逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

『逆転オセロニア』のリアルイベント「オセロニアンの祭」が8月27日に開催決定!

  • 2017年08月07日

DeNAは、ドラマチック逆転バトル『逆転オセロニア』のリアルイベント「オセロニアンの祭」を8月27日(日)に開催する。HIKAKINさんや、ピアノ演奏者の谷岡久美さんなど、豪華ゲストが出演し、来場者特典には特別衣装の「[赤き竜鱗の剣]アルン(A+)」のプレゼントも!

「オセロニアンの祭」屋内イベントの参加受付スタート!

[以下、リリースより]

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安功)が、iPhone/iPad、Android端末向けに配信中のドラマチック逆転バトル『逆転オセロニア』は、2017年8月27日(日)に、大型リアルイベント「オセロニアンの祭」を開催します。

本イベントでは夏祭りをテーマに、屋外ではグッズ販売や縁日をイメージした飲食ブース、屋内ではメインステージのイベントなどを予定しています。

『逆転オセロニア』のリアルイベント初参加のHIKAKINほか、豪華ゲストが続々登場!

2017年8月27日(日)に開催する大型リアルイベント「オセロニアンの祭」では、屋内と屋外で夏祭りをテーマにした様々なイベントを行います。

本イベントは今回初参加のHIKAKINさん、『逆転オセロニア』公式リアルイベントでおなじみのタイガー桜井さん、宮坊さん、ちゅうにーさん、みそしるさん、ごはんさん、ピアノ演奏者の谷岡久美さんをゲストに迎えます。

なお、屋内エリアは抽選に当選した方のみが参加可能です。

応募は、「オセロニアンの祭」特設サイトから行うことができます。

さらに、当選者は来場特典として、見た目が異なる衣装替えverの「[赤き竜鱗の剣]アルン(A+)」を手に入れることができます。

「オセロニアンの祭」で開催予定の屋内イベントを一部紹介!!

メインステージのイベント

白黒対抗!オセロニア障害物対戦!

対戦中の集中力が見えるセンシング・アイウェア「JINS MEME」を装着して挑む新感覚の対戦バトルです。

「オセロニア障害物対戦!代表選抜予選」を勝ち抜いたプレイヤーとゲスト(HIKAKINさん、タイガー桜井さん、宮坊さん、ごはんさん)がチームを組んでバトルを行います。

真のオセロニアンは誰だ!どっちか決めろニア!

「本物」の『逆転オセロニア』を五感で見抜き、真のオセロニアンを決める白熱クイズバトルです。

会場内ワークショップスペース

体験!しゃべろニア!

小中学生限定で、「しゃべろニア!」の生配信を体験できるコーナーです。

司会、監督、カメラマンなど様々な職業を体験することができます。

キャラ絵馬

『逆転オセロニア』に登場させたいキャラクター(駒)を考え、絵馬にイラストを描くことができるコーナーです。

なお、この他の屋内エリア、縁日やグッズ販売などの屋外エリア情報については「オセロニアンの祭」特設サイトなどで近日公開予定です。

  • オセロニアンの祭屋内エリア 応募受付期間:受付中~2017年8月9日(水)23:59

開催概要

  • イベント開催日時:2017年8月27日(日)10:00~20:00
    第一部:10:00~14:00/第二部:14:30~18:30
  • 参加人数
    屋内:各部1,000名(合計:2,000名)
    屋外:入場自由
  • 会場:アキバ・スクエア、サボニウス広場、UDXアキバ広場
    (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX)
  • ゲスト:HIKAKIN/タイガー桜井(ファミ通Appスターズ)/宮坊(ファミ通Appスターズ)/ちゅうにー/みそしる/ごはん/谷岡久美

※順不同
※予定は予告無く変更になる場合があります。

HIKAKINについて

国内チャンネル総登録者数No.1、名実ともに日本トップのYouTuber。

新潟県出身。高校生の頃にYouTubeを始め、スーパーマリオのゲーム音楽をビートボックスで表現した「Super Mario Beatbox」の動画が世界中で話題となる。

2013年にはエアロスミスのツアーに参加し、シンガポール、大阪公演でビートボックスによる共演を果たした。

ビートボックス以外にも、日常の面白いものを独自の視点でおもしろおかしく紹介するHikakinTVチャンネルや、ゲーム実況ジャンルで日本最大級のチャンネルとなっている。

谷岡久美(たにおかくみ)について

1998年に株式会社スクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社、以来ゲーム音楽作曲家として『FINAL FANTASY XI』や『ファイナルファンタジー・クリスタル・クロニクル』シリーズ等数々の作品を担当。

同社を退社後、2010年からはフリーランスとして活動をスタート。

『ラグナロクオデッセイ』シリーズを始め数々のゲームソフトの音楽制作に携わる。

また、ゲーム音楽制作にも意欲的に取り組みながら、知育アプリのBGMや舞台音楽、アーティストへの楽曲提供など、幅広い分野で活動している。

近年はピアノ演奏にも力を入れ、アーティストとのライブ活動やピアノアレンジ等も精力的に行っている。

昨年にはオリジナルピアノアルバム「Sky’s The Limit」を初リリース。

今秋にはアコーディオン奏者藤野由佳とのユニット「Riquisimo」初のアルバムも発売予定。さらに今年は作家生活20周年となるため、オリジナル記念アルバムを鋭意制作中。

「JINS MEME」について

JINS MEME(ジンズ・ミーム)は、3点式眼電位センサー(特許取得済み)と6軸センサー(加速度・ジャイロセンサー)を搭載し「自分を見るアイウエア」をコンセプトにした世界初のセンシング・アイウエアです。

JINS MEMEで取得されたデータは、Bluetoothと連携したスマートフォンのオフィシャルアプリケーション上で可視化され、ココロとカラダの情報としてリアルタイムで装着者に届けられます。

さらに、「JINS MEME OFFICE」というアプリケーションでは、センサーで取得したデータから、自信の集中状態を可視化することも可能です。

※3点式眼電位センシング技術について

人間の眼球は角膜側に正の電位を帯びています。この正の電位を持つ眼球の角膜側が、視線や瞬きの際に動くことで、周辺の皮膚の電位に変化が生じます。

これをJINS MEMEの眉間と鼻パッドに搭載された3点式眼電位センサーが計測し、瞬きや視線移動を検出することができます。

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse