逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 「決戦!ルフ」上級攻略速報

  • 2017年07月20日

7月19日(水)12:00より、決戦イベント「ルフ」が開催されている。敵用の竜属性強化マスが大量にあるステージなので、大ダメージを受けきれるHPを備えた神属性デッキで挑もう。

決戦イベント「ルフ」に挑戦

「決戦!ルフ」をクリアすると入手できる「ルフ」は、同時開催の「希望の唄」ガチャに追加された「アリババ」をはじめとする新駒の闘化素材だ。

ただし、ルフ自身のスキル・コンボスキルは発動しにくい条件となっているので、余力のある人のみスキル上げをしておこう。

4ターン後のターン開始直後に竜駒のATKを1.5倍にする時限スキルだ。

A駒の時限スキルの中ではトップクラスのバフではあるが、発動するまでに4ターンもかかってしまう。

竜属性デッキの攻め方では、時限スキルが誘発される直前にひっくり返されてしまう可能性が高いので、即戦力として活躍させるのは難しいだろう。

アリババの闘化素材

  • アニス×3
  • アルクルシュ×3
  • ルフ×3

この他にも追加されたS・A駒の闘化素材には必ず含まれているので、以下の駒を入手した人は、そのぶんの素材も確保しておこう。

  • シャイターン
  • モルジアナ
  • シンドバッド
  • 語り部・シーラーザード
  • ゾライク
  • アラジンとランプ

【上級】砂嵐を呼ぶ鳥竜に挑戦

注意しておきたい相手のギミック・駒

本ステージでは、盤面に敵用の竜属性強化マスが大量にあるので、相手からのダメージは常に1.5倍かかっていると思ったほうがいいだろう。

また、バトル2では時限スキルの効果で、5ターン後のターン開始直後に、相手の竜駒のATKは2.8倍に跳ね上がる。

ここまでの火力を出されると、周回で多用されている竜属性デッキではHPがもたない可能性があるので、高いHPが確保できる神属性の方が戦いやすいかもしれない。

攻略デッキ

今回攻略に使用するのは、蘭陵王をリーダーとした神属性デッキだ。

助っ人の駒も含めればHPは約28,000になるが、決定打が与えられる駒が複数いないと長期戦になり、不利な状況になりかねない。

そのため、防御やデバフといったサポート役の駒は少なめにして、ダメージが与えられる駒を多めに編成しておこう。

おすすめ助っ人駒(神属性デッキの場合)

  • ヴィクトリア
  • 闘化ゼルエル
  • 闘化ミアクレルなど

ステージ情報と攻略のポイント

バトル1

盤面には、敵用竜属性強化マスが20個も設置されている。

強化マスに合わせてコンボスキルをつなげられてしまうと、大ダメージにつながる可能性があるので、相手の駒をひっくり返しながら駒を置いていこう。

ルフの時限スキルが発動するタイミングでは、S駒「フォーマルハウト」が登場する。

ここまでに相手のHPを削れないという人は、前もってコンボルートをつぶしておき、大ダメージを出させないようにするのがおすすめだ。

バトル1の駒の順番

  • ルフ
  • クロリス
  • ガルア
  • ヴァラーグ
  • フォーマルハウト
  • ブリッツドラゴン
  • クロリス

バトル2

バトル2では、左上の角マスに以下の効果を持った石竜像が設置されている。

  • 発動した5ターン後のターン開始時に、竜駒のATKは2.8倍になる

この時限スキルが発動するタイミングで出してくる駒は「クーゲルバーン」だ。

スキルが発動すればATKが2倍になる強力な効果だが、3枚ひっくり返さなければ発動することはない。

そのため、時限スキルが発動するまでに倒せそうもない場合は、相手が3枚以上ひっくり返せるマスを作らないようにしよう。

クーゲルバーンのATKは3,160。自身のスキル発動+強化マスが重なると9,480にもなるので注意しておきたい

バトル2の駒の順番

  • 闘化アリババ
  • フリューコーダ
  • クロリス
  • 進化グエリアス
  • クロリス
  • クーゲルバーン

今回は神属性デッキでの攻略を紹介したが、ほかの属性のデッキでもクリア可能だ。

なお、竜属性の決戦イベントでは多用されている貫通スキルも登場しないので、カウンター・罠を利用したデッキもいいかもしれない。

参考動画

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse