#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: 深川まとい使いになるためのテクニックまとめ【8/28更新】

  • 2017年08月28日

『#コンパス』で、遠距離から敵を攻撃するガンナータイプのヒーロー「深川まとい」。火属性の攻撃力が上がるという、ほかのヒーローにはないめずらしいアビリティを持っている。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

8月21日のバランス調整内容

  • 通常攻撃の一撃目の出が早く
  • ヒーローアクション(HA)がステージの透明の壁にぶつからないように
  • HAの構えから発射までの時間を0.6秒から0.4秒に
  • HAの威力が約8%アップ
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. 小ネタ:段差の上にいる敵ヒーローを狙い撃ち!

深川まといの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.40(2位)
  • 防御倍率:0.55(17位)
  • 体力倍率:0.75(16位)
  • 移動速度:17位(ルチアーノより少し速度)
  • 得意カード:火属性のカード

ヒーローアクション(長押し):火筒タメ攻撃

手に持った火筒から特大花火を発射して、着弾した場所の周囲にいるヒーローにダメージを与えて吹き飛ばすヒーローアクション。

チャージ中に左右のスライドで方向転換も可能で、チャージの長さによって飛距離が変化する(最大までチャージすると自動的に発射される)。

最大射程は通常攻撃の約3倍とかなり長い。着弾の位置を微調整すれば、相手を吹き飛ばす方向を変えることもできる

前線で戦っている味方のサポートなどにも便利だが、モーション中は無防備なので、敵に間合いを詰められないように注意しよう。

8月21日のバランス調整で、ダメージ倍率と出の早さが上方修正。「透明の壁」を飛び越えられるようにもなっていて、今まで狙えなかった場所からの狙撃も可能になっている。

透明の壁というのは、ステージとなにもない空間の間にある壁のことを指す。たとえば、「けっこいスターパーク」では、C付近からA(E)を狙えるようになった

HAによるダメージは、通常攻撃の約1.31倍。こちらは、まといを火属性にしても、ダメージは増えないので覚えておこう。

ヒーロースキル:からくりタレット

近づいてきたヒーローを自動で攻撃するタレットを設置する。

効果時間は約15秒で、1発のダメージ量はまといの通常攻撃よりも低いが、攻撃間隔が0.4秒毎と短いので、与えられるダメージはかなり大きい(攻撃力×0.75‐相手の防御力=1発のダメージ)。

タレットの射程距離は、通常攻撃より少し広いぐらい。攻撃力アップ中に発動させるとタレットのダメージもアップする。どの属性で設置してもダメージ量は変わらない

設置したタレットは、たとえまといが倒されても消えずに敵を攻撃し続ける。ポータルキーの近くに設置して防衛と奪取に役立てよう

アビリティ:火薬の力を みせてやんよ

火属性の通常攻撃とカードスキルに、1.2倍の倍率ボーナスがつくアビリティ。

ランクFで入手できるSRカード「操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー」と「一撃必殺 ブラストアッパー」で比較してみると、威力が約1.2倍に上昇している

火属性で戦えば通常攻撃が強力に!

まといのアビリティは、火属性のカードスキルだけでなく、通常攻撃のダメージにも効果がある。

有利な属性で攻撃したときと同じ倍率なので、火属性で戦うだけで常に相手の弱点をついているような状態になる。

基本的な立ち回り

まといの最大の特徴は、ガンナー最高の攻撃倍率とアビリティの効果を合わせた、破壊力バツグンの火属性攻撃。

ガンナーの中では平均的な射程距離だが、初弾の出が遅く連射力もないので、カードスキルで積極的に大ダメージを狙っていく戦い方がおすすめだ。

バランス調整で、通常攻撃の初撃がかなり出やすくなっている。カードスキルでダウンしたところを、すばやく追撃しよう

基本:うまく近づいて強力な一撃を決めよう!

ガンナーは耐久力がないため、他の味方を後方から援護射撃していくのが基本となる。バトル序盤は、極力ダメージを受けないように、相手の出方を伺っていこう。

かなり遠めからでも火筒タメ攻撃は届く。前線の味方が不利にならないよう援護&けん制しながら、スキルゲージもためられるとベストだ

相手のスキが見えたら近づいて、カードスキルで強烈な一撃をお見舞いしよう。

相手が他の味方を攻撃するのに夢中なときや、キーの制圧モーションに入ったときなどが狙い目!

応用:手筒タメ攻撃をフル活用

超長距離から相手をダウンさせ、カードキャンセルまでできるHAの「手筒タメ攻撃」。

うまく使えば、思いもよらない場所から相手を狙撃できる。

例えば、「グレートウォール」であれば1階からC地点を爆撃できる。難易度は高いが、A(E)地点から相手側の1階のD(B)地点を狙い撃つことも可能だ

拠点制圧時も、相手がガード展開していなければ止めることも可能なので、慣れると出番が多くなる。

便利なHAと超火力スキル攻撃で、チームを勝利へと導こう。

着弾点までうまくコントロールすると、HAだけで相手を手玉に取ることもできる。味方のキルサポートにも有効だ

属性切り替えを使ったテクニック

基本的には火属性で戦うのが強いまといだが、あえて水属性にして、相手の属性切り替えを誘うというテクニックもある。

相手が水属性に対して有利な木属性に変更してきた場合、こちらが火属性の攻撃スキルを使えば、弱点をついて大ダメージを与えられる。

常に一定の火力が出せる火属性か、カウンターで大ダメージを狙える水属性か、まといだからこそできる属性の読み合いがある。

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 武器商人 エンフィールド(12秒間 自分の攻撃力を中アップ)
  • 祭りのお供!手持ち花火(前方に火属性の小ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • ドリーム☆ミーティア(25秒間 自分の移動速度を中アップ)

相手と距離を取りながら戦い、近づかれたら警備ロボでやり過ごしながら、エンフィールドで強化した手持ち花火で迎撃するデッキ。

ミーティアがあると移動がスムーズになって、ヒット&アウェイの基本をつかみやすい。相手のスキを狙ってキルを量産しよう。

回復カードがないので、拠点制圧時の回復を活用しながら、なるべく被ダメージを抑えて戦っていこう。

「一撃必殺 ブラストアッパー」は、ランクFから使える優秀な【近】カードで、まといとの相性もバツグンだ。「究極系ノーガード戦法」は、ダメージカット率の高い【防】カードなので、入手できたら即採用でいいだろう

デッキに編成するカードの選び方

アビリティで火属性の攻撃力が大幅にアップするため、攻撃のスキルカードは火属性を優先するのが基本になる。

まといは耐久力が低いため、カードは「攻撃力」のステータスを重視するのがおすすめだ。

また、【防】カードを1枚入れておくと、生存率がグッと上昇する。

ガード展開しても、防げないのが【貫】カードと【破】カード。まといの天敵となるので、使われたら警戒してうまくやり過ごせるようにしたい

上位ランカーデッキ紹介

通常攻撃とHAが使いやすくなったからか、今まで採用率としては低めだった【癒】カードを搭載するデッキが増えている。

カードバランス調整によって、ほとんど見られなくなっていた「祭り行列!山車燈籠」を組み込んだデッキも、再び見かけられるようになってきている。

バランス型

今回の調査で、【癒】カード非搭載型以上に多く見られたデッキ構成。

他の型では、かなりの確率で採用されている【強】カード「ひめたる力の覚醒」を編成せず、攻撃カードを2枚いれるのが一般的だ。

なかでも、「機航師弾 フルーク・ツォイク」と「聖女の後衛 銃士レオン」の採用率が高めになっている。

【癒】カード非搭載型

HSの火力まで上げられる「ひめたる力の覚醒」に、攻撃系カードを2枚と【防】カードを組み込んだデッキ。

ガードを展開しながら突っ込み、カードスキルでキルを狙っていく。

【貫】カードと同じく、【破】カードもまといに選出されやすいカードだ。

まといに人気の攻撃カード

  • 【近】:機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 【貫】&【遠】:聖女の後衛 銃士レオン(木属性)
  • 【破】&【近】:反導砲 カノーネ・ファイエル(水属性)
  • 【周】:妖軍一統 ゲネラール
  • 【貫】&【近】:【我羨惚(がせんこつ)】紗夢(じゃむ)(※コラボ限定)
  • 【奪】&【遠】:【マグナムウェディング】エルフェルト(※コラボ限定)

一見相性バツグンにみえる紗夢だが、カード攻撃でのダメージにアビリティ効果は適用されないので注意。とはいえ、攻撃値の高い【貫】カードは珍しく、相性がいいことに変わりはない

テレパス型

「恒星間転送装置 Tele-Pass」で奇襲して、一気に距離を詰めたところを攻撃カードで倒しきるデッキ。

相手がガードを張っていなかった場合、ほぼ確殺できるほどの火力を発揮できるだけでなく、戦線復帰が早まるため、ポータルキーをキープしやすくなるというメリットもある。

山車型

「祭り行列!山車燈籠」で、遠くの敵を強引に近づけてキルまでもっていくことを狙ったデッキ。

山車からフルークのコンボが、山車でダウンを取れることになったことで、より狙いやすくなっている。

さらに、HP状況によっては、通常攻撃と山車だけでもキルまで狙いやすく進化。ただし、発動時間は「無」から「短」へ、クールダウンも長くなっているので、注意しよう。

祭り行列!山車燈籠のバランス調整内容

  • 1ヒット目から引き寄せ効果が発動
  • 5ヒット目でダウンするように
  • クールダウンが25秒から45秒に
  • スキル発動時間が無から短に

ステータスが防御値寄りという点では相性は微妙だが、アビリティ適用カードとなるので、火力としても若干期待できる

小ネタ:段差の上にいる敵ヒーローを狙い撃ち!

ポータルの近くに段差があるステージでは、ガンナーが段差の上から一方的に攻撃してくることがよくある。

しかし、まといのヒーローアクション「火筒タメ攻撃」なら、相手のガンナーのところまで移動することなく、遠くから段差の下に叩き落すことが可能だ。

火筒タメ攻撃は、射程距離が長いだけでなく、通常のガンナーでは攻撃が届かない高い位置にも攻撃できる。ある程度の慣れは必要だが、奇襲としても使える便利な攻撃だ

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.