全力で「東京ゲームショウ2017」を盛り上げてまいります。

VAQSO VRについて

VAQSO VRは、VR体験に匂いを加えるデバイスです。(2018年発売予定)

VRコンテンツのシーンやアクションに連動して、匂いを感じることができます。

VRコンテンツに匂いが加わることで、さらにリアリティのあるVR体験が可能になります。VAQSO VRは、おかしのスニッカーズと同サイズでとても薄く、とても小さいデバイスです。

様々なヘッドマウントディスプレーに、取付けられます。開発者は、無料のAPIをVRコンテンツにプログラムすることで、簡単にVAQSO VRに対応したVRコンテンツを開発できます。

匂いに強弱をつけること、匂いを消すこと、匂いを一瞬で切り替えることなど、いろいろな形で匂いをコントロールできます。

スペック

※開発をすすめる中で、スペックは変わる場合があります

  • サイズ:横120x高さ15x幅35(mm)
  • 重さ:50g
  • バッテリー:2時間(microUSB給電可能)
  • 匂い搭載数:カートリッジ式:5種類(製品版)※プロトタイプは3種類
  • 匂いの持続:1ヶ月
  • 匂いの種類:現在はデモゲームにあわせた香りのみ、今後ラインナップ拡張予定

VAQSO 東京ゲームショウ2017 出展情報

  • 出展社名:VAQSO<米国>
  • 展示コーナー:VRコーナー/ARコーナー[9-W01]
  • 出展タイトル:VAQSO VR対応コンテンツ(9種)
  • 会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
  • 会期:ビジネスデイ2017年9月21日(木)・22日(金)10:00-17:00
    ※ビジネスデイは、ゲームビジネスに関わる方及びプレス関係者のみご入場いただけます
  • 一般公開:2017年9月23日(土)・24日(日)10:00~17:00

スクウェア・エニックスなど国内外9社とコラボ。VAQSO VR対応コンテンツ試遊コーナーを9つ設置

東京ゲームショウに向けて、スクウェア・エニックスをはじめとする国内外9社とコラボした、VAQSO VR対応コンテンツ試遊コーナーを9つ設置いたします。

展示する9つのコンテンツの内、8つのコンテンツが「東京ゲームショウ2017」に向けて開発されたものになり、初公開のコラボコンテンツになります。

各コンテンツ詳細及び会社紹介は、下記「VAQSO Inc.東京ゲームショウ2017出展に関する関係企業一覧」をご参照ください。

9つのコラボコンテンツ タイトル

  1. 【初】『乖離性ミリオンアーサー VR』(スクウェア・エニックス)
  2. 『WONDERFUL WORLD VR Private Tour(TM)』(AOI Pro.)
  3. 【初】『VRサクラ』(イリュージョン)
  4. 【初】『カウンターファイト』(TRICOL x XVI)
  5. 【初】『サイレントVR』(Mixed Realms)シンガポール
  6. 【初】『ドリーム・ペットVR』(Subdream Studios)サンフランシスコ
  7. 【初】『ちゃぶ台返し』(クリーク・アンド・リバー社)
  8. 【初】『VRider DIRECT』(アルファコード)
  9. 【初】『透明少女』(シータ、技術協力_ハロー)

あのOculus VR社 創業者(パルマーラッキー)の他、豪華VR業界の著名人が登壇

VAQSO ブース内のイベントステージでは、Oculus VR社 創業者Palmer Luckey(パルマー・ラッキー)がロサンゼルスから来日、そのほか豪華VR業界の著名人が登壇します。

イベントステージの主なコンテンツは

  1. VR業界著名人によるトークショー(トークセッションに変更の可能性あり)
  2. コラボ企業9社によるコンテンツ紹介
  3. VAQSO VRの製品説明になります。

イベントステージの詳細なスケジュールは、「VAQSO TGS特設サイト」に掲載予定です。

VR業界著名人によるトークショー

  • 1日目:13:30~14:00 GOROman(XVI Inc. CEO)
  • 2日目:13:30~14:00 Palmer Luckey(Oculus VR 創業者) x 川口健太郎(VAQSO CEO)
  • 3日目:なし
  • 4日目:13:30~14:00 鳴海拓志 教授(東京大学)

登壇者紹介

Palmer Luckey(Oculus VR 創業者)2日目13:30-14:00登壇

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身

VRデバイス『Oculus Rift』の開発者で、その販売、開発を手がけるベンチャー企業・Oculus VRの創業者

GOROman(株式会社エクシヴィ代表取締役社長) 1日目13:30-14:00登壇

株式会社エクシヴィ代表取締役社長。2012年Oculus Rift DK1に出会い、自らVRコンテンツの開発を行いVR普及活動をはじめる。

2013年桜花一門氏と共にVRコミュニティOcuFesを立ち上げ。翌2014年にはOculus Japan Teamを立ち上げ、Oculus VR社の親会社であるFacebook Japan株式会社に所属。

国内パートナー向けに技術サポート、数多くの講演を行う。現在はエクシヴィにてVRコンテンツ開発を行っている。

個人でも「GOROman」として、VRコンテンツの開発、VRの普及活動を広く行っている。

鳴海拓志 教授(東京大学)4日目13:30-14:00登壇

東京大学大学院情報理工学系研究科講師.博士(工学).匂いと味の相互作用を利用して食味を変化させるメタクッキーを開発するなど、嗅覚・味覚を含む五感の相互作用を活用したクロスモーダルインタフェースの開発と、そのバーチャルリアリティへの活用に取り組む。

日本バーチャルリアリティ学会論文賞、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞など、受賞多数。

川口健太郎(VAQSO Inc. CEO)2日目13:30-14:00登壇

VAQSO Inc. CEO匂いが出るVRデバイス『VAQSO VR』を発明。

日本大学大学院:MBA最年少講師(26歳)、SONY VAIO販売員:全国1位(4回)

AppleWatch ハッカソン:初代優勝、イトーヨーカ堂 試食販売員:全国2位

MC 真鍋摩緒

リポーター、MC、料理家、ビアソムリエ恋のから騒ぎ出演をきっかけにタレントとしてバラエティ、舞台にてデビューするも、キャラクターと進行力を評価され、スポーツリポーター、旅・食リポート、イベントMCなどの仕事が急増。

2007年よりJリーグ中継にて清水エスパルス担当リポーターを5年間務めた事でインタビューや生放送への対応力を向上させる。

現在は料理家としても活躍をしながら、年間を通じて様々なイベントや番組のMCを務める。

Palmer Luckeyと川口健太郎のトークショーで、聞きたい質問を募集

2日目のPalmerLuckeyと川口健太郎のトークショーにて、2人に聞いてみたい質問をtwitterで募集します。

@vaqso_vrと#VAQSOTGSをいれて、質問をツイートしてください。

  • 募集期間:9月11日(月)から9月22日(金)12:00まで(共に日本時間)
  • 応募方法:@vaqso_vrと#VAQSOTGSをいれて、質問内容をツイート

※トークショーの時間に限りがあるため、いくつかの質問に2人が答える形式となります

コラボ企業9社によるコンテンツ紹介

コラボ企業が15分ずつイベントステージに登壇して、コンテンツ紹介・説明を行います。

コラボ企業各社の登壇時間など、イベントステージの詳細なスケジュールは、「VAQSO TGS特設サイト」に掲載予定です。

  • 株式会社スクウェア・エニックス:『乖離性ミリオンアーサー VR』
  • 株式会社AOI Pro.:『WONDERFUL WORLD VR Private Tour(TM)』
  • Mixed Realms(シンガポール):『サイレントVR』
  • イリュージョン:『VRサクラ』
  • 株式会社トリコル:『カウンターファイト』
  • Subdream Studios(サンフランシスコ):『ドリーム・ペットVR』
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社:『ちゃぶ台返し』
  • 株式会社アルファコード:『VRider DIRECT』
  • 株式会社シータ:『透明少女』

東京ゲームショウ2017出展に関する関係企業一覧

スクウェア・エニックスなど国内外9社とコラボ。VAQSO VR対応コンテンツ試遊コーナーを9つ設置。

東京ゲームショウに向けて、スクウェア・エニックスをはじめとする国内外9社とコラボした、VAQSO VR対応コンテンツ試遊コーナーを9つ設置いたします。展示する9つのコンテンツの内、8つのコンテンツが『東京ゲームショウ2017』に向けて開発されたものになり、初公開のコラボコンテンツになります。

『乖離性ミリオンアーサーVR』(スクウェア・エニックス)

VR専用に制作された高精細なミリオンアーサーの世界観に入り込み、人気キャラクターとのふれあいを楽しむことができます。

匂いによりキャラクターの存在感をより感じることができる技術デモです。

※TGS2017向けに制作された技術デモです。製品版には匂い機能はございません。

企業紹介(株式会社スクウェア・エニックス)

株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーです。

当社グループの自社IPの代表作には『ドラゴンクエスト』シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数7,100万本以上)、『ファイナルファンタジー』シリーズ(同1億3,500万本以上)、『トゥームレイダー』シリーズ(同6,000万本以上)、『スペースインベーダー』シリーズなどがあります。

『WONDERFUL WORLD VR Private Tour(TM)』(AOI Pro.)

生体反応センシングを組み込んだ、五感体験型VRコンテンツ。

世界・日本各地の心動かされる風景の中を案内役の人物にリードされて歩く数分間の体験コンテンツ。

映像、歩行装置、ハンドデバイス、風、ミスト、そして、匂いが一体となり、より高い没入感を提供します。一方、バイタルセンシングを行うことで、視線や感情の可視化も実現しています。

今回の展示コンテンツは、関東地方のとある場所を案内役の女性とふたりで歩くもの。「ドキドキする」「実際に行ってみたい」という感情を刺激します。

企業紹介(株式会社AOI Pro.)

1963年の設立以来、テレビCM制作を中心とした映像プロダクションとして国内で業界トップクラスの地位を確立。

年間平均600本を超えるCM制作に加え、近年は映画やドラマの制作も積極的に行っています。

AOI TYO Holdingsの100%子会社として、グループ内に企画、演出、プロデュース、3DCG制作、最新機材を備えた撮影スタジオやポストプロダクションなど、映像制作に関わるリソースを完備しています。

『VRサクラ』(イリュージョン)

「夕陽さくら」があなたを部屋でお待ちしております。

さくらちゃんが口にしているチョコレートおかしに顔を近づけてみてください。

甘い香りを体験することが出来ます。

ぜひブースにお越しの際は、ご体験ください。

企業紹介(イリュージョン)

ILLUSIONは、パソコン向けに3D美少女ゲームを開発しています。

2017年にVR専用ソフト『VRカノジョ』を発売。今後も、VRに注目していきたいと考えております。

今回のブースではVRカノジョに登場する女の子「夕陽さくら」がVR機器の操作説明をするVRチュートリアル的なものをご用意しております。

タイトルは『VR初体験 ~夕陽さくら編~』です。

ぜひ体験しにお越しください。

『カウンターファイト』(TRICOL x XVI)

カウンターファイトは、手軽に楽しくラーメン屋の体験ができるVRゲームです。

次々と現れる個性的なお客さんに、チャーシュー麺やメンマラーメン、餃子やビールなどを提供
します。麺はしっかり湯切りをして具材をトッピング。

餃子はフライパンでしっかり焼いて、ビールは冷蔵庫で冷やします。営業中にも関わらず泥棒がやってきます。調理器具や皿などをぶつけて撃退してください。

また、(株)XVIが新開発した『サードアイ』システムにより、コンテンツをあまり改造せずに、VR内での体験者の様子がわかる仕組みを試験導入しています。

企業紹介(株式会社トリコル)

初めてのVR体験が高品質なものであるほど、他のVRコンテンツも体験してみたいと感じます。

当社は、それこそがVR発展における肝であると考えています。

現在黎明期であるVR市場において、ユーザーが初めてVRに触れる機会を最重要に考え、世界中の人のVR体験の入り口になりたいと考えています。

短い時間で楽しめる高品質なVRコンテンツをグローバルに提供することでその機会を創出し、VRの発展に貢献していきます。

企業紹介(XVI Inc.)

2010年創業。パソコンやインターネットが生活の中に溶け込んだように、VR技術も生活を豊かなものに変え、無くてはならない存在になると確信し、日本にコンシューマーVRをいち早く広めてきました。

「すべての人々を、ストレスフリーに」を企業理念とし、産業や生活に浸透するVR/AR 技術のソリューションを提供します。

代表作:『初音ミク VR Special LIVE -ALIVE-』ロートデジアイ、『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞ONLINE 三日月宗近Ver.』など。

『サイレントVR』(Mixed Realms)シンガポール

『サイレントVR』は、世界最大の人気を誇るアクションVRゲームの1つであり、サイバー忍者の体験ができる唯一のゲームです。

着陸して致命的な一撃を与えるその前に、敵を銃撃しながらダブル・ジャンプ、ウォール・ラン、パワー・スライド、スロー・タイムダウンを実行します。

刀、銃器、弓、剣投げや伝説の遺物の装備を身につけて下さい。

『サイレントVR』は発売以来、独自の移動システムが人気で世界中からファンを集めています。

これは、映画『マトリックス』の象徴的な特殊エフェクト「バレットタイム」のシーンや、 『マックス・ペイン』のゲームシリーズにあるスローモーション手法の混合、映画『キル・ビル』のザ・ブライドのようにも見えたり味わうことのできる、凄い体験を可能にした他に類をみないVRゲームです。

Nodeのような人気ゲーマーたちからも「お気に入りのVRゲーム」と呼ばれ、Nathie、Cix Liv、JoshDub、TimDotTVなどからも大変に好評を得ています。

『サイレントVR』の使い方は簡単ですが、マスターするには時間がかかるように設計されています。『サイレントVR』をやればやるほど、ゲームの中で上手く動けるようになり、大型予算映画に出演するアクション・ヒーローになったような未曾有の感覚が味わえます。

企業紹介(Mixed Realms Pte Ltd,)シンガポール

Mixed Realmsは、革新的かつ高品質で、深い魅力を湛えたコンテンツの制作・宣伝を通じて世界中の人々に大型のエンターテインメントを提供し、驚嘆すべきVRとARの世界を伝道する技術メディア系企業です。

弊社初のゲーム『サイレントVR』は、VRの分野で大ヒットとなりました。

もはや世界的にもアクションVRゲームのトップに数えられる『サイレントVR』は、自由な戦闘移動システムを備え、未来派のサイバー忍者になる体験をプレイヤーに提供する、他に類のないものです。

『サイレントVR』のような最高品質のコンテンツを開発するMixed Realmsは、ゲーム空間だけでなく、VRやAAR既存の問題解決に止まらない観念を与える新たな分野へのルートマップも携えています。

『ドリーム・ペットVR』(Subdream Studios)サンフランシスコ

『ドリーム・ペットVR』は、Subdream Studiosが開発し発表した、VRペットと遊ぶことのできるVRゲームです。

このゲームは、2017年9月にHTC Vive用の「Steam早期アクセス」でリリースされる予定です。その発売前に、TGSで体験してみてください!

早期アクセス版では、3種類の犬種をユーザーがカスタマイズしたり、手なづけたり、一緒に遊ぶことができます。

VAQSOとの提携でTGS期間のみ特別に、バーチャル環境と犬の香りを最先端の匂い技術を通じて体験できます。

企業紹介(Subdream Studios, Inc.)

Subdream Studiosは、HTCのViveX アクセラレーターをはじめとする主要業界のプレーヤーたちからサポートを受ける、VRゲームスタジオです。

同社はVRゲームの未来を担うものとして、マルチプレイヤーやソーシャル・エクスペリエンスに注力しています。

『Mega Overload VR』や『Kingdom Watcher』など幾つもの人気タイトルを発売しており、『Hell Dimension VR』と『Dream Pet VR』を近々リリース予定です。

『ちゃぶ台返し』(クリーク・アンド・リバー社)

激烈おとっつあんのちゃぶ台返しを避け、無事夕飯にありつけ!

操作は視線移動とタップ操作のみとなります。

なお、弊社では月に1本ペースでオリジナルのライトゲームを開発しております。

今回の【ちゃぶ台返し】はその中で開発を行ったゲームの一つです

企業紹介(株式会社クリーク・アンド・リバー社)

クリーク・アンド・リバー社は、1990年に設立されたクリエイター・エージェンシーのパイオニア。クリエイター・エージェンシーとして、約80,000名のクリエイターと約1,000社に及ぶパートナー・プロダクションからなるクリエイティブネットワークを駆使し、クライアントのあらゆるニーズに対応していくことをビジネスモデルの基幹としています。

プロフェッショナルの様々な能力と制作力を無限に組み合わせることにより、日本の、そして世界のクリエイティブ・ニーズに応えます。

クリエイティブを企画・開発し、提供することで、真に豊かな社会の実現を目指します。

『VRider DIRECT』(アルファコード)

「VRを民主化する」VR/MR CMS「VRider DIRECT(ブイライダーディレクト)」

「VRider DIRECT」は、「VRコンテンツを簡単に・早く・正確に作れる」をコンセプトに、クラウドを利用し、CMS機能「アップロード」「VRエディタ」「管理画面」「アプリ」をご提供いたします。

VRエディタは現在「テキスト」「静止画像」「2D動画」「音声」「URLリンク」を配置することができます。今後VAQSO様のデバイスを使用した、「香り」の配置機能を搭載いたします。

企業紹介(株式会社アルファコード)

株式会社アルファコードは、エンターテインメントにおける当社の技術や知見を、お客様全てに提供すべく邁進し、世界をより楽しくイノベーションするアプリケーションの創出に取り組んでおります。

事業内容はネットワークコンテンツの企画・研究・開発及びコンサルテーションです。

VR・MR・AR技術を活かしたソリューションビジネスや、ゲーム、スマートフォン向けサービスの開発・提供を軸に、最新技術を人の役に立つ確かな価値にしていきます。

『透明少女』(シータ、技術協力_ハロー)

異世界、平行世界、別世界…

この世の何処かにあるかもしれない「もうひとつの世界」

普段と変わらない部屋に突如映し出される「女の子の像」

突然の出逢いから、心のキョリが近づき始める

しかし、タイムリミットを迎えると否応なしに別れと向き合うことに……。

透明少女達との圧倒的近接VR体験プロジェクト

企業紹介(株式会社シータ)

株式会社シータは、実写VR映像の「企画・撮影・編集」に特化した専門集団です。

実写×近接映像による新しいヴァーチャル体験を追求し、生体研究に基づく独自機材(特許申請出願中)とオリジナル編集フローで、圧倒的高精細・高品質なSTEREO-VRコンテンツを世の中に提供しています。

技術協力2社

XVI Inc.(TRICOLの技術協力)

2010年創業。パソコンやインターネットが生活の中に溶け込んだように、VR技術も生活を豊かなものに変え、無くてはならない存在になると確信し、日本にコンシューマーVRをいち早く広めてきました。

「すべての人々を、ストレスフリーに」を企業理念とし、産業や生活に浸透する VR/AR技術のソリューションを提供します。

代表作:『初音ミク VR Special LIVE -ALIVE-』ロートデジアイ、『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞ONLINE 三日月宗近Ver.』など。

株式会社ハロー(シータの技術協力)

【テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る】をコンセプトに事業を展開。

最新技術のR&Dを行いながら、建築や美術作品のバーチャル体験サービス「VR ART」やオリジナルアニメ制作、広告CM、楽曲制作、インタラクティブな舞台演出など、手がける企画は多岐に渡る。

会社名の「helo」は「hello, hero」の略称で、世界中の優秀な人材=heroが気軽に集まり、新しい価値を生み出すことを意味する。

協賛企業

ツクモ(株式会社ProjectWhite)

TSUKUMO(ツクモ)は、秋葉原を中心に名古屋・札幌・福岡・大阪の店舗とWEBショップを展開するパソコン・パソコンパーツの専門店です。

今回VAQSO様のブースでは、TSUKUMOオリジナルのVR ReadyゲーミングPC「G-GEAR(ジーギア)」、LG社のディスプレイ・Razer社のキーボード・マウス・ヘッドホンの協賛をしております。

(C) 2017 VAQSO Inc.