#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: 桜華忠臣使いになるためのテクニックまとめ【8/28更新】

  • 2017年08月28日

『#コンパス』のアタッカーの中でも耐久力が高く、近距離攻撃スキルカードとの相性が良い「桜華忠臣」。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、HSへの対処法などをまとめて紹介していく。

8月21日のバランス調整内容

  • ステータスの体力倍率が1.15倍から1.10倍にダウン
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. HSへの対処法

桜華忠臣の基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.30(7位)
  • 防御倍率:0.80(11位)
  • 体力倍率:1.10(5位)
  • 移動速度:15位(ヴィオレッタとだいたい同じ速度)
  • 得意カード:【近】

※アタリから春麗までの19ヒーロー中の順位
※8月21日のバランス調整で下方修正された項目を青色で表示

ヒーローアクション(長押し):突進タメ攻撃

タメ時間が長いのが難点だが、射程距離が長く、通常よりも速く移動できる高性能なタメ攻撃。

ほとんどのマップにおいて、タメ攻撃1回でスタート地点からA(E)地点目前まで移動でき、短距離ならばスプリンターをも凌駕するスピードで移動できる。

タメ時間は約2秒。攻撃範囲ギリギリの攻撃以外は3ヒット以上し、相手を思い切りノックバックさせる。もちろん、カードキャンセル効果もある

ヒーロースキル:グリード拘束呪式解放

前方の超広範囲に大きな手を飛ばし、即死級の一撃を与えるヒーロースキル(以下、HS)。

その攻撃範囲は視認できないほど広く、ほぼマップの一直線上にいるすべての敵を一掃できる。

攻撃方向はアイコンを上フリックした指を離さないまま、操作エリア外で左右にスライドすることで調整できる。その間は棒立ちになるので、攻撃されないように注意しよう

新ステージの「ちゅら島リゾート」とも相性がよく、ポータルキーをなぞるように放つだけで、キルが取れなくても大きなけん制になる。

アビリティ:無眼の魔力

近距離攻撃カード発動時に約1.2倍の倍率ボーナスがつき、さらにクールダウンタイムを約20%早めるアビリティ。

【近】カードはもともとのクールダウンタイムも短めのため、カードの再使用待ちになりづらく、忠臣自身の耐久力も高いので前線で戦い続けやすい。

例えば、「操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー」だと、通常だと18秒かかるはずのクールダウンタイムが14秒ほどになった。「悪徳警官 トミー」は20.4秒、「荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん」は18.8秒まで短縮された

基本的な立ち回り

忠臣はアタッカーの中でも耐久面に優れ、突進タメ攻撃による高速移動ができるのが特長。

どちらの持ち味も活かして、他のアタッカーとはひと味違った立ち回りで勝利を目指そう。

基本1:スタートと同時に突進!高速移動でいち早く最前線へ

ステージにもよるが、突進攻撃をうまく使えばかなりのスピードで前線へと到着できる忠臣。

特にスタート地点は必ず高台になっていることもあって、開幕の突進タメ攻撃による移動距離は長くなる。

逆に、坂道ではあまり移動できないので注意。場面に応じた使い分けが必要だ

スキルゲージがたまる速度も平均以上なので、そこまで意識せずとも終盤にはヒーロースキル(以下、HS)が使えるようになる。

バトル序盤から積極的に前線へと繰り出して、ポータルキー制圧とキル量産を狙っていこう。

チーム編成にもよるが、基本的にはスタート地点から2番目のポータルであるB(D)を制圧することが多い。C地点の状況を見て援軍に向かうか、エリアを拡張しながら判断しよう

ステージの狭い「けっこいスターパーク」では、スタート地点から突進タメ攻撃1回でC地点付近まで移動できる。素早い動きでスプリンターをけん制しよう

確実にスタートダッシュを決める方法

バトル開始直後は、ほんのわずかなスピードの差が、最初のポータルキー制圧の成否に関わってくる。

実は、ヒーローの操作自体は開始前に先行して受け付けているので、開始前に操作エリアを長押ししておくと、一切のむだがなく突進タメ攻撃できる。

「~チームの皆さん、準備はよろしいですか?」という声が聞こえたら、あらかじめ操作エリアになりそうなところを指で長押しし始めておこう。指をスライドさせれば、通常移動を予約しておくこともできる

基本2:打ち上げからの突進攻撃で多段コンボ!

近距離攻撃スキルカードの中でも、敵を打ち上げるタイプのものを使用後に突進タメ攻撃すると、ほぼ確実にコンボが繋がり、相手に休む暇なくダメージを与え続けられる。

打ち上げ中に相手が使ったカードをカードキャンセルできることもあり、非常に簡単に出せる強力なコンボになるので、確実にできるようになっておきたい。

忠臣の打ち上げ攻撃は、かなりの距離を吹っ飛ばせる。突進攻撃が壁際になると、攻撃がさらに多段ヒットし、一気に相手に即死級のダメージを負わせられるはずだ

ただ、このコンボは1対1の時にこそ使える技。タメ攻撃準備中は無防備になるので、集団戦中に狙うのは基本的にNGだ。

HSは壁を貫通!予想外な角度から敵全滅を狙おう

上位ランクにもなると警戒されてほとんどキルできないが、一発逆転まで狙える強力なHSは、壁などの障害物をもろともしない。

「東西たかさん広場」や「立体交差のある景色」、「グレートウォール」では、相手が予想だにしない場所からもキルを狙えるので、さまざまな場所からHSを使ってみよう。

例えば、「東西たかさん広場」ではこの距離から壁越しにゲージをためているルチアーノを強襲できる

ランクが上がって避けられることが多くなってきたら、C地点のある通路を覆いつくすように使うのがおすすめ。

撃破できないにしろ、「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」やHSを使用しない限りは、その場から敵を一時的に離れさせることができる。C地点防衛と奪取に役立てよう。

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 祭りのお供!手持ち花火(前方に火属性小ダメージ攻撃)
  • ドリーム☆ステッキ(前方に木属性小ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

アタッカーの基本とも言えるデッキ構成。

警備ロボでダメージ軽減とふっとび対策をしながら、【近】カードと突進のコンボでキルを稼ごう。

比較的にリカバリーが早いのでステルス迷彩を採用しているが、前線をキープしながら回復できるカードのほうが向いている。

ランクE到達で開放される「聖女の守り手 黒猫リリィ」や「魂を司る聖天使 ガブリエル」が手に入ったら、すぐに入れ替えたい。

ランクD到達で、忠臣と相性のいいカードが一気に開放される。最初にカードガチャを回すならこのタイミングだろう

迷ったときのカードの選び方

忠臣は瞬間的な火力の高さとやられにくい体力倍率が持ち味。

同じようなカードで迷ったら、カードの攻撃値か体力値の高いカードを選んでいこう。

はじめから入手可能な「究極系ノーガード戦法」は、高いダメージカット率を誇るだけでなく、体力値も非常に高い。ゲットしたら序盤のデッキ入りは、ほぼ確実なカードだ

上位ランカーデッキ紹介

同じアタッカーのノホタンの強化による影響か、忠臣自体の使用率が減少している印象。

多少耐久力が落ちたものの、デッキ構成自体に大きな変化はないようだ。

フルーク&カノーネ型

敵のガード展開の有無に関わらず、超高火力の【近】カードを叩きこめるデッキ。

クールダウン時間も短いため、非常に戦いやすい。

現状の忠臣の強みを、最大限に引き出しているデッキといえるだろう。

下位互換となるカードが多くあって、初心者でもデッキ再現しやすいのも、うれしいポイント。ランクBに到達できれば、同じようなデッキをつくれる

バランス型

貫通近距離攻撃カードや【連】カードなどの攻撃系【近】カード以外の相性のいいカードを攻撃カードとして採用し、【防】カードと【癒】カードを1枚ずつ搭載したデッキ。

【貫】&【近】カードでは、アビリティ効果でクールダウンは短くなるものの、攻撃力アップ効果は受けられない点に気をつけよう。

忠臣は通常攻撃の出も早いので、「ひめたる力の覚醒」を使うのも面白い。

忠臣に選ばれやすいカード

  • 【近】:機甲師団 フルーク・ツォイク
  • 【破】&【近】:反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 【近】:【ライディーン】シン(コラボ限定)
  • 【強】:ひめたる力の覚醒

「どこでもいけるドア」でタンクのような立ち回りができるドア型や「ぶじゅつかの超速加速」などの移動強化カードを入れた加速型もみられた。これらの型は足の遅さをカバーでき、戦いやすくなるのが魅力だ

HSへの対処法

前述のとおり、忠臣のHSは当たれば強力だが、かわすことは難しくない。

HS発動のカットインを確認したら、ミニマップを頼りに忠臣の攻撃方向を確認して、その後ろや大きく横に移動してやり過ごそう。

カットインから手が飛んでくるまでの時間はおよそ6秒。どんなに離れていても、シルエットで忠臣の場所と方向は確認可能なので、交戦中でなければすぐに退避しよう

一時的にポータルキーが無防備になるかもしれないが、キルされてしまっては元も子もない。

どうしても避けきれない場合は、HS発動時の無敵状態を利用することも考えよう。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.