#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: アダム=ユーリエフ使いになるためのテクニックまとめ【10/13更新】

  • 2017年10月13日

『#コンパス』で【近】カードとの相性が良く、超遠距離攻撃まで持ち合わせたアタッカー「アダム=ユーリエフ」。水属性の攻撃力が上がるという、まといのような面白いアビリティも持っている。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

10月12日のバランス調整内容

  • ヒーローアクション使用後のスキが約0.3秒増加
  • 移動速度が約3%ダウン
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介

アダム=ユーリエフの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.30(7位)
  • 防御倍率:0.85(11位)
  • 体力倍率:1.00(6位)
  • 移動速度12位(リュウより少しだけ速いスピード)
  • 得意カード:【近】、水属性

※アタリからアダムまでの21ヒーロー中の順位
※10月12日のバランス調整の対象となった項目を太字、下方修正された数値を青字で表示

ヒーローアクション(長押し):氷剣タメ攻撃/リオート・メーチ

地面から氷柱を突き出し、攻撃範囲内に捉えた敵を打ち上げるヒーローアクション(以下、HA)。

チャージ中に左右のスライドで方向転換でき、タメの長さによって攻撃距離が伸びていく(最大チャージで自動発動する)。

HAの最大射程は、「でらクランクストリート」のB(D)地点の柱からC地点の柱の裏側を狙えるほど(約14.5マスぶん)。距離があるほど着弾までに時間がかかるまといとは違い、距離に関係なくすぐに攻撃できるのが特徴だ

ヒット時のダメージは、通常攻撃の約1.8倍(属性影響なし)。ヒットのさせ方によって、相手を打ち上げる方向を調整することもできる。

距離によっては、この攻撃だけで相手をハメることも可能。しかし、チャージ中は無防備かつマップが見えない状態になるので、他の敵の攻撃などには気をつけよう。

少々コツはいるが、射程距離内なら高低差関係なくどこでも狙える。うまく当てれば、「グレートウォール」の2階にいる相手を一撃で1階に落とすことも可能だ

10月12日のバランス調整で、HA後の硬直時間が約0.3秒増加。

HAからのカードコンボや、打ち上げ続けることは難しくなっている。急に間合いを詰められたときにも対応しづらくなっているので、今まで以上に周囲の状況をつかみながら使っていきたい。

ヒーロースキル:アイシクルコフィン

前方の遠距離広範囲にいる敵を、ガードを貫通して約6秒間凍結させるヒーロースキル(以下、HS)。

その強力さゆえ、たまるスピードが遅く横幅も狭めだが、縦幅は「ちゅら島リゾート」のA地点の柱からE地点の柱手前まで届いてしまうほど長い。

横幅は、リュウより少し広い程度。HA同様に、グレートウォールの2階をはじめとする段差上まで狙える点では忠臣と似ている

他のステージでいうと、「ケルパーズの散歩道」のB地点の柱からE地点の柱までギリギリ届くか届かないかぐらいの射程距離。最終盤の裏取り対処にも役立ってくれるはずだ

凍結中は、行動停止状態となるだけでなく、その間に攻撃すると即死級のダメージが入るようにもなる。

味方と連携できれば、敵の全滅まで狙える一発逆転の可能性を秘めた大技だ。

もちろん、凍結状態中のダメージもガード貫通する。相手が凍る直前に使おうとしたカードはキャンセルされず、凍結解除後に時間が動き始めたかのように発動する

凍結は状態異常のため、ミクのHSとは非常に相性が悪い点に注意。HS発動中のミクには、凍結状態が一瞬で解除されるだけでなく、ミクの周囲にいる相手も凍結から復帰してしまう

アビリティ:王宮氷術 レド=フィンブル

水属性の通常攻撃とカードスキルに、1.2倍の倍率ボーナスがつくアビリティ。

相手の属性に関わらず、水属性の攻撃であれば常に弱点ヒットと同様のダメージを叩き出せ、火属性の相手なら1.44倍のダメージを与えられる。

低ステータスのデッキで検証したためその差は少なくも見えるが、高ステータスになるほどその恩恵は大きくなる

他のアビリティ同様、【貫】カードには倍率ボーナスが乗らないので注意。代表格でいうと「オールレンジアタック(オレンジ)」はアビリティの適用外だ

主な水属性攻撃カードのダメージ倍率

カード名攻撃タイプダメージ倍率(倍率×ヒット数)アビリティ効果適用後
学園の王者 生徒会執行部約0.9×10約1.08×10
対消滅ロングレンジライフルHum-Buster約0.9×5約1.08×5
反導砲 カノーネ・ファイエル(成功時)破&近約4.0×1約4.8×1
【ライディーン】シン約3.8×1約4.56×1
連合宇宙軍 サテライトキャノン約3.2×1約3.84×1
狂愛の次女 ヴァルヴァラ奪&周約3.2×1約3.84×1
楽団員 サンバール約3.0×1約3.6×1
死献薬 シュタルク・トート(成功時)破&近約2.5×1約3.0×1
恒星間転送装置 Tele-Pass敵&移約2.0×1約2.4×1
オールレンジアタック&周約2.0×1約2.0×1
【拳を極めし者】豪鬼&連約0.4×10約0.4×10

【連】カードだけ若干の物足りなさを感じるものの、アダムは基本的にどの攻撃カードも卒なく使いこなせる。【近】カードの出の早さは忠臣と並ぶほどで、特に相性がいい

基本的な立ち回り方

アタッカーでありながら、優秀な飛び道具も持ち合わせるアダム。

実装したてでまだまだ確立されてはいないが、基本的にはアタッカーのベーシックな立ち回りで戦える印象だ。

10月12日のバランス調整で、若干だが移動速度が落ちている。以前より、前線やエリアのカバーに入るタイミングを早めるように意識しよう

序盤:最前線を意識しつつ2番目のポータルへ

アダムはスプリンターを除くとかなり移動スピードが速いため、開幕はスタート地点から2番目のB(D)地点に向かうケースが大半。

拠点制圧前から最前線の展開をよく見て、すぐに援護に向かうことも考えておこう。

状況によっては、制圧前に援護に向かうべき場面もある。味方が1vs2になるような状態は絶対に作らないようにし、1vs1でも制圧しやすいようにHAなどで相手をけん制していけるといいだろう

非常に強力なHSだが、発動までにはそれ相応の時間がかかる。序盤から計画的にゲージだめしておけるとベストだ。

中~終盤:一定の距離を取りながらスキを狙いキルを量産しよう

アタッカーはキルを取って貢献していくロール。

交戦中に相手を削り切れそうなタイミングを狙い、一気に間合いをつめて得意の状況に持っていこう。

たとえば、【破】カードや【貫】カードを持っていれば、ガードを展開して油断した相手が狙い目。すばやい足で近づき、大ダメージを与えよう

【周】カードがあれば、拠点を防衛しながら使うだけで相手を巻き込みやすい。相手を倒せずとも【近】カードを当てるだけで、数的不利を一時的にやり過ごすこともできる

バトルの最終盤で使うHSは、状況の有利不利によらず強力だ。

ただし、アダムがオーラを纏っているだけで警戒されやすいので、相手のHSに対するカウンター発動や、ほかの味方に釘付けになっているスキを狙って、できるだけ多くの敵を巻き込もう。

もちろん、勝敗を決する拠点をキープすることはそれ以上に重要。むだに突っ込んでやられて、最前線を不利な状態にしないように心がけたい。

HAの使いどころをつかもう!頼りすぎに要注意

うまく扱えるようになると、拠点防衛や状況打開など、さまざまな場面で役立つHA。

各ステージで、どこからならC地点を捉えられるかを確認したり、攻撃範囲が見えない段差上などでも、きっちり当てられるようにしたりと、アダムの持ち味をしっかり活かせるようになろう。

タイマン時に限るが、ダウンや打ち上げできるカードスキルと組み合わせれば、さまざまなコンボも繰り出せる

とはいえ、HAばかりに夢中になって、拠点が取られてしまっては本末転倒。

ピンチ時はすばやくエリア内に入って制圧を妨害するなどして、守れるはずの拠点を無防備に明け渡すようなことがないように心がけたい。

また、味方が攻め込もうとしているのに、ずっと後方でHAを使うだけでは拠点の奪取も難しくなってしまう。

デッキにもよるが、前線に出てキルを狙っていくほうが、何倍もチームに貢献できるはずだ。

敵だけでなく、味方の動向もつかむようにしよう。うまく協力できれば、おのずと勝利もつかみやすくなってくる

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 【近】血塗れチェーンソウ(前方に水属性の小ダメージ攻撃)
  • 【近】祭りのお供!手持ち花火(前方に火属性の小ダメージ攻撃)
  • 【防】警備ロボ Guardoll-4711(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 【強】ドリーム☆ミーティア(25秒間 自分の移動速度を中アップ)

回復手段を切った強気な構成。もともと速い移動速度をさらに高めて、【近】カードと通常攻撃で次々に敵をなぎ倒していくことを狙ったデッキだ。

水属性の血塗れチェーンソウはアビリティ効果が適用され、手持ち花火やドリーム☆ステッキよりもダメージが大きくなりやすい。

アダムと相性がいいカードは序盤から急激に増えていくので、どんどん入れ替えて試してみよう。

ランクF~Eだけでも、カードがそろうまでに役立つ「楽団員 サンバール」、アタッカー御用達の回復カード「聖女の守り手 黒猫リリィ」、上位ランクでも人気の「対消滅ロングレンジライフル Hum-Buster」が入手可能になる。どれも手に入れたら即デッキ入りさせたいカードだ

迷ったときのカードの選び方

メインとなる攻撃カードで迷ったら、出の早い【近】カードを入れるのが無難。

また、似たような性能のカードに迷ったら、攻撃値が高いほうを選択するようにしたい。

攻撃値が高まれば、優秀な通常攻撃も大きなダメージソースにできる。

持ち味を活かせる水属性カードは、絶対に1枚はデッキ入りさせておこう。

アビリティに属性変更などのテクニックを合わせれば、通常攻撃もかなりの威力にできる。攻撃カードでなくてもいいので、水属性のカードは最優先で組み込むべきだ

上位ランカーデッキ紹介

前回の調整から約1週間ということで、デッキの傾向はそのまま。

実装から少し経ち、カノーネなどの水属性攻撃カードに並んで「ドリーム☆マジカルスクエア」の採用率が上がっている。

水属性特化型

アダムのアビリティを最大限に活かせる、水属性の攻撃カードを主体にしたデッキ。

なかでも、カノーネ、サテライトキャノンの使用率の高さが目立つ。

【防】カードでは、耐久力の低さを補いつつ高い攻撃力を確保できる「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」の採用がほとんど。

回復カードには、持続回復よりも瞬時に大回復できるリリィや、「魂を司る聖天使 ガブリエル」が人気だ。

若干減少気味ではあるが、オールレンジアタックもまだまだ見かけられる。高い攻撃力を確保できるが、冒頭でも紹介したとおり、アビリティの効果は受けられないので注意

フルカノ(シンカノ)型

【近】カードの出の早さを活かしたデッキ。

同じデッキが大流行している忠臣と比較すると、「機航師弾 フルーク・ツォイク」はアビリティ適用外で、カノーネもクールダウンが短縮できない(ダメージ倍率は同じ)という点では劣ってしまう。

とはいえ、忠臣より速い移動スピードを持ち、特徴的なHAやHSが使えるという点で差別化はできる。

また、現在は入手不可能となっているが、フルークを「【ライディーン】シン」に入れ替えられると、より瞬間的な火力を発揮しやすくなる。

人気水属性攻撃カードのステータス(レベル20時)

カード名タイプ攻撃防御体力
反導砲 カノーネ・ファイエル破&近12853853
対消滅ロングレンジライフルHum-Buster10965873
連合宇宙軍 サテライトキャノン93461,419
【ライディーン】シン90451,369
死献薬 シュタルク・トート破&近70441,049
オールレンジアタック貫&周131441,092

※オールレンジアタックはアビリティによる倍率ボーナスを受けない

マジカノ型

フルカノ型とほぼ同数の使用者が確認できた、人気沸騰中の構成。

マリアの影に隠れているが、アダムも通常攻撃が早く、水属性で攻撃するだけで倍率ボーナスがかかるため、マジスクさえかければ殴り勝てる場面が多い。

カノーネを同時搭載することで、マジスク対処にガード展開したところまで狙えるようになり、かなり使いやすい。

マジスクは、攻撃値が高いのも特筆すべきポイントだ

加速型

特長のひとつともなっているスピードを、移動強化カードでさらに高めたデッキ。復帰能力が高まり、通常攻撃での追撃もしやすくなる。

カノーネとセットで組み込まれることが多く、通常攻撃をメインに立ち回り、ガードを展開してきたところをカノーネではがしながら、キルまで持っていく。

ガード非搭載型も人気

加速型を筆頭に、【防】カードを採用せずに攻撃手段を増やしたデッキも複数見受けられた。

マリアとアダムの登場で、カノーネの採用率はさらに高まりつつあり、そういった面でも思い切ったデッキが多い印象だ。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.