逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

[10/4更新]【PR】逆転オセロニア【攻略】: バトルコインで入手しておきたい駒を解説

  • 2017年10月04日

「逆転コイン」と同じように、集めれば特定の駒と交換できる「バトルコイン」。ここでは、バトルコインと交換できる駒のラインナップからおすすめの駒をピックアップし、解説していく。

激レアな駒をバトルコインでゲットしよう!!

「バトルコイン」とは、ショップにて「逆転コイン」と同じように、特定の駒と交換することができる新アイテムだ。

バトルコインで交換できる駒には、過去のカップ戦の報酬だった駒やクラスマッチの報酬など、入手方法が限られたレアな駒が並んでいる。

ショップ画面の逆転コインの下にバトルコイン専用の項目が追加されている

現在、ラインナップされている駒は以下のとおり。

名称必要なコイン交換可能クラス
逆転オセロニアムーニア100
逆転オセロニアグエリアス100
逆転オセロニアブランジェッタ100
逆転オセロニアエンデガ100
逆転オセロニアハピア100
逆転オセロニアヤンドーラ100
逆転オセロニアガーレフォン100
逆転オセロニア龍麗100
逆転オセロニアソルシア100
逆転オセロニアルクセリオン300ダイヤモンドマスター以上
逆転オセロニアニケ200ダイヤモンド1以上
逆転オセロニアシベリウス200ダイヤモンド3以上
逆転オセロニアヴァイセ200ダイヤモンド3以上
逆転オセロニアアゲハ200ダイヤモンド3以上
逆転オセロニアグリードドラグーン200ダイヤモンド3以上
逆転オセロニアクリムゾントニトルス100プラチナマスター以上
逆転オセロニアルキア100ゴールドマスター以上
逆転オセロニアレイファ100シルバーマスター以上
逆転オセロニアカミュ100ブロンズマスター以上
逆転オセロニアアプサラス100ブロンズ2以上
逆転オセロニアキングゴッドタートル5
逆転オセロニアキングデビルタートル5
逆転オセロニアキングドラゴンタートル5

覚えておきたいのが、クラスマッチ報酬のキャラ駒たちは、プレイヤーが条件を満たすクラスまで上がってなければ交換できない。

また、ヴァイセやアゲハなど、特定のデッキで100勝することで入手できる駒は、ダイヤモンドクラスに昇格していないと交換できない点についても注意しておこう。

最優先で交換しておくべき駒と活用法

ここからは、交換できる駒のなかでも優先して交換したい駒と、その活用法を紹介していこう。

バトルコインが実装されたことで、対戦で見かける機会も多くなるはずなので、クラスマッチやカップ戦を想定しながら参考にしてみてほしい。

エンデガ(術士印)

カップ戦「オータムブリード杯」の上位報酬として登場したエンデガは、超駒パレードのヴィクトリアに近い性能を持ちながら、レアリティがAなのが大きな魅力だ。

通常攻撃に依存して威力があがっていく特殊ダメージスキルを持っており、アラクやキムン・カムイのような駒と相性バツグン!

なお、スキルで相手を倒しきれなくても、コンボスキルがライフバースト系になっているので、自分のHPが50%以下になった直後から出しておくのも手だ。

グエリアス(導師印)

カップ戦「シルバーラグーン杯」の報酬として登場したグエリアスは、決戦キャラのなかでも優秀なアルンよりも基本ATKが高く、どのデッキでもアタッカーとして機能する。

コンボスキルに通常攻撃ダメージに依存して威力が上昇する特殊ダメージをもつハーピストエンジェルやファウストなどと組み合わせることで、フィニッシャーとしての活躍が期待できる。

ブランジェッタ(術士印)

ブランジェッタは、カップ戦「マジックトリート杯」の報酬キャラ駒で、同じ魔駒であるイザナミよりもステータスやカウンターの倍率が高いのが特徴。

また、コンボスキルには盤面に出ている魔駒1枚につき、通常攻撃が上昇する「囁き系」の効果を持っているため、カーリーや闘化キルアなどと組み合わせて使いたい。

ムーニア(闘士印)

蘭陵王とまったく同じステータスとスキル内容をもったムーニアだが、印が異なるため、カップ戦での使い分けが可能だ。

ガチャで蘭陵王を入手できていないという人は入手を検討してみてもいいだろう。

余裕があれば交換しておきたい駒

カップ戦の報酬だった駒以外のラインナップは、クラスマッチの報酬として誰でも入手が可能なため、交換の条件を満たすころにはすでに1枚は入手しているはずだ。

しかし、これらの駒を複数持っておいた場合の使い道なども準備される可能性もあるので、今後に期待しよう。

ここからは、クラスマッチ報酬として入手できる駒のラインナップからおすすめの駒を紹介するので、バトルコインと交換しないとしても、入手したらデッキへの編成を考えてみてほしい。

ヴァイセ(天界印)

クラスマッチで神デッキを使い、100勝することで報酬としてもらえるヴァイセは、自分のHPが減少しているときに最大で4,200もの特殊ダメージを与えられる。

いわゆるライフバースト系のスキルになっており、固定の特殊ダメージを与えられるため、デバフや防御スキルなどを気にすることがないのも魅力。

クラスマッチやカップ戦では、ATKが蘭陵王よりも低いため、ルキア対策にも最適なので、余裕があれば交換してスキルレベルも上げておきたい。

エンデガやヴィクトリアのように、ライフバースト系のコンボスキルを持つ駒と合わせてみるのもいいかもしれない

アゲハ

クラスマッチで魔デッキで100勝したときの報酬であるアゲハは、ひっくり返されたときに受けた特殊ダメージの155%を相手に与えられる。

特殊ダメージ罠といえば、イヴェットかジルドレなどをひっくり返されにくい場所に仕掛けることが多いため、相手も真っ先にひっくり返しに来やすい。

そのため、強力な特殊ダメージが発生するルートにアゲハのような罠スキルを仕掛けることで、警戒していない相手ならば、引っかかりやすいだろう。

アゲハは、ひっくり返されたときに受けた特殊ダメージを最大155%も返せるなど、その倍率は罠駒の中ではトップクラス。受けきることさえできれば相手を自滅させられる

クリムゾントニトルス

相手が蘭陵王のような神駒をリーダーに設定していると、通常攻撃が大きく跳ねあげられるクリムゾントニトルスは、混合デッキのフィニッシャーに最適。

コンボスキルを持っていないため、威力を最大限に活かすなら通常攻撃に依存して威力がアップしていく特殊ダメージのコンボスキルと組み合わせたい。

混合デッキでも使いやすいため、フィニッシャーとして編成している人も多い

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse