#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: リリカ使いになるためのテクニックまとめ【7/12更新】

  • 2017年07月12日

『#コンパス』のヒーローで、最長の攻撃射程を持つガンナーの「リリカ」。高いサポート能力と防衛能力が特長のヒーローだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

7月7日のバランス調整内容

  • 攻撃速度が約5%アップ
  • 体力倍率が0.70から0.75にアップ
  • ヒーローアクションの発動速度が0.8秒から0.7秒に短縮
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. 小ネタ:HSによる爆発的な攻撃力を保存!?

リリカの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.15(10位)
  • 防御倍率:0.65(13位)
  • 体力倍率:0.75(14位)
  • 移動速度:8位(乃保&グスタフとだいたい同じ速度)
  • カード使用速度:やや遅い

※7月7日にバランス調整された項目を太字で表示
※上方修正された数値を赤色で表示

ヒーローアクション(長押し):遠距離タメ攻撃

通常攻撃より若干射程の長い高威力攻撃(攻撃力×約1.8-相手の防御力=ダメ―ジ)。

タメ時間もかなり短く、使い勝手のいいヒーローアクションだ。

タメ攻撃にはカードキャンセル効果もある。しかし、通常攻撃では攻撃可能な高低差でも、タメ攻撃だと当たらない場合があるので注意

7月7日のバランス調整によって、タメ時間が0.1秒短縮(0.7秒)。より使いやすく進化している。

ヒーロースキル:チアアップ

自身を含む味方全員の攻撃力と防御力を、14秒間2倍に強化するヒーロースキル。

発動モーションの途中で強化が入ってしまうため、リリカ自体は実質12秒ほどしか強化されないが、それでも劣勢を覆せるほど強力なHSだ。

ヒーローがハートをまとっていたら、強化されている証拠。このチャンスをフル活用してキルとポータルキーの制圧を狙おう

アビリティ:わたしのために がんばって

リリカが防衛中のポータルエリア内にいる味方全員の攻撃力を1.4倍にするアビリティ。

効果対象に自身も含まれているため、すでに防衛したエリア上で交戦するだけでかなり有利に戦える。

複数人のリリカによるアビリティの重ね掛けはできないが、非常に強力なことに変わりはない。

リリカの守るポータルキーに攻め込む場合は、大ダメージを覚悟しよう。

基本的な立ち回り方

リリカはだれよりも広い範囲に繰り出せる通常攻撃と、高いサポート性能が最大の特長。

ルチアーノなどの他のガンナーと比べると、攻撃倍率も低く通常攻撃スピードでも劣るが、他のヒーローとはひと味違った立ち回りができる。

基本1:単体行動は危険!スキルゲージをためながらエリアを最大拡張

チーム編成によるが、足の速めなリリカはスタート時は、2番目に近いB(D)地点を制圧することになるケースが多い。

エリア拡張を進めつつ、前線の敵にスキが見えたらどんどん攻撃していこう。

B(D)地点とC地点が近い「でらクランクストリート」や「東西たかさん広場」は、リリカにとって非常に戦いやすいステージ。遠距離から一方的に攻撃して、エリア拡張しながらC地点制圧をサポートできる

リリカは非常にやられやすいので、基本的に単独行動はNG。味方の行動をよく見て、集団行動を心がけたい。

タンクやアタッカーに後ろからついていくように行動すると活躍しやすい。全ヒーロー中最大の射程を活かして、一方的にダメージを加えていこう

また、不利な局面でHSを使えると非常に勝ちやすくなる。中盤に差し掛かる前にゲージをためきっておけるのが理想だ。

基本2:段差を使ってキル量産! 地の利を活かそう

射程距離の長いリリカは、かなり高い位置からでも敵を攻撃できる。

「グレートウォール」や「けっこいスターパーク」、「光と闇のライブステージ」で段差上から攻撃すれば、比較的安全にダメージを与えていける。

特に、グレートウォールでC地点を制圧できたときの防衛力は圧巻。ほかのガンナーでは届かない敵にも次々に攻撃していける

味方にマルコス:いっしょに行動して即覚醒させよう!

マルコスには、リリカの近く(およそ攻撃範囲内)にいるだけでスキルゲージがたまっていくアビリティを持っている。

エリア滞在&拡張のゲージ上昇と組み合わせると驚異的な速さでマルコスが強くなっていくので、序盤はセットで行動するようにすると、それだけで勝ちやすくなる。

また、この効果は敵マルコスにもある。近づかれると不利なので極力交戦しないようにできるのがベストだ。

HSのタイミングに要注意! 味方の行動を見極めよう

リリカのHSは、チーム全員でフル活用することで真価を発揮する。

味方がやられてしまっているときやピンチ時のときに使っても、その絶大な効果を活かすことはできない。

よくミニマップを見て、味方2人がその効果を最大限に活かせそうなタイミングを見計らって発動させよう。

ちょうどチーム同士がぶつかる前などがおすすめの発動タイミング。効果が発揮されるまでには時間がかかるので、少し早めに発動させよう

HS発動のおすすめタイミング例

  • 味方2人が生存していて交戦間近のとき
  • 味方のまといのHSが発動可能な状態のとき
  • 味方のアタリがHS発動中のとき
  • 敵リリカがHSを発動したとき(効果相殺)
  • 敵ルチアーノなどのHS回避に

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • 武器商人 エンフィールド(自分の攻撃力を12秒間中アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(25秒間 自分の移動速度を中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

エンフィールドで通常攻撃の火力をアップさせつつ、ミーティアと警備ロボで近づいてくる敵に対処していくデッキ。

ミーティアがあれば、戦線復帰スピードが高まって相手と距離もとりやすく、相手チームによっては開幕のC地点制圧まで狙いやすくなる。

上位ランカーでも、ミーティアを使ったデッキを使うプレイヤーもいる

ランクE到達で開放される「聖女の守り手 黒猫リリィ」は攻撃値が高く、リリカと非常に相性のいい回復カード。ゲットしたらステルス迷彩と入れ替えて使い、優先して強化を進めていこう

ランクCに到達すると、HSと同じく味方全員の攻撃力や防御力を強化できるカードも入手できるようになる。

味方とともに行動することが基本となるリリカと相性がいいので、試しに使ってみてほしい。

迷ったときのカードの選び方

ガードブレイク攻撃の登場により危険度は増したが、耐久力のないリリカにダメージカット率の高い【防】カードは必須級のカードとなる。

残りの枠は、【強】カードや【癒】カード、攻撃系カードで埋めていこう。

ステータスで重視したいのは攻撃力。

通常攻撃のスピードこそ遅いものの、一方的に攻撃できる局面が多いので、迷ったら攻撃力の高い方を優先採用していきたい。

上位ランカーデッキ紹介

最長の通常攻撃範囲で誰よりも遠くから攻撃できるのが魅力のリリカは、その持ち味をさらに際立たせるデッキが人気。

また、ギルティギアコラボ復刻後に急増しているのが、通称ゴリカともいわれる通常攻撃特化型のデッキだ。

基本型

通常攻撃の火力をアップさせる「ひめたる力の覚醒」に、【防】カードと【癒】カードを1枚ずつ組み込んだデッキ。

残りの1枠には、近寄ってくる敵を迎撃できる【近】カードやガード越しにもダメージを与えられる【貫】カードなど、さまざまな攻撃系カードが採用される。

もちろん、ひめたるを採用しないという選択肢もある。通常攻撃の火力はひかえめになってしまうが、そのぶん攻撃の幅が広がる

残りの1枠に選ばれやすいカード

  • 【近】:機甲師団 フルーク・ツォイク
  • 【破】&【近】:反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 【貫】&【周】:オールレンジアタック
  • 【貫】&【遠】:聖女の後衛 銃士レオン
  • 【爆】&【罠】:祭りの目玉!ドラゴン花火
  • 【周】&【奪】:革命の旗
  • 【遠】&【奪】:全員集合!魔法少女リリカ☆ルルカ
  • 【弱】:ドリーム☆マジカルスクエア

【貫】カードは、攻撃力アップしても威力は変わらないので注意

通常攻撃特化型

基本型の残る1枠に、「ジャンクヤード・ドッグ」をはじめとする攻撃強化カードを入れて、とにかく通常攻撃の火力を重視したデッキ。

特に、制圧拠点内での火力は異常なまでに高くなり、ガードなしではとても持ちこたえられないものになる。

カードレベル20統一でも、攻撃力は悠々と1,000を超える。相手への大きなけん制になること間違いなしだ

攻撃強化カードの倍率一覧

カード名攻撃倍率(倍)
ひめたる力の覚醒1.4
ジャンクヤード・ドッグ1.3
武器商人 エンフィールド1.3
祭りの終わり!満天提灯(※1)1.2
【オルレアンの乙女】ジャンヌダルク(※2)1.1

※1:満天提灯は味方全員の攻撃力を強化できる
※2:6月シーズンのランキング報酬カード。味方全員の防御力と移動速度も上昇させる

ドア型

「どこにでもいけるドア」を搭載した、序盤を有利に進めやすくなるデッキ。

自力で先に前線を押さえやすいため、リリカの得意な敵を待ち受ける展開に持ち込みやすいのが、このデッキならではの魅力だ。

耐久力はないので、テレパスでの奇襲には要注意!

制圧拠点の防衛に長けたリリカは、【罠】カードとの相性もいい。特に「祭りの目玉!ドラゴン花火」をはじめとするダメージ罠は、ひめたるやHSで威力が高められる面白いカードだ

加速型

移動速度強化カードを採用することで、機動力を高めたデッキ。

ヒット&アウェイ戦法がしやすくなり、相手次第では開幕のC地点まで狙える。

ミーティアや「【空駆ける歌姫】初音 ミク」は、カードの攻撃値が高いのもポイントで、通常攻撃の火力を確保しやすい。

小ネタ:HSや罠で爆発的な攻撃力を保存!?

リリカのHSによる攻撃力の上昇効果は、地面に設置する罠カードやまといのHSの威力にも反映されるが検証によって明らかになっている。

効果中に使っておけば、夢のような火力を一時的ではあるが保存できるので、ぜひ組み合わせて使ってみてほしい。

まといのHSが発動した後に、リリカのHSを発動させても効果は乗らないので注意が必要だ

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.