#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: ニコラ テスラ使いになるためのテクニックまとめ【10/13更新】

  • 2017年10月13日

『#コンパス』3人目のスプリンター「ニコラ テスラ」は、【罠】カードを使うことに長けた最速ヒーローだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、HSへの対処法などをまとめて紹介していく。

10月12日のバランス調整内容

  • アビリティの【罠】カード設置時間の延長効果が約40%アップ
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. HSへの対処法

ニコラ テスラの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.15(13位)
  • 防御倍率:0.50(20位)
  • 体力倍率:1.30(3位)
  • 移動速度:1位(スプリンターのダッシュは全員ほぼ同じ速度)
  • 得意カード:【罠】カード

※アタリからアダムまでの全21ヒーロー中の順位

ヒーローアクション(長押し):ダッシュ

操作エリアを長押しすると、通常移動よりもさらに素早く移動できるヒーローアクション。

ダッシュ中に敵を攻撃範囲内に収めて指を離すと、ダッシュアタックを繰り出せる。

ダッシュアタックはカードキャンセルを狙え、通常攻撃の2.0倍のダメージを与えられるので、メインのダメージソースにもなる

ヒーロースキル:テスラコイル レッツゴー!

ヒーロースキル(以下、HS)発動で、自身の目の前にテスラコイルを1機設置する。

1回目のHS発動時には、マルコスの1段階、2段階のHSと同じようにカットインが入らない。無敵時間は約2秒と、かなり短めだ

2回目以降のHSで2機目のテスラコイルを設置すると、2つのコイルを結ぶ直線上に進入不可障壁を約9秒間展開できる。

2回目以降のHSの無敵時間は、6.7秒ほど。障壁を展開し終えると、古い方のコイルは消滅する。3回目のHSでは、2回目に置いたコイルとの間に障壁を作り出す

コイル間の距離などに制限はなく、マップ上のどこにでも設置できる。

さらに、上への範囲も広く、グレートウォールの1階同士を結んで作った障壁で、2階を通ろうとしたヒーローをキルできることも。

障壁に触れたヒーローには、即死級のダメージを与えられる。時間稼ぎや拠点キープに有効なHSだ

アビリティ:やーい ひっかかったー

【罠】カードの発動時間を短縮し、設置したあとの効果時間まで延長できるアビリティ。

【罠】カードの発動時間はいずれも「長」となっているが、テスラが使えば「無」のカードと同等に扱える。

ほかのヒーローだと発動時間が「長」になっている【罠】カードだが、テスラだけはほぼノーモーションで設置可能。カードコンボの起点にもでき、続けて攻撃カードなどを使用すると、スキなく発動できる

※忠臣やルチアーノ、春麗のようにクールダウン時間は短縮されない

【罠】カードとアビリティ効果

カード名本来の設置時間(秒)アビリティ効果適用後(秒)
呪詛包帯、ドラゴン花火など20約28
モノリス Hum-Unknown8約11

※カスタムバトルとトレーニングステージで測定
※20秒間罠は液体金属ロボと呪詛包帯でダメージ、アイコンの表示開始から消滅まで、モノリスは設置後のエリア拡張開始から停止までを測定した

10月12日のバランス調整で、アビリティによる罠の効果時間の延長効果が約40%アップ。モノリスは約1秒、それ以外の【罠】は約2秒ほど、さらに長く設置できるようになった。

かなり使いやすくなっているが、以前に比べて【罠】カードの範囲が狭まったことは変わらない。しっかりと狙いを持って、設置場所を決めるようにしたい。

8月末のカードバランス調整で、【罠】カードの効果範囲は2/3に縮小している(7.5m→5.0m)。また、呪詛包帯とアレクサンドラはクールダウン時間も増加した

基本的な立ち回り方

テスラは、最速の足とすばやく長く展開できる罠が特徴のスプリンター。

体力は非常に高いが、防御倍率は全ヒーローで最も低く、ルチアーノの通常攻撃のような連続攻撃には弱い。

すばやい足と罠を活かして、拠点キープをメインに立ち回っていこう。

基本:足を活かして最前線制圧!序盤の有利こそが勝利のカギ

他のスプリンターと同じくC地点を制圧して、序盤から3-2の状態を作って勝利を目指す立ち回り。

テスラは、罠を主体としたデッキ構成となりやすいため、どうしても単独での拠点の奪い返しが難しくなりがち。

たとえば、入手しやすく採用率も高い「呪詛包帯」を入れて、定番の【防】、【癒】カードを積むとなると、残すは1枠。包帯にはカード単体で取り返す力がないので、自信がなければ敵を拠点から引きはがせるカードを入れよう

そのため、いかに開幕で有利な状況を作り出せるかが、そのまま勝敗につながりやすい。

デッキを考えるときは、開幕での争いに打ち勝てるよう、カードを選び抜いていきたい。

開幕C地点の確保手段の例

  • 妨害【罠】+【近】カードなどで、相手を引きはがして拠点制圧&奪取
  • ダメージ【罠】+攻撃カードなどで、相手をキルして拠点制圧&奪取

入手難度は高いが「忘愛の長女 アレクサンドラ」があれば、キルしながらの制圧&奪取がグッとしやすくなる。開幕以外でも非常に役に立つ、超優秀な【罠】カードだ

「どこにでもいけるドア」を使い、C地点や相手側のポータルを取ってしまう作戦も有効だ

基本2:罠をフル活用して最前線をキープ

テスラが持つ拠点制圧後の安定感は、他のスプリンター以上。罠やガードをうまく使い、奪取されやすいC地点のキープを最優先に、スキルゲージもためていけるとベストだ。

また、裏取りへの対処もしやすいヒーローなので、ミニマップをよく見て他のポータルにも目を光らせておきたい。

起死回生の裏取りも

序盤からどんなに順調でも、相手のHSによる一撃などで、劣勢に陥ってしまうことも少なくない。

C地点が時間内に奪えそうにない場合は、思い切って裏取りを狙ってみるのも手だ。

このとき、罠を設置しながら狙うと、時間稼ぎがしやすく拠点も奪いやすい。

ただ、拠点防衛を味方に丸投げすることになるので、状況をよく考えてから行動に移すようにしたい。

特殊:【連】&【遠】&ダッシュでキル!足が速く耐久もできるアタッカー!?

ベーシックなスプリンターらしい立ち回りとは別に、わりと高めな攻撃倍率を活かしたキル狙いの立ち回りができるのもテスラの特徴。

攻撃カードの中だと【連】、【遠】カードと相性がいいので、これらのカードを主体にデッキを組んでみよう。

得意の【罠】カードと組み合わせると、攻撃カードを活かしやすくなる。常に移動強化されたアタッカーのようなイメージで立ち回っていこう

攻撃倍率が高い! といっても、無強化のマルコスやリリカ、マリアと同じ数字で、アタッカー、ガンナーの中では低倍率となる。

これらのヒーローは通常攻撃が優秀だが、テスラの通常攻撃は遅く、射程が長いというわけでもない。

どうしても通常攻撃の火力では劣りがちなので、スプリンターならではのスピードとダッシュ攻撃、カードスキルを武器にチームに貢献していこう。

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 血塗れチェーンソウ(前方に水属性小ダメージ攻撃)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

とにかく拠点をキープすることを意識したデッキ。ミーティアを使えば、驚異的なスピードでマップを駆け回れる。

足が速いほどカードスキルを避けやすくなるので、相手のカードの回避に低ランクのうちから慣れていこう。

また、テスラだと出が早い【遠】カードがランクE、相性バツグンの【罠】カードがランクCからそれぞれ追加されていく。

どんどんカードを入れ替えて、テスラらしいデッキに仕上げていこう。

迷ったときのカードの選び方

同タイプのカードなら、ステータスが伸びやすい攻撃か体力の数値が高いカードを選ぶようにしよう。

どんなに攻撃力が低くても、HSは即死級の威力となるので、キル狙いの運用をしないのであれば、体力値だけを気にしておけばOKだ。

【罠】カードは体力値の高いものが多いので、迷ったときは【罠】カードを組み込めば、それだけでテスラの長所を活かせる

上位ランカーデッキ紹介

シーズン開始&バランス調整直後、ランクS3以上のテスラ使いのデッキを調査。

デッキの構成自体は、バランス調整前後でそこまで変化がない模様。テスラのアビリティを存分に活かせる、【罠】カードを軸にしたデッキが定番となっている。

【防】カード非搭載型

高い体力で、持続回復カードを発動しておけば、かなりの耐久力を発揮できるテスラ。思い切って【防】カードを搭載せずに、【罠】カードと攻撃カードに3枠使ったデッキが人気だ。

搭載する攻撃カードや【罠】カードは、多種多様な組み合わせがある。

回復枠にも、持続回復カードではなく、高い攻撃値を確保できる「聖女の守り手 黒猫リリィ」などが採用されることもある。

【防】カードを外すことでリスクも上がるが、デッキ構成の自由度は大幅に増す。

他のスプリンターと比べると出は遅めだが、【近】カードを積んだデッキも多い。特に、【罠】と相性がいい「反導砲 カノーネ・ファイエル」の人気が高い

バランス型

攻撃カードと【罠】カードを合計2枚に、【防】カードと【癒】カードを組み込んだ、バランスのよいデッキ構成。拠点防衛力の高さが持ち味だ。

どうしても、個としての打開力は控え目になってしまうので、味方とうまく連携して勝利を目指していこう。

ドア型

キーカード

  • 【鍵】&【移】:どこにでもいけるドア(ランクC到達で開放)
  • 【弱】&【罠】:呪詛包帯(ランクS1到達で開放)

バトル序盤を有利に展開しやすくなる、ドアを搭載したデッキ構成。

タンクと比べると耐久力に不安が残りそうだが、自慢の足と【罠】カードを組み合わせれば、思った以上に拠点はキープしやすい。

エリア内で守るというよりは、射程外から相手をけん制しながら防衛していくことを意識しよう。

【罠】非搭載型

キーカード

  • 【遠】カード(ランクE到達から徐々に解放)
  • 【連】カード(ランクD到達から徐々に解放)

通称「キルテスラ」と呼ばれる、攻撃に重きを置いたデッキ構成。

テスラは【罠】デッキのイメージが強いため、相手の虚をつきやすいというメリットが第一にある。

個としての打開力も高いので、ある程度高いデッキレベルで運用できるのであれば、さまざまなプレイヤーが入り混じるシーズン序盤は特に活躍しやすいはずだ。

テスラに選ばれやすいカードの攻撃値と体力値(レベル20時)

カード名攻撃タイプ攻撃値体力値
学園の王者 生徒会執行部1091,310
祭りの目玉!ドラゴン花火爆&罠831,250
呪詛包帯弱&罠811,218
名門サッカー部 イナズマシュート119991
とある家庭用メカの反乱貫&連95979
忘愛の長女 アレクサンドラ止&罠145949
祭り行列!山車燈籠引&遠76944
対消滅ロングレンジライフルHum-Buster109873
反導砲 カノーネ・ファイエル破&近128853
聖女の後衛 銃士レオン貫&遠126823

HSへの対処法

進入不可の障壁だが、飛び越える方法はいくつかある。

壁を通過するのではなく、ワープして移動することで、逆側へと飛べるのだ。

  • 瞬間移動系カード(ドア、テレパス)
  • マルコスのヒーローアクション(枝投げ)
  • ステルス迷彩、ノホタンのヒーローアクション(※スタート地点側に戻ることのみ可能)

なお、被ダメージを100%カットする「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」や「楽団姫 ディーバ」を使えば、障壁に触れることはできる(1ダメージ)が、通り抜けはできない。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.c