逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 「最凶!アイアース」激級攻略速報

  • 2017年04月30日

4月30日(日)12:00より、「最凶!アイアース」が開催されている。相手が発動する特殊ダメージはどれも強力なものばかりなので、罠スキルを活かしつつ相手のターンにもダメージを与えていこう。

最凶イベント「アイアース」に挑戦

「GW逆転祭」と並行して「最凶決戦祭!」が開催中。

過去の最凶決戦イベントが復刻しているほか、新たな最凶イベント「アイアース」が4月30日(日)12:00~5月16日(火)11:59まで開催されている。

クリアさえ出来れば攻防を兼ね備えた強力なS駒をゲットできる。

復刻中の最凶決戦イベントの攻略法は以下の各記事を参考にしてみてほしい。

アイアースはターン制の防御スキルを持っており、スキルレベルを最大まで育てれば、1ターンの間受ける通常攻撃ダメージが30%になる。

効果時間は短いものの、相手に貫通スキルをもつ駒さえ出されなければ、次のターンまでの繋げる役としても役立つはず。

また、コンボスキルもHPが減少するほど通常攻撃力を上昇させる効果となっており、最大で1.8倍になるので、フィニッシャーと組み合わせて使いたい。

【激級】 リトライ不可に挑戦

注意しておきたいギミック・駒

本ステージでは、バトル1から3にかけて以下の像が設置されている。

  1. 防御:盤面で表になっている間、受けた通常攻撃ダメージを0%にする
  2. 攻撃力アップ:盤面で表になっている間、自分のHPが減少するほど自分が出す神駒のATKが上昇し、最大で3倍になる
  3. アンデッド:盤面で表になっている間、相手の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる

貫通スキルをもつ竜駒なら、像の効果を受けることなく通常攻撃ダメージを与えられるのだが、元々HPが低いので押し切られてしまう可能性が高い。

そのため、毒や特殊ダメージ専用の罠スキルを中心としたデッキで、安定して周回できる形を作っていこう。

攻略デッキ

今回使用したのは、相手のHPの高さを利用した魔属性デッキだ。

リーダーにしている進化ヨシノには、スキルで相手のHPが高いほど強力な特殊ダメージを与えられるほか、コンボスキルで敵用ダメージマスBも今回の決戦に有効だ。

ただ、それだけだと火力不足に陥ってしまうため、闘化クイル・クエンやアズリエルのような毒スキルで毎ターン安定したダメージを確保していく。

そして、タイミングをあわせて罠スキルで自滅させることが目的となっている。

ステージ情報と攻略のポイント

バトル1

バトル1で設置されている像は、「盤面で表になっている間、受けた通常攻撃ダメージを0%にする」というスキル効果をもつ。

HPも20,000とやや高めなので、毒スキルを序盤から並べていき、盤面を取られないように攻めていこう。

ここで相手が使ってくるのは、リオンやアンドロメダといった防御系のスキルをもつ駒が多い。

キムン・カムイが登場するまでの間なら、コンボスキルを繋がれたとしても2,000以上のダメージが飛んでくることはないので、像の反対側の角をとってしまおう。

有利な盤面が抑えられたら、あとは毒スキルや特殊ダメージでダメージを与えていき、8ターン目に出てくるウルにあわせて罠スキルが発動できる状況を作っていけばいい。

バトル1の駒順

  1. リオン
  2. ラトール
  3. クーヤ
  4. キムン・カムイ(闘化)
  5. クリムヒルト
  6. ザフキエル(闘化)
  7. アンドロメダ(闘化)
  8. ウル(闘化)

※ 順番は周回して多かったパターンを記載。

バトル2

中間地点となるバトル2では、相手のHPも5,000しかないため休憩ポイントに見える。

しかし、新たに「HPが減少するほど自分が使用する神駒のATKが上昇していく(最大3倍)」という像が設置されている。

初手に出してくる女神像には、HPの最大値を200%アップするスキルがあるため、次に出してくる祝融とアルーシャからの特殊ダメージは、通常攻撃とあわせて5,000近くにはねあがる。

初手か2手目のタイミングで特殊ダメージ専用の罠スキルを設置しておきたい。

バトル2の駒順

  1. 祈りの女神像(最大HPが200%アップ)
  2. 祝融
  3. アルーシャ

※ 順番は周回して多かったパターンを記載。

バトル3

最終ステージには、盤面の右下に通常攻撃ダメージを無効にする像、左下にはアンデッドスキルをもつ像が設置されている。

出してくる駒もバトル1とは違って、攻撃に特化したものになるため、最大限に罠スキルが活かせるタイミングをしっかりと見極めよう。

デッキ紹介の部分でも解説したように、今回の盤面には像以外のギミックが存在しないため、マス変換系のスキルをもつ駒は非常に役立つ。

また、相手のキムン・カムイをひっくり返してしまうと、その後に罠スキルを仕掛けたときに返せるダメージの量が減ってしまうため、あえて残しておくという大胆な戦術もありだ。

バトル3の駒順

  1. アイアース
  2. リオン
  3. アギラ
  4. ブラダマンテ
  5. キムン・カムイ(闘化)
  6. ヴィクトリア
  7. アムジェラ

今回の最凶決戦は、毒スキルと特殊ダメージ対策の罠さえ準備できれば、他の最凶決戦よりも比較的クリアしやすいはず。

開催期間も長めなので、自分のペースで周回やスキル上げをしていこう!

参考動画


(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse