連載

法林岳之のFall in place

[連載]法林岳之のFall in place

モバイル業界事情に詳しい法林岳之が、さまざまな角度でモバイルトレンドを紹介する連載読み物。ハード、ソフト、インフラ問わず、モバイル業界の今がわかる。
  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第32回: Bluetoothヘッドフォンはどう選ぶ?

    • 2017年02月15日

    至近距離にある機器をワイヤレスで接続する規格として、広く普及しているBluetooth。スマートフォンでは運転中の着信に対応するヘッドセット、パソコンではマウス、ゲーム機ではコントローラーなどが利用されてきたが、昨年発売されたiPhone 7/7 Plusではヘッドセットコネクタ(3.5mmイヤホンマイク端子)が廃止されたことで、Bluetooth対応ステレオイヤホン/ヘッドフォンが注目を集めている。今回はBluetooth対応ステレオイヤホン/ヘッドフォンを選ぶときに知っておきたいことを解説しよう。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第31回: Galaxy Note 7の発火問題から学ぶべきこと

    • 2017年01月27日

    昨年8月、アメリカのニューヨークで華々しく発表されながら、直後に発火や炎上のトラブルが発生し、生産中止と回収に追い込まれたサムスンのGalaxy Note 7。残念ながら、日本での発売は見送られたが、1月23日にトラブルの原因を究明した詳細な発表が行なわれた。その内容を見ながら、我々ユーザーが学ぶべきことを考えてみよう。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第30回: UQ WiMAXの制限緩和から見えるモバイルネットワークの難しさ

    • 2017年01月11日

    1月に入り、これから3月にかけて、もっとも契約数が増える春商戦を迎える。なかでも新入学や進学に合わせ、新たにスマートフォンや携帯電話を契約する学生ユーザーを対象にした学割は、各社とも毎年、さまざまな施策を発表してくる。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第29回: 大容量、カウントフリー、繰りこし、還元など、料金プランの戦いは続く

    • 2016年11月30日

    昨年から今年にかけて、着実に市場を拡大しつつあるMVNO各社。「格安スマホ」「格安SIM」という言葉が登場した約2年ほど前は、一般ユーザーから見れば、それが何者なのかもわからず、先行きが不透明な印象は否めなかった。ところが、ここ1年ほどの動向を見ていると、「格安スマホ」「格安SIM」という言葉はすっかりと市民権を得つつあるようだ。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第28回: iモードケータイはなぜ出荷完了なの?これからどうするの?

    • 2016年11月16日

    11月2日、NTTドコモから「ドコモケータイ(iモード)出荷終了について」というお知らせが発表された。1999年2月にサービスを開始し、国内の携帯電話市場を拡大することに成功した「iモード」に対応した端末の出荷がいよいよ終了するというアナウンスだ。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第27回: 「格安」じゃない市場に挑むSIMフリースマートフォン

    • 2016年10月19日

    各携帯電話会社の各商戦期ごとの新端末のラインアップが縮小する一方、「オープンマーケット」とも呼ばれるSIMフリースマートフォンの市場が着実に拡大しつつある。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第26回: iPhone 7/7 PlusのFeliCa搭載に見え隠れするアップルとJR東日本の思惑

    • 2016年10月05日

    9月7日にサンフランシスコで開催された「Special Event」で発表されたiPhone 7とiPhone 7 Plus。国内では9月13日から販売が開始され、各機種とも好調な売れ行きを記録しているという。4.7インチと5.5インチのディスプレイを搭載した2機種をラインアップする構成となって3世代目になるiPhone 7/7 Plusだが、従来のモデルとは少し売れ行きが違ってきているようだ。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第25回: 虹彩認証や防水で進化を遂げた「Galaxy Note7」グローバル向け発表

    • 2016年08月17日

    今年、国内でもNTTドコモとauから発売されたフラッグシップモデル「Galaxy S7 edge」が好調のサムスン。8月2日にアメリカのニューヨークにおいて、「SAMSUNG Galaxy Note Unpacked 2016」を開催し、もう1つの主力モデルであるGalaxy Noteシリーズの最新モデル「Galaxy Note7」を発表した。今回、この発表会を取材し、ひと足早く実機を試すことができたので、その様子と実機の印象をレポートしよう。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第24回: ソフトバンクのARM買収は何のため?

    • 2016年07月28日

    「海の日」の連休で、各地の夏休み気分が伝えられていた7月18日、ソフトバンクグループがイギリスのARMを約240億ポンド(約3.3兆円)で買収することが発表された。海外の通信社や一部の国内メディアが第一報を報じ、同日夕方にはイギリスから中継で会見が行われた。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第23回: MVNOに低料金とiPhoneで対抗するワイモバイルとUQ mobile

    • 2016年07月15日

    NTTドコモ、au、ソフトバンクから設備を借り受け、割安な料金プランでサービスを提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)の市場が拡大しつつある。今年7月に調査会社のニールセンから発表された「スマートフォン・メディア利用実態調査レポート」によれば、スマートフォン利用者の内、MVNO利用者が占める割合は、2015年6月の調査の5%から倍増し、10%に達するところまで普及しているという。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第22回: 開発者向けイベントから見えるスマートフォンの次なる進化

    • 2016年06月22日

    私たちが普段、利用しているスマートフォンは、さまざまな企業の技術によって構成されている。スマートフォンのプラットフォームやクラウドサービス、端末、チップセットなど、それぞれに多くの企業が関係しており、各社の多彩な技術が活かされることで、スマートフォンの進化も続いている。

  • E3

    【法林岳之のFall in place】第21回: 「年間サイクル」で変わるスマートフォンの新製品市場

    • 2016年06月08日

    5月11日、NTTドコモは夏商戦へ向けた「2016夏 新サービス・新商品発表会」を開催し、新機種として、スマートフォン5機種やタブレット1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種、新サービスとして、「dリビング」や「VoLTE(HD+)」、既存サービスの拡充として「iコンシェル」の強化などを発表した。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第20回: ロボホンから考えるスマートフォン進化のキーワード

    • 2016年05月20日

    2008年ごろから急速に進化を遂げ、市場に普及してきたスマートフォン。ところが、昨年あたりからスマートフォンが完成の域に近づき、端末の大きな進化があまり期待できないという声が聞こえるようになってきた。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第19回: 災害時だからこそ問われる各社の取り組み

    • 2016年05月04日

    4月14日21:26分ごろに、熊本県を襲ったマグニチュード6.5の地震。同月16日にはマグニチュード7.3の本震が発生し、熊本県や大分県を中心に大きな被害をもたらすことになった。この場をお借りして、今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

  • win10platform_アイキャッチ

    【法林岳之のFall in place】第18回: 今夏のWindows 10 Anniversary Updateで何が変わる?

    • 2016年04月13日

    3月30日からアメリカのサンフランシスコで開催されていたMicrosoftの開発者イベント「Build 2016」。開発者向けに同社の最新技術や開発に関する技術動向などを提供するイベントとして、毎年この時期に開催されており、今後のMicrosoftの方向性を知る上でも重要なイベントに位置付けられている。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第17回: なぜ、今、「小さいiPhone」なのか

    • 2016年03月23日

    Appleは3月22日、Special Eventを開催し、「iPhone SE」「iPad Pro 9.7」などを発表した。iPhone SEは発表前から各方面で噂されていたとおり、iPhone 5sと同じ4インチのディスプレイを搭載したコンパクトボディのiPhoneとして開発され、これまでのiPhone 6s/6s Plusと併売される形となった。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第16回: スマートフォンでVRはブレイクするか?

    • 2016年03月09日

    2月22日から25日まで、スペインのバルセロナで世界最大のモバイル業界の展示会「Mobile World Congress 2016」(MWC 2016)が開催された。今回のMWCでは新端末や新サービス違った製品が各社から発表され、話題になった。それは「VRヘッドマウントディスプレイ」だ。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第15回: 携帯電話各社の新事業

    • 2016年02月24日

    各携帯電話会社はその名のとおり、携帯電話サービスを提供している。音声通話をはじめ、データ通信、メール、コンテンツサービスなど、携帯電話やスマートフォン向けに、さまざまなサービスを提供している。ところが、ここ数年、各携帯電話会社は店頭で食品を売ってみたり、体験サービスを提供したり、最近では電力自由化に合わせ、電気も売ろうとしている。なぜ、各携帯電話会社は携帯電話以外の事業に注力し始めたのだろうか。今回は各携帯電話会社の新しい事業について、説明しよう。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第14回: きちんと理解しておきたいMVNOのカラクリ

    • 2016年02月10日

    ここ1~2年、急速に増えてきたMVNO。携帯電話事業者のネットワークを借りながら、割安な料金で音声通話やデータ通信のサービスを提供し、着実に支持を拡げている。昨年の総務省の携帯電話料金タスクフォースでもMVNOが取り上げられ、今まで以上に注目を集めている。しかし、MVNOについてはまだまだ理解されていない部分も多く、利用も一部のユーザーに限られているのが実状だ。今回はなぜ割安な料金でサービスが提供できるのかなど、MVNOのカラクリについて、説明しよう。

  • Eye

    【法林岳之のFall in place】第13回: 学生さんはおトク? 学割の主戦場はデータ通信量に

    • 2016年01月29日

    例年、1月から3月にかけては、携帯電話の契約が最も多いシーズンといわれる。その対象となるのが新入学や新社会人と呼ばれる人たちだ。中でも学生については各社とも力を入れており、この時期には「学割」と呼ばれる学生向けプランが発表される。今回は春商戦へ向けた学割を見ながら、その内容と思惑をチェックしてみよう。