#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)使いになるためのテクニックまとめ【11/7更新】

  • 2017年11月07日

『#コンパス』でカードスキルの出が早く、敵チームをかく乱することに特化した「Voidoll(ボイドール)」。相手をキルするよりも妨害したい!というプレイヤーには、もってこいのスプリンターだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. 小ネタ:柱を使って時間稼ぎ!

Voidoll(ボイドール)の基本ステータス

  • 攻撃倍率:0.90(20位)
  • 防御倍率:1.40(3位)
  • 体力倍率:0.80(15位)
  • 移動速度:2位(コクリコ以外のスプリンターは全員ほぼ同じ速度)
  • カード使用速度:速い

※アタリからアダムまでの21ヒーロー中の順位

ヒーローアクション(長押し):ダッシュ

操作エリアを長押しすることで、通常移動よりすばやく動けるヒーローアクション(以下、HA)。

ボイドールの操作時は、基本的にこのダッシュをメインに使って移動することになる。

ダッシュで勢いのついた状態で、攻撃範囲に敵がいるときに指を離すと、ダッシュアタックを繰り出せる。カードキャンセルも狙え、攻撃力には2.0倍の倍率ボーナスがつく

ヒーロースキル:リブート シーケンス スタート

発動から8秒後に、効果範囲内にいる敵全員をスタート地点に強制送還するヒーロースキル(以下、HS)。

撃破しても一度だけその場で復活するようになるジャンヌのHSに強く、終盤にうまく相手を転送できればC地点を取り返すのに役立つ。

強制送還後、アタリのみアビリティの「そっこーリスタート」が発動してスピードアップするので注意。ちなみに、ジャンヌと乃保のアビリティは発動しない

アビリティ:緊急回避プログラム

ライフが50%以下になると、移動速度が約1.4倍にアップするアビリティ。

その名のとおり緊急時の逃げるときに役立ち、ライフに不安は残るが、そのまま裏取りなどを狙っても面白い。

移動速度の倍率は、トレーニングステージの端からC地点までダッシュでかかる時間から算出した。アビリティ発動時は、体感できるほどスピードアップする

基本的な立ち回り方

ボイドールは、なんといってもそのカードスキルの出の早さが特徴のヒーロー。

ライフをうまく調整すれば、アビリティによってカードなしでスピードアップできるのも、ボイドールならではの持ち味だ。

敵陣をかき回して混乱させ、チームを勝利へと導こう!

基本1:最前線を守りきれ! C地点を確保

バトル序盤は持ち前のスピードを活かして、両チームの中間にあるC地点の制圧を狙おう。

ボイドールはスキルゲージがたまりやすいうえ、そこまで強力ではないので、安全なエリアでゲージをためておく必要もあまりない。

終盤のHS回避用に使えるよう、前線が落ち着いた時に少しずつためていけるとベストだ。

開始直後、C地点は争いが激しくなる。相手のカードスキルをガード、回避して序盤の優勢をものにしよう

また、トリッキーだが、敵スタート地点付近のD(B)、E(A)のポータルキーががら空きであれば、そちらを狙ってゆさぶるのも手。

味方が駆けつけにくくはなるが、エリアの拡張面積がC地点よりも広いため、確保して広げられると、C地点より取られにくい拠点にできる。

制圧モーションのスキに注意

拠点制圧時には、どうしてもモーションが入って無防備な状態になる。

テレパス対策として、制圧前にガードを展開しておくなど、制圧モーション中にやられてしまわないように、できる限り工夫しておこう。

基本2:エリア全力キープ!裏取りに注意しつつサポート&妨害

序盤で有利な状況を作り出せたら、拠点防衛を最優先に、味方をサポートしたり相手のエリアに踏み込んでゲージためを妨害したりして、立ち回っていこう。

あえて敵拠点を制圧しようとする素振りを見せて敵チームを分断する、すばやい動きで相手のカードをムダに消費させるなど、味方が戦いやすい状況を作り出すのも手だ。

「けっこいスターパーク」などは裏取りを狙われると、スプリンターかワープ系のカードを持っていないと対処は難しい。相手のデッキや動きを観察して、すばやく対処するのも、ボイドールの役割だ

【近】カード&ダッシュアタックで強力コンボ!

ボイドールは、【近】による打ち上げが、相手を高く遠くに飛ばせる高性能なものになっている。

カード発動も速いのでカードキャンセルも狙いやすく、ダッシュアタックと組み合わせれば大ダメージを与えることも可能。

相手のノーガードのスキを狙えば、【近】カードからのコンボでキルまで持っていけることも

もちろん、ポータルキーの奪い合いになったときの時間稼ぎにも有効なので、【近】カードは最低でも1枚は入れておくことをおすすめする。

味方に任せっきりはNG! 拠点と味方のカバーを常に意識しよう

ステージを自由に駆け回って相手を引きつけていると、ついつい制圧済のポータルキーや味方の状況確認が疎かになりがち。

ミニマップをよく見て、味方やポータルキーがピンチの場合は、いち早く駆けつけて防衛やサポートに徹するのも役割だ。

見つけたら即カバーに向かいたい場面例

  • 敵がポータルキーの奪取をし始めそうなとき
  • 味方が人数的に不利な状況で交戦しているとき

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 祭りのお供!手持ち花火(前方に火属性の小ダメージ攻撃)
  • 血塗れチェーンソウ(前方に水属性の小ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

【近】カードを2枚積み、拠点防衛と奪取に特化させたデッキ。

ステルス迷彩は全回復する代わりに、前線を空けてしまうという特徴がある。

このカードに慣れると、ほかの回復カードが使いにくくなるため、「聖女の守り手 リリィ」や「楽団員 アルプ」など、回復量の多いカードを入手したら、入れ替えてみよう。

「究極系ノーガード戦法」を持っていれば、【近】カードか警備ロボと入れ替えて、より耐久力を高めよう。ダメージカット率が高いが、警備ロボより発動までにスキがある点には注意

また、ランクアップするにつれ、スタン状態にできる【止】カードや持続回復カードなど、相性のいいカードが入手できるようになっていく。

だいたいのカードを他のヒーローよりすばやく繰り出せるので、さまざまなカードやコンボを試しながら、自分らしいボイドールに仕上げていこう。

特におすすめしたいのがこの2枚。「電撃ロボ Eledoll-115」は、ステータスが体力寄りだが周囲の敵をスタン状態にできる。「祭りの真打ち!打ち上げ花火」はステータスも防御寄りで、ボイドールとの相性がバッチリの持続回復カードだ

迷ったときのカードの選び方

ボイドールは、とにかくステータスの防御倍率が高いのが魅力。

強化をしっかりと施せば、通常攻撃ダメージを大幅に抑えることも可能なので、同性能のカードであれば防御の数値の高い方を優先して組み込みたい。

例えば、この2枚を比べると「一撃必殺 ブラストアッパー」のほうが防御値が高い。しかし、ブラストアッパーには同属性に上位互換の「機航師弾 フルーク・ツォイク」が控えているため、強化は後回しでOKだ

ただし、ダメージの算出システム(※)上、攻撃カードなどによる一撃のダメージが多い攻撃は、防御力がいくら高くても、ほとんど軽減できない。

※被ダメージ=(相手の攻撃力)×(カードスキル、属性相性などによる倍率)-(自身の防御力)

生き残るためには体力も重要となってくるので、カードの体力値にもこだわると、ここぞという場面で耐えてくれることも多くなるはずだ。

上位ランカーデッキ紹介

11月シーズン前に、ランクS5以上のボイドール使い38人のデッキを調査した。

デッキ傾向は、以前とほとんど変わらない。ただ、【貫】カードを搭載するプレイヤーが増えてきているため、体力の低くなりやすいボイドールにとっては戦いにくい環境となっているといえる。

うまく攻撃カードを回避して、勝利をつかみ取ろう。

バランス型

デッキ構成例

  • 【近】:機甲師団 フルーク・ツォイク(ランクD到達で解放)
  • 【止】&【周】:電撃ロボ Eledoll-115(ランクB到達で解放)
  • 【防】:帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(ランクB到達で解放)
  • 【続】&【癒】:祭りの真打ち!打ち上げ花火(ランクD到達で解放)

相手の使用ヒーローに関わらず妨害でき、安定して拠点からはがせるデッキ構成。

基本的にタイミングさえ見極めれば、フルークかエレドールのどちらか1枚だけで拠点を奪い返すことができる。

スタンと吹き飛ばせるカードを組み合わせれば、やっかいなバリア展開中のジャスティスにも単身で対応できるのがポイントだ。

ガード非搭載型

【貫】カードや【破】カードの採用率の高さからか、意外に多いデッキ構成。

【防】カードを搭載しないぶん、妨害や攻撃のバリエーションを増やせるが、スタンに弱くなるというデメリットがある。

対コクリコを意識してか、【貫】カードを中心としたデッキが特に増えている印象だ。

自身用の持続回復カードと全体回復カードを同時搭載したデッキも複数見られた。連携の取りやすい、固定チームが中心なら活躍できそうだ

フルカノ型

キーカード

  • 【近】:機甲師団 フルーク・ツォイク(ランクD到達で解放)
  • 【破】&【近】:反導砲 カノーネ・ファイエル(ランクB到達で解放)

さまざまなヒーローでテンプレ化している人気構成。役割である拠点のキープと奪取を遂行しつつ、キルまで狙える。

【近】カードの出の早さはトップクラスで、耐久力が低いヒーロー相手なら、カノーネでじゅうぶんキルまで持っていける。

ただし、ジャスティスをはじめとするタンクヒーローに弱くなる点に注意しよう。

少し前のアップデートで、HA中のタンクにスプリンターが【近】カードを当てても、ほとんど吹き飛ばない調整が入っている。【押】カードは変わらず有効だ

小ネタ:柱を使って時間稼ぎ!

ボイドールに限った小技ではないが、ポータルエリアの中心にある柱をうまく使うと、通常攻撃を回避できる。

このテクニックを使うと、1対1で戦ったときの防衛能力が大きく変わってくるので、ボイドール使いならしっかりと習得しておきたい。

格上相手に、カードを消費しきったときなどに有効。相手がアタッカーだとやり過ごしやすいが、ガンナーの場合、中心から少しでもずれると被弾してしまう

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.