逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 「決戦!ロックドラゴン」中級攻略速報

  • 2016年10月05日

10月5日(水)12:00より「決戦!ロックドラゴン」が開催されている。通常クエストと同様にそこまで難しい難易度ではないが、石竜像のバフが生きている間のコンボスキルは強力なので、油断せずに攻略していこう。

決戦イベント「ロックドラゴン」に挑戦

10月5日(水)12:00より「決戦!ロックドラゴン」が開催されている。

決戦イベントでは初のB駒キャラの登場ということで、こちらも決められた時間帯ごとに開催されるので、以下のスケジュールを参考に挑戦しておこう。

「決戦!ロックドラゴン」のスケジュール

  • 10月5日(水)12:00~10月6日(木)11:59
  • 10月8日(土)12:00~10月9日(日)11:59
  • 10月11日(火)12:00~10月12日(水)11:59

ロックドラゴンは、相手のリーダーが魔駒のときに発動するスキル持ち。

自身の通常攻撃を1.5倍にするといった性能を持っているため、竜属性のリーダーには欠かせないレジェと組み合わせることで、1372のダメージを確実に与えることが可能だ。

【中級】 岩竜に挑戦

威風の石竜像はターン性の「バフ」

以前の決戦イベント「カマエレオーン」で登場した石竜像は、こちらの罠スキルをランダムで5つ無効にしてくる性能だったが、今回は竜属性らしいバフ効果となっている。

※石竜像にコンボスキルはない

相手の主要キャラクター

相手が使用してくるのは、B駒をメインとした竜属性デッキだ。

序盤はソゥヴォドゥルやヴィーヴルなどで盤面にコンボスキルのルートを作ったあと、中盤からは強力なA駒を出してくるので、同じように火力の高い竜同士なら早めにケリをつけれる。

確認できた相手の駒は以下のとおり。

  • [刃尾竜]ガルア
  • [竜衛]ドラゴナイト
  • 赤竜・玉王
  • ソゥヴォドゥル
  • ヴィーヴル
  • ドラゴニュート・エリン
  • ワイバーン

攻略デッキ

挑戦の際に使用したデッキは、防御やデバフを多めに編成した160コストの神属性デッキだ。

守り役ばかりだと長引いてしまうので、組める人はアルンや景光といった火力を出しやすいキャラクターを編成すると、より周回スピードもはやくなるのでおすすめしたい。

神属性では遅く感じる人向けのデッキがこちら。バトル2には竜強化マスも用意されているため、うまく扱うことで各フロアを2ターンで突破していけるだろう

ステージ情報と攻略のポイント

バトル1

相手のHPは7,044と、低コストの駒を主体にしているためかなり低い。左上の角マスがない状態の盤面であり、開始か3ターンの間は像の効果によって、相手の通常攻撃が1.2倍になっている。

バトル1の駒の順番

  1. ワイバーン
  2. ソゥヴォドゥル
  3. ガルア
  4. ドラゴニュート・エリン
  5. ドラゴナイト

※ 順番は周回して多かったパターンを記載。

ワイバーンはC駒なので放置していても問題ないが、あとから出してくる駒のなかにはガルアやドラゴナイトなどがいるため、下手にコンボスキルを決められたくない。

筆者のようなコストが155~160帯のデッキで攻略する人は、防御系のスキルを活かしながら相手に駒を取らせていくことで、中盤からの攻めが楽になるので参考にしてみてほしい。

バトル2

バトル2でもHPにそこまで変化はないのだが、盤面に特殊マスが配置された状態に。石竜像のバフも1.2倍から1.3倍に性能が上がっている。

バトル2の駒の順番

  1. サマー・ナイスガイ・ワンダー
  2. ヴィーヴル
  3. ドラゴニュート・エリン(もしくは玉王)
  4. ガルア
  5. ドラゴニュート・エリン

※ 順番は周回して多かったパターンを記載。

バトル1では出してこなった玉王を使ってくるため、神駒をリーダーにしていると大ダメージを受けてしまう。

初手で必ず配置してくるサマー・ナイスガイ・ワンダーは、竜強化マスを生成するスキル持ちなので、先に自分の駒を置きつつ、相手が有利になる状況を作らせないようにしていこう。

普段の決戦イベントよりもクリアしやすいため、本作を始めたばかりの人でもクリアできるのはうれしいポイントなはず。

ただし、ドロップ率はやや低いため、上記のスケジュールを参考に開催される時間帯を逃さないようにしよう!

参考動画


(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse