『23/7 トゥエンティ スリー セブン』が今冬配信決定!「東京ゲームショウ2017」にも出展

  • 2017年09月05日
0905_img_03

藤商事は、新作RPG『23/7 トゥエンティ スリー セブン』を2017年冬に配信することを決定し、「東京ゲームショウ2017」への出展も発表した。本作は、同社が手掛ける本格RPG第1弾となっていて、キャラクターデザインに凪良氏とlack氏、声優には姉弟の内田雄馬さんと内田真礼さんの注目のコンビを起用することも明かされた。

藤商事の本格RPG第1弾『23/7 トゥエンティ スリー セブン』が始動!

[以下、リリースより]

当社はこのたび、これまでのゲームアプリ制作で培ってきたノウハウを活かし、本格RPG第1弾の作品としてスマートフォン向けゲーム『23/7(トゥエンティ スリー セブン)』を今冬に配信することになりましたので、お知らせいたします。

本ゲームの概要

当社はこのたび、本格RPG第1弾作品として、豪華クリエイター陣とKADOKAWAの協力による、完全オリジナルRPGゲームをリリースいたします。

構想から約2年の歳月を費やした本ゲームは、KADOKAWA協力によるゲームシナリオをもとに、主人公とヒロインをはじめとしたキャラクターデザインを、人気イラストレーターである「凪良」×「lack」とのコラボレーションにより生み出しました。

また、主人公とヒロインの声優には大人気の「内田雄馬」&「内田真礼」の姉弟コンビを起用しております。

そして、9月21日より千葉・幕張メッセにて開催される最新のゲームが一堂に会するアジア最大級のイベント『東京ゲームショウ2017』においてブース出展も決定!ご来場の際は、ぜひお立ち寄りください。

これまでとは「ヒト味違う」藤商事のエンターテインメントをお届けしますので、どうぞご期待ください!

なお、詳細につきましては、以下の特設サイトをご覧下さい。

『23/7 トゥエンティ スリー セブン』ストーリー概要

ある日、世界中の時計から「9時」が消滅した。

そして1日は23時間となった。

人々はその事に気づかず、日々の生活を送っている。

この世界には、「1時」から「12時」の時間を司る、12の次元が存在する。

そして各次元にはクロッカーズと呼ばれる、時を操る能力を持つ守護者がいた。

彼らは、全ての時間を支配するため、終わりのない戦いを繰り返していた。

普通の高校生の神名ヒカリは、突如東京で起きたクロッカーズの戦いに巻き込まれ、その中で『9時が無いこと』と、その秘密を知る。

そしてヒカリは、この世界を守るため、失われた「9時」を取り戻すため、時間を巡る戦いへと、今旅立つ——。

キャラクター&声優情報

主人公 神名ヒカリ

  • 声優:内田雄馬(うちだ ゆうま)

ある日、東京上空に出現した異次元の軍勢による戦争に巻き込まれた18歳の高校生。

戦いの中で父親の秘密を知ることに。

ヒロイン ウルズ・エヴェレット

  • 声優:内田真礼(うちだ まあや)

現代の地球世界が存在する次元・バース7の主契約者。

クロッカーズとともに、他の次元からの侵略を陰から防いでいる。

メインイラストレーター紹介

凪良(なぎりょう)

イラストレーター。砲弾が飛び交うハードな世界観から幻想的なファンタジーの世界観まで、幅広い分野で数々の魅力あるキャラクターを描く。

代表作に『ヘヴィーオブジェクト』『アルトネリコ』シリーズなど。

lack(ラック)

元株式会社レベルファイブ勤務。

現在はトレーディングカードゲーム、ソーシャルゲーム、ライトノベルなどのイラストを手がける。

主な参加作品は、『Fate/Grand Order』、『デュエル・マスターズ』、『カードファイト!! ヴァンガード』、『呼び出された殺戮者』など。

(C)藤商事