#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: 春麗(チュンリー)使いになるためのテクニックまとめ【9/12更新】

  • 2017年09月12日

『#コンパス』のコラボヒーロー「春麗」は、【連】カードに特化しながらも、バランスの良いステータスをもったスプリンター。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。9月7日のアップデートで攻撃力が強化され、より強く、使いやすくなった。

9月7日のバランス調整内容

  • ステータスの攻撃倍率が1.15倍から1.20倍にアップ
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介

春麗(チュンリー)の基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.20(10位)
  • 防御倍率:0.90(9位)
  • 体力倍率:0.90(10位)
  • 移動速度:1位(スプリンターは全員ほぼ同じ速度)
  • 得意カード:【連】

※アタリから春麗までの19ヒーロー中の順位

ヒーローアクション(長押し):ダッシュ

操作エリアを長押しすることで、素早く移動できるようになる、スプリンター共通のヒーローアクション。

ダッシュ中に、敵を攻撃範囲内に収めることで繰り出せる「ダッシュアタック」は、攻撃倍率が高めな春麗の貴重なダメージソースになる。

通常攻撃の約2倍のダメージを与えられ、カードキャンセルまで狙える。属性変更も合わせてダメージを上げたり、すぐさま出の早いカードスキルに繋げたりするのも有効だ

ヒーロースキル:鳳翼扇

ガードを貫通する、非常に火力の高い連撃を繰り出すヒーロースキル。

1ヒットのダメージは、現在の攻撃力の約4倍(※)。

相手の防御力に関係なくダメージを与えられるため、どのヒーローでも3ヒットは耐えられないほどの超強力な大技となっている。

※レベルアップによる攻撃力上昇はダメージに影響するが、「ひめたる力の覚醒」などによる攻撃強化は影響しなかった

攻撃範囲は【連】カードより横に狭く、縦に広い程度

HS発動から初撃のダメージまでは2秒ほどと短いので、相手に回避されづらいのが長所。相手のHS無敵時間の終わり際を狙えば、ほぼ確殺できる

アビリティ:さあ行くわよ!

【連】カードの威力を約1.2倍、クールダウン時間を約20%早めるアビリティ。

【連】カードは、出も早く相性バツグンなので、春麗を使うなら1枚は入れておきたい。

全弾ヒットを狙えるスキを見極めて、一気にキルまで持っていこう。スタンや「ドリーム☆マジカルスクエア」などで、無理やりスキを作るのも有効だ

貫通連撃はダメージアップしない!

コラボカードとしても入手できる【貫】&【連】カードは、アビリティ効果でクールダウン時間は短縮されるものの、約1.2倍の攻撃力アップ効果は受けられない点に注意。

ただ、出が早く回転率がいいのは確かなので、採用するのはじゅうぶんアリだ。

コラボカードで【貫】&【連】なのが「【拳を極めし者】豪鬼」と「M.バイソン」。元々のダメージ倍率も通常の【連】より低いが、堅い敵やガード越しでも安定したダメージを与えられるのが魅力だ

主な【連】カードのダメージ倍率

カード名ダメージ倍率(倍×ヒット)アビリティ効果適用後
【ラッシュ&ブレイズ】ケン約0.9×10約1.08×10
学園の王者 生徒会執行部約0.9×10約1.08×10
【アニモエスティンギ】ラムレザル約0.9×10約1.08×10
【拳を極めし者】豪鬼約0.4×10約0.4×10
とある家庭用メカの反乱約0.4×10約0.4×10
M.バイソン約0.3×10約0.3×10

基本的な立ち回り方

春麗の持ち味は、スプリンターの中でも高い攻撃倍率と相性のいい【連】カードによる大ダメージで、キルを狙いながら拠点防衛ができること。

既存のヒーローでいうと、コクリコや移動速度アップしたアタッカーのイメージで立ち回ると活躍しやすい印象だ。

9月7日のアップデートで攻撃力が強化され、よりアタッカー的な役割もこなしやすくなっている。

とはいえ、主力となる【連】カードの性質上、どうしても乱戦が苦手になりがち。

うまく1対1の状況を作り出して、相手を倒しながら勝利を目指そう。

基本:C地点を奪取!駆け引きに打ち勝ってキルまでできると◎

序盤は、持ち前のスピードを活かして最前線となるC地点の制圧に向かうのがメジャー。

デッキ構成にもよるが、はがし性能が低くなりやすいヒーローなので、相手のキルを狙いながら拠点制圧&防衛していくのがおすすめとなる。

あえて相手にC地点を制圧させるか、自身が取ったところに近づいてきたところを【連】カードで仕留めよう。

対面する相手にもよるが、コクリコと違ってある程度の耐久力はあるので、ガードを展開して先に制圧したほうが先取しやすく感じた。このとき属性は、【破】カードによる即死警戒のために、火属性以外にしておくといいだろう

【連】カードだらけだと、思うようにC地点を先取できない……という場合は、【近】カードや【止】カードを入れるのもアリ。【近】カードは意表をつきやすく、【止】カードは【連】カードのスキをつくることができる

中盤以降も、前線のキープを最優先に、裏取りなどにも率先して対処していこう。

基本2:むだな死は最小限に!追撃を受けないように連撃

全弾ヒットさせれば、全攻撃カードでも最大級のダメージを叩き出せる【連】カード。単純な1対1では、カードを先に出すだけで、打ち勝てることも少なくない。

一度【連】モーションに入ってしまえば、スタンをくらわない限りは吹き飛ばされることなく連撃できる。”やられる前にやる”ことができれば、どんどんキルを積み重ねていける

しかし、連撃中は回避することができない。発動から約4秒間は、ほぼ行動不能となってしまうのだ。

そのため、むやみに【連】カードを使うと思わぬスキが生まれ、格好のマトとなってしまう危険性があることを肝に銘じておいてほしい。

発動時は、周りの状況をよく見るクセをつけよう。連撃範囲外にガンナーやソル、リュウなどの【遠】カードもちがいた場合、ほぼ死が確定してしまう

たとえ、自分のデスと引き換えに相手を1体キルできても、前線にほかの敵が残ってしまうと、形勢的には不利になる。

無理にキルを狙おうとするのではなく、決定的な場面にフォーカスして【連】カードを使い、前線を守りながらキルできるのがベストとなるだろう。

HSカウンター!相手の反撃の芽を摘もう

春麗のHS発動には、拡張中のエリア内で約20秒と、スプリンターとしては長いタメ時間が必要になる。

スプリンターの役割をこなしながらだと、なかなかためることは難しいが、そのぶん非常に強力。

後出し発動で多くのヒーローのHSを阻止できるので、状況によっては、ためながら体勢を整えるのもアリだ。

HSの初撃ヒットは、発動から約2秒後。相手が無敵時間に入る前に発動して、倒してしまおう

もちろん、拠点ピンチ時にも有効。範囲内の敵はHS発動以外ではやり過ごせないため、タイミングを見計らえば、回避不能だ

HS発動のおすすめタイミング例

  • ソルなどのHS無敵時間終了時
  • C地点などに敵が複数張り付いているとき

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 【近】血塗れチェーンソウ(前方に水属性の小ダメージ攻撃)
  • 【近】祭りのお供!手持ち花火(前方に火属性の小ダメージ攻撃)
  • 【防】警備ロボ Guardoll-4711(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 【帰】&【移】連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

スプリンターの基本となるデッキ構成。チェーンソウや手持ち花火をガード展開していない敵に当てて、拠点から遠ざけたところを奪取しよう。

春麗を手に入れるまでに回したカードガチャで、SR以上のカードやコラボ【連】カードがゲットできていれば、優先的に搭載していこう。

【連】カードは攻撃カードのなかでも、かなりクセがある。独特の使用タイミングや硬直などに早く慣れていこう。コラボ以外の【連】カードは、ランクD到達以降、徐々に開放されていく

迷ったときのカードの選び方

全体的にバランスのいいステータス倍率を持つ春麗は、使うカードの性能を、ほとんどそのまま引き出してくれる。

とはいえ、【連】カードを使わなければ、春麗を使う意味も薄くなってしまうので、とりあえず一枚は強力な【連】カードを組み込んでおきたいところ。

あとは、キル性能を伸ばすための「攻撃力」か強烈な一撃を耐えるための「体力」を最優先に、デッキを構築していこう。

上位ランカーデッキ紹介

春麗の実装から1ヶ月半ほどが経ち、形としてはまとまってきた感がある。

【防】カードと【癒】カード1枚ずつに、アビリティを活かせる【連】カードと乱戦用の【周】カードで構築するのが基本形だ。

アップデートで攻撃力が上がったので、貫通攻撃の威力もアップ。キル数が稼ぎやすくなっている。

基本はこのような形に。【癒】カードは持続型の「祭りの真打ち!打ち上げ花火」でも可

火力重視型

『ギルティギア』コラボで入手できた「ギアメーカー」は、【癒】カードの中では攻撃ステータスが高く、火力を重視したい場合はうってつけ。

スプリンターの役割をこなしつつキル数も稼ぎたい場合は、こういったハイブリッドデッキもアリ。ダッシュ攻撃をうまく使っていこう。

春麗に選ばれやすいカード

  • 【連】:学園の王者 生徒会執行部
  • 【弱】:ドリーム☆マジカルスクエア
  • 【貫】&【連】:とある家庭用メカの反乱
  • 【連】:【ラッシュ&ブレイズ】ケン
  • 【貫】&【連】:【拳を極めし者】豪鬼

スタン搭載型

攻撃用カードの部分に「電撃ロボ Eledoll-1 15」(エレドール)を入れたデッキ。

周囲スタンカードは、多少拠点を奪いやすくなるだけでなく、うまく当てれば【連】カードをフルヒットさせるチャンスを生み出せる。

エレドールは少し出の遅さが気になるものの、複数人巻き込めるのと、なによりバツグンに入手しやすいのがポイントだ。

持っている人は、「【号令する歌姫】初音 ミク(コラボ限定)」を使ってもOK。

マジスク&生徒会型

実装当時に人気だった「ドリーム☆マジカルスクエア」(マジスク)と「学園の王者 生徒会執行部」(生徒会)を組み合わせたデッキ。まだまだ現役で使っていける。

使い方としては、マジスクで無理やり動きを止めたところを、生徒会やHSで一気にキルまで持っていく。

マジスクは攻撃値、生徒会は体力値が高いこともあり、春麗の特徴をステータス面でも活かしやすいデッキといえるだろう。

マジスクの代わりに「反導砲 カノーネ・ファイエル」を入れた、こちらの形もアリ。連撃に対応するべくガード展開したところに、強烈な一撃を加えられる

生存率重視型

攻撃用カードを1枚にして、【防】カードを増やしたスタイル。1回もキルを取られずに拠点をキープし続けるという、スプリンターならではのデッキだ。

火力にほぼ期待できないため、チームメンバーとの役割分担が非常に重要になる。敷居は高いが、スプリンターとしての腕に自信があるなら使ってみよう。

野良だと使いにくい部分があるため、固定メンバーでバトルするときにおすすめ。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.