逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 戦友から感謝される助っ人駒の選び方

  • 2017年06月02日

助っ人指定機能の追加によって、各属性ごとに強力な駒を戦友に使ってもらえるようになった。ただ、開催中のクエストの内容によってはレアリティの高い駒よりもスキルを優先して選択することもあるため、ここでは目的にあう駒を紹介していく。

開催されているイベントにあわせた助っ人設定

自由に助っ人を設定できるようになったのはうれしいが、ただレアリティの高い駒や強い駒を出していても、使いにくい駒や戦友がプレイするイベントとマッチしてなければ意味がない。

特に新しい決戦イベントが開催された日だと、その攻略に最適なキャラ駒が助っ人一覧に並んでいてほしいと思うもの。

目的にあう駒を出しておくほど、戦友からも喜ばれやすいので、今回は助っ人に設定しておいて損のないキャラ駒を紹介していこう。

特定の決戦イベントで活躍する駒

決戦イベントでは、通常ではあり得ないようなスキルをもつ像が登場するものもある。

そんな特定の像に特化したスキルをもつ駒は、イベント攻略を目指す人にとって、助っ人に選べるとうれしい。

アンデット:耐久しながら勝利を狙おう

モルアナや諸葛亮のような耐えきれないほどの毒ダメージが飛んでくる高難易度イベントでは、アンデットスキルをもつ駒が役立つ。

なかでも孫尚香やベノムバジリスクは、デッキの編成を問わずコンボスキルも狙いやすいので非常に優秀といえる。

同じデッキに魔属性の駒が入っている人は、アンデットスキルが発動中に吸収スキルを使ってしまうと逆に毒ダメージを受けてしまうので要注意

罠スキル:特殊ダメージを相手に返す

罠やカウンターで返すダメージは、デバフによって減少されないのが大きな利点。

通常攻撃ダメージを大きく減少させるデバフの像があるイベントでは、敵のダメージを返す罠スキルが役立つ。

また、罠スキルをもつ駒はカウンターと比べて、コンボスキルが備わっていないものが多いので、コンボスキルも備わっている駒であれば、汎用性が高いだろう。

マス変換:高HPの相手にはダメージマスが有効!

決戦イベントなどの対NPCイベントでは、相手の最大HPが対人戦より非常に高く設定されているものもある。

最大HPが高い相手には、最大HPに応じたダメージを与えられる「共用」もしくは「敵用のダメージマスB」を生成できるスキルなども、ダメージソースとして役立つことを覚えておきたい。

ダメージマスBは踏んだプレイヤーの総HPから10%がダメージとなるため、HPが高い相手ほどその威力を発揮することに!

属性縛りの条件に注意しよう

駒によっては「自分のデッキがすべて~属性のとき」や、「自分のデッキに~属性の駒が10枚以上入っているとき」など、発動条件に属性の縛りがあるものも存在する。

以前までは、助っ人駒は、デッキに関係なくスキルを発動できたが、「助っ人駒選択」実装後は、属性の影響を受けるようになった。

助っ人を選ぶ際は、自分のデッキの内容をしっかり把握しておこう。

通常時に役立つ駒をピックアップ

ここまでは特定のイベントに役立つスキルをもつキャラ駒を紹介してきた。

ここからは、イベントに関係なく使いやすいキャラ駒を、各属性ごとに紹介していこう。

神1:ヴィクトリア

ステータスも高く、火力も申し分ない駒といえばヴィクトリアだろう。

属性に関係なく大ダメージを叩き出せる駒なので、とりあえず出しておけば必ず使われるというくらい活躍してくれる。

神2:セツナ

セツナ単体での性能は心もとないものの、盤面にクオンが残り続ければコンボスキルを繋ぐだけで4,000ものダメージが与えられる。

おまけに1ターンに2体のキャラ駒を出せるため、特殊な形状の盤面になったときでもコンボスキルを狙いやすい。

ダメージ量も固定なので、強力なデバフの像があるイベントでも活躍できるだろう。

神3:ヒアソフィア

デバフスキルは通常攻撃に依存するスキルに有効。

とくに竜属性の決戦イベントの場合は、一撃で吹っ飛ぶような大ダメージが飛んでくることもある。

どんなに不利な盤面でも次のターン受けるダメージをほぼ軽減できるヒアソフィアは、戦友からも喜ばれるはずだ。

魔1:アズリエル

アズリエルは元々のATKが高いうえに、3ターンの毒スキルもダメージに加わるため、盤面に出すだけで5,000近くも相手のHPを削れる。

こちらもデッキの属性に関係なくスキルを発動できるうえ、コンボスキルは通常攻撃に依存する強力な特殊ダメージとなっている。

そのため、圧倒的な火力で高速周回したいという人に選ばれやすい。

魔2:織田信長(闘化)

織田信長やカルディア、諸葛亮などのコスト30の駒をコスト制限を気にすることなく入れられるのが助っ人駒の魅力。

織田信長(闘化)が変換する敵用ダメージBマスは、相手のHPが高いイベントや、デバフが強力なイベントで重宝する。

フルカスor進化ヨシノ

周回するイベントで相手のHPが高い場合は、フルカスや進化ヨシノといったHPに依存して特殊ダメージを与える駒が活躍する。

このタイプの駒は、リーダーに設定して初手に出すことが多い。

しかし、イベントによっては、対人戦ではありえないくらいHPが高いものが出てくることもあるので、状況によっては助っ人を活用して複数編成しておくのも手だ。

竜1:レグス

相手が罠やカウンターを仕掛けてくるイベントでは、竜駒の貫通スキルをもつキャラ駒が役立つ。

なかでもレグスは、スキルの発動条件がほとんどないため、助っ人としてデッキに加えやすく、竜属性デッキならば最大火力を出しやすい。

竜2:クロード

クロードは竜駒のなかでも単体火力が高く、単色デッキならばスキルも手軽に発動できる。

デネブやレジェのようなリーダ―バフに、手駒にある間はオーラスキルが発動する闘化ランドタイラントがいると、亀クエストなどの周回で大活躍してくれるはずだ。

竜3:オルロ・ソルシエ

アタッカーとして役立つ竜駒を持っていない人は、オルロ・ソルシエのような強力なコンボスキルを持つ駒を助っ人に設定するのもおすすめだ。

どの駒にもいえることだが、スキルが強くてもコンボスキルが発動しにくかったりすると、盤面に残っていても扱いに困ってしまう。

その点、バフスキルをもつ駒は、盤面に残っている間は効果が続くので、コンボスキルが発動しないときでも、火力面でサポート可能だ。

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse