逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 「GW特別!ゴールドラッシュガチャ 前編」追加された駒を徹底解説

  • 2017年05月05日

5月5日(金)12:00より開催される「ゴールドラッシュガチャ 前編」のキャラクターを紹介していこう。ガチャ以外にも逆転コインでしか交換できないキャラクターもいるので、こちらも忘れずに入手しておこう。

ゴールドラッシュビンゴで「金色・オルロ・ソルシエ」を入手しよう!

ゴールドラッシュガチャの「10+1回」を引くとビンゴカードを1マス空けることができ、1列そろうと魔S「金色・オルロ・ソルシエ」を入手することができる。

この駒は3属性に闘化可能なので、普段使っているデッキにあった属性の駒に闘化させよう。

各属性のステータスは以下のとおり。

神属性は、最大4,800のライフバーストを持ちながら、コンボスキルでは盤面の駒の総数×130の特殊ダメージを与えることができる。

どちらのスキルもデバフの影響を受けないので、神属性デッキにフィニッシャー候補として入れておきたい。

魔属性は、受けたダメージの250%を相手に与えることができる罠スキルだが、1,400未満の通常攻撃ダメージでしか発動しない。

相手がATKの高い竜属性デッキだとむだになりかねないので、使えるタイミングは限られてくるだろう。

竜属性は、竜駒1枚あたり1.4倍、最大2.1倍の囁きスキルだ。

魔駒が盤面になければ発動できるので、神と竜を混ぜたデッキのフィニッシャーとしても活躍できるだろう。

闘化素材一覧

[救世の黄金]オルロ・ソルシエ

  • アラニ・カラミッド×3
  • 乱天丸×3
  • はにやまひめのかみ×3

[封印の黄金]オルロ・ソルシエ

  • アラニ・カラミッド×3
  • マーナガルム×3
  • 陰陽師・椿×3

[討滅の黄金]オルロ・ソルシエ

  • アラニ・カラミッド×3
  • ブリッツドラゴン×3
  • プルプレウス×3

神属性 前半ガチャキャラクター

金色・キムン・カムイ

進化(画像左)は、自分のデッキの駒がすべて神属性のときにしか発動できないが、2,200の特殊ダメージを与えることができる。

また、コンボスキルは3枚以上ひっくり返せればファウスト以上の倍率が出せるので、神属性のATKでも一発逆転が可能だろう。

闘化(画像右)は、駒の総数×145という強力な回復スキルなので、回復デッキで使っていこう。

序盤に手駒に来たとしても5ターン後に発動する時限スキルなので、安定した回復量が得られるだろう。

金色・キムン・カムイ闘化素材

  • アラニ・カラミッド×2
  • 刀巫女・セン×3
  • ゴディア×4

金色・フギンとムニン

神属性デッキを使っている人なら必ず入手しておきたいのが「黄金・フギンとムニン」だ。

盤面に表になっている間、神駒の基本ATKが最大1.3倍になるので、ヴィクトリアや闘化ジークフリートといった駒のダメージの底上げにつながる。

この効果は自分のHPが減少するほど倍率が上昇していくので、序盤からひっくり返されにくいマスに置いていこう。

また、コンボスキルも最大1.7倍の囁きなので、神属性デッキにはピッタリの性能だ。

※ 蘭陵王調整は必要ないが、正月蘭陵王を使っている場合はレベルを調整しておくといい

金色・エンジェルナイト

このエンジェルナイトは、通常攻撃ダメージではなく特殊ダメージのみを60%に抑える防御スキルを持っている。

バステトやフルカスといった特殊ダメージが強力な駒が増えてきているので、この駒もじゅうぶん活躍できるだろう。

魔属性 前半ガチャキャラクター

金色・ベリアル

オセロニア配信当初にガチャで排出されたベリアルが、黄金バージョンになって登場!

進化(画像左)は、混合デッキでも使いやすいフィニッシャー候補だが、相手の出方次第でスキルもコンボスキルも発動できないので、使い勝手は悪いだろう。

闘化(画像右)は、最大2倍の囁きなので、魔属性デッキの新たなフィニッシャーとして活躍可能だ。

ただし、自分のデッキがすべて魔駒でないと発動できないので、デッキ編成の際は注意しておきたい。

コンボスキルは少々使いにくいが、蘭陵王をリーダーにしている人は少なくはないので、むだになることはないだろう。

金色・ベリアル闘化素材

  • アラニ・カラミッド×2
  • ドクトル・ファウスト×3
  • 魔騎士・レイリス×4

金色・リッチ

既存のリッチは毒スキル持ちだが、黄金・リッチは駒が置かれていないマスを敵用のダメージBマスを変換する「マス変換」だ。

神属性の最凶決戦イベントでもダメージマスは役に立つことが多いので、入手しておくことをおすすめする。

金色・ペルデュ

既存のペルデュより金色・ペルデュのほうが吸収、特殊ダメージともに優秀ではあるが、条件が追加されている。

2枚以上ひっくり返さないとスキルもコンボスキルも使えないので、無条件で発動できる既存のもののほうが使いやすいだろう。

竜属性 前半ガチャキャラクター

金色・リーン&ゲイル

進化(画像左)のスキルは、自分のHPが減少していないほど竜駒のATKが上昇するため、もともとのHPが少ない竜属性デッキとの相性はあまりよくない。

とはいっても最大倍率は1.4倍にもなる上に、コンボスキルは最大2倍の囁きなので、早めに引ければ一気に勝負を決める駒になるだろう。

闘化(画像右)は、数少ない貫通スキル持ちだ。

竜属性デッキで序盤に手駒に来てしまうと、コンボスキルが使えない可能性が出てしまうので、混合デッキのフィニッシャーとして使っていくのがおすすめ。

金色・リーン&ゲイル闘化素材

  • アラニ・カラミッド×2
  • イモードラ×3
  • ロックドラゴン×4

金色・牙刀

スキルもコンボスキルも自分のHPが減少するほど倍率が上昇していくので、HPが低い竜属性デッキとの相性も抜群だ。

しかし、序盤に手駒に来てしまうと高倍率は出せないので、手駒事故には注意しておきたい。

※ 牙刀はガチャだけでなく逆転コインで交換することも可能

金色・ドラゴニュート・ルゥ

金色・リーン&ゲイル(進化)と同様に、盤面の駒数が少ないほど竜駒のATKが上昇していく効果だ。

スキルは序盤に出したほうが大きな効果が得られるが、コンボスキルは竜駒が増えてきた終盤のほうが倍率が出せるので、使い勝手は良いとはいえない。

逆転コインでの交換も!

ゴールドラッシュガチャ前編の開催と同時に、以下のキャラクターが逆転コインで交換可能となる。

  • 魔S:金色・ガルム
  • 神A:金色・アラジン
  • 魔A:金色・ルキア
  • 竜A:金色・牙刀

この中でも「金色・ガルム」は、ガチャでは排出されない逆転コイン限定のキャラクターなので、逆転コインに余裕のある人は必ず交換しておこう。

なお、金色・アラジンと金色ルキアに関しては、ゴールドラッシュガチャ後編で排出されるキャラクターだ。

単発ドリームなどで引ける可能性もあるので、様子を見ながら交換をしていくようにしよう。

金色・ガルムは魔属性単色デッキで活躍する駒だ。スキルは闘化ガルムより強力になってる上に、コンボスキルも使いやすくなっている

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse