NTTが「ニコニコ超会議 2017」の超特別協賛に決定!目玉企画「超歌舞伎」を最新技術でバックアップ

  • 2017年01月18日

日本電信電話(NTT)は、4月に開催する超巨大イベント「ニコニコ超会議 2017」に超特別協賛することを発表した。これにより、演出に同社の最新技術を使用した企画「超歌舞伎 Supported by NTT」の実施が今年も決定!

NTTの最新技術で贈る「超歌舞伎 Supported by NTT」が今年も開催決定!

[以下、リリースより]

日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、昨年の「ニコニコ超会議 2016」に続き「ニコニコ超会議 2017」に超特別協賛いたします。

また、「ニコニコ超会議 2016」で大きな反響があったニコニコ文化と歌舞伎が融合した「超歌舞伎Supported by NTT」についても、昨年に続いて技術提供をおこなう予定です。

最新情報は2017年1月17日に公開するNTT Webサイト内のニコニコ超会議特設ページにて随時発表いたします。

NTTが昨年に続き「ニコニコ超会議 2017」の超特別協賛に!

ニコニコ超会議とは

登録会員数6,000万人を超える「ニコニコ動画(通称:ニコ動、ニコニコ)」のすべて(だいたい)を地上に再現するニコニコ最大のイベント「ニコニコ超会議」が2017年4月29日(土)、30日(日)に開催され、NTTは昨年同様、超特別協賛することが決定しました。

ニコニコ超会議は、踊ってみた、演奏してみた、歌ってみた、ニコニコ技術部など、ニコニコ動画のあらゆるジャンルを網羅しているのはもちろん、VR技術やロボットなどの最新技術から、大相撲、歌舞伎などの伝統文化まで、ネット・動画だけにとどまらず、あらゆるカルチャーが集合しています。

会場では体験型のイベントをはじめ、ステージでのライブやさまざまな展示をお楽しみいただけるほか、ニコニコ動画内でも会場の様子が生放送される予定です。

NTTは「ニコニコ超会議 2017」への超特別協賛を通じ、ネットとリアルの融合、歌や踊りなどの多種多様な文化の発展に貢献するニコニコ文化を応援します。

また、2014年、2015年、2016年と企業ブースにも出展。超特別協賛する「ニコニコ超会議 2017」においても、超歌舞伎だけでなく、NTTの研究所技術を活用したNTT企業ブースを実施する予定です。そちらも是非ご期待下さい。

NTTの展示や「超歌舞伎 Supported by NTT」の最新情報については、以下のWebサイトにて随時更新いたします。

約15万人(※)が熱狂した「超歌舞伎 Supported by NTT」、完全新作を初お披露目!

「超歌舞伎 Supported by NTT」とは

ニコニコ文化と伝統文化である歌舞伎が融合する「超歌舞伎 Supported by NTT」。昨年の「ニコニコ超会議 2016」においては、中村獅童さんとボーカロイドの初音ミクが共演を果たした「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」が上演され、2日間で15万人以上が熱狂しました。

※演目終了時の来場者数とニコニコ生放送の視聴者数の合計

昨年の「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」の様子

今年の演目発表「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」

今年もニコニコ超会議完全オリジナルとなる演目、「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」を初お披露目。

今回は、廓(くるわ)を舞台にした、中村獅童さんと花魁に扮した初音ミクの恋物語です。

「超歌舞伎 Supported by NTT」の演出を、NTTが世界に誇る最新技術でバックアップ!

「超歌舞伎 Supported by NTT」の大きな注目ポイントとなる演出面をNTTのR&D技術がバックアップします。

昨年の超歌舞伎では、イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」の「被写体抽出技術」、「バーチャルスピーカ技術」など、NTTが世界に誇る最新の映像技術を駆使し、従来の歌舞伎とは異なる新たな演出にチャレンジしました。

(昨年の超歌舞伎で活用したNTTのR&D技術その1)被写体抽出技術

新しい被写体抽出アルゴリズムを用い、被写体の背景に特別な加工を施す必要なく、自然体の映像から被写体部分のみリアルタイムかつ精緻に抽出しました。

また、抽出した映像を、被写体が演じている場所とは異なる場所に擬似3D虚像によって立体的に投影。

これにより、従来実現しえなかった、リアルな歌舞伎俳優と擬似3D虚像との共演を実現しました。

(昨年の超歌舞伎で活用したNTTのR&D技術その2)バーチャルスピーカ技術

スピーカを配置できない映像中の被写体そのものに音像を定位させるとともに、被写体の左右移動に追従して音像位置を制御することができる「バーチャルスピーカ技術」を用いて、初音ミクの口元から声が観客へ直接届くような存在感の高い音響演出を実現しました。

「超歌舞伎」やNTTの技術を順次発信

NTTの公式サイトやSNSを通じて、ニコニコ超会議での取り組み等について順次情報も発信して参りますので、是非ご覧下さい。

(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) 2017 日本電信電話株式会社