逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

【PR】逆転オセロニア【攻略】: デッキに入れるならコレ!現環境でおすすめのB駒をピックアップ解説

  • 2016年11月17日

エクストラパックガチャや決戦イベントで急激に増えてきてるB駒。どの駒が強いのかわからないという人も多いと思うので、ここではおすすめとなるB駒を紹介していこう。

属性別おすすめのB駒を紹介

コスト160のデッキ制限があるカップ戦によって、B駒の需要はますます高まっている。

カップ戦以外でもデッキによってはB駒を入れて、S駒を増やしたほうが勝率が上がることもあるので、自分が持っている駒とコストを最大限生かしたデッキを編成しよう。

まずは、各属性でおすすめとなるB駒を紹介していく。

神属性

名称主なスキル入手先
逆転オセロニアウラニア神の囁き ※クエスト
逆転オセロニアエンジェルナイト防御(通常50%)
ガチャ
逆転オセロニアアマリア防御(通常50%)
ガチャ
逆転オセロニアフィローギス最大HP12%上昇
ガチャ
逆転オセロニアはにやまひめのかみ防御(通常40%)
決戦
逆転オセロニアウィンドスピリット攻撃力アップガチャ
逆転オセロニアヒカゲ防御(通常35%)ガチャ
逆転オセロニアエルフリーデ防御’(通常・特殊80%)ガチャ

※はコンボスキル

特殊ダメージを重視した攻撃型の神属性デッキには、ウラニアまたはウィンドスピリットがおすすめだ。

とくにウィンドスピリットは、HPが減少するほど神駒の基本ATKが上昇していくので、終盤の火力底上げにつながる(最大1.2倍)。

回復デッキには、防御スキルを持った駒をメインで編成していこう。

中でも回復マスを利用するデッキの場合は、最大HPが高いほうがより多くの回復量が得られるので、最大HPが上昇できるフィローギスを使っていくのがおすすめだ。

魔属性

名称主なスキル
入手先
逆転オセロニアアンドラス悪魔の囁き ※クエスト
逆転オセロニアベリト
クエスト
逆転オセロニアペルデュ吸収

ガチャ
逆転オセロニアコンスタディーナ
決戦
逆転オセロニアクリスマス・ベリトガチャ
(クリスマス)
逆転オセロニアツキカゲガチャ
逆転オセロニアムガームカウンターガチャ
逆転オセロニアアドマルクカウンターガチャ

※はコンボスキル

魔属性のB駒の枠に困ったらまずは「アンドラス」もしくは「ベリト」を編成しておこう。どちらもクエストでドロップする駒なので、入手は難しくないはずだ。

なお、クリスマスガチャで入手することができた「クリスマス・ベリト」を持っているという人は、ベリトの枠にこの駒を入れるようにしよう。

竜属性

名称主なスキル入手先
逆転オセロニアグズリファ攻撃力アップクエスト
逆転オセロニアジョワユーズ攻撃力アップクエスト
逆転オセロニアドラゴニュート・ウィル攻撃力アップガチャ
逆転オセロニアイヌンダシオン攻撃力アップガチャ
逆転オセロニア竜槍兵攻撃力アップガチャ
逆転オセロニアセイントドラゴン攻撃力アップガチャ
逆転オセロニアムスタバ攻撃力アップガチャ
逆転オセロニア糸鋸圭介攻撃力アップガチャ
(逆転裁判コラボ)

最新の竜属性デッキ紹介記事でも紹介したとおり、竜属性はコンボスキルを使ってどんどんバフをかけていかないとこちらのHPがもたない。

そのため、B駒でも高倍率がかけられるコンボスキルを持った駒を最優先で編成していこう。

この中でのおすすめは、HPとATKのバランスがいい「イヌンダシオン」だ。

スキルとコンボスキルの発動条件に「デッキの駒すべてが竜属性のとき」とあるが、竜属性デッキは基本的に竜駒のみにしていることが多いので、他属性よりも発動させやすいだろう。

なお、イヌンダシオンの他にもB駒を入れる場合は、ムスタバや竜槍兵、糸鋸圭介といった他の竜駒にバフがかけられる駒を編成しよう。

B駒を編成する際のポイント

各レアリティーのバランスが大切

『オセロニア』を始めたばかりの人でもガチャは引きやすくなっているので、S駒を複数枚持っている人も多いはず。

画像のようにコスト150でも入手したS駒を4枚編成できるが、B駒ばかりになって序盤から中盤に与えるダメージが少なくなってしまう。

これでは、対人戦での勝利は難しいので、S駒とB駒を減らしてA駒を増やしていくことが大切だ。

コストの配分がわからないという人は以下の表を参考にデッキを作ってみよう。

コスト上限S駒の枚数A駒の枚数B駒以下の枚数
1501114
1551123
160113
2
1651141
1702122
1752131
1803112
1853121
1904102
1954111
200592

コスト150でS駒を入れるのであれば、A駒11枚、B駒4枚の編成がおすすめ

竜属性デッキだけは例外

先程紹介したコスト配分の表にとらわれずに、S駒の枚数を増やしたほうが強いのが竜属性デッキだ。

竜属性の場合は大ダメージが与えられるS駒を多めに入れておかないと、神属性デッキの高HPは削りきれない。

そのため、コスト190ならS駒5枚、A駒7枚、B駒4枚のバランスがベストだろう。

リンクスキル持ちに注意

おすすめでも紹介した「フィローギス」や「灯凛」のように、特定の属性のデッキに染めていないと発動できないリンクスキルを持っている駒が増えてきている。

B駒とはいえ、スキル・コンボスキルは無駄にできないので、発動条件を確認してからデッキに編成しよう。

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse