三国志タクティクスデルタ【ゲームレビュー】

アイキャッチ

台湾のGoogle Playにおいて2015年ベストゲームにも選出された実績を持つ『三国志タクティクスデルタ』が、日本に上陸。手持ちユニットを操りながら資源を敵から奪い、自分の拠点を大きくしていく三国志の時代を舞台にしたシミュレーションゲームだ。

自分だけの砦を拡大していくRTS

本作は、資源や防衛に関わるさまざまな施設を建設したり、他プレイヤーと資源を奪い合うリアルタイムストラテジー。

プレイヤーは金や糧、鉄などの資源を集めながら、防衛施設や兵士を強化しながら、自分だけの砦を作っていくことが目的となる。

どの施設も建設時や強化する際には待ち時間が発生する。この時間は選択した施設のレベルが高いほど長くなっていくので、1つの施設を集中して強化するのではなく、全体的にバランスよく砦を大きくしていこう

序盤では、「金鉱山」や「糧工房」といった直接資源に関わる施設を建設、および強化を最優先に行っていこう。

これらの生産施設によってある程度の資源が確保できたら、次に防衛施設を増やしていき、拠点となる「宮廷」のレベルを上げることが基本の流れとなっている。

仮に資源不足になった場合には、「馬蹄銀」を使うことで購入も可能。ただし、馬蹄銀は課金アイテムでもあるため、できるだけ大切に扱っていきたい

三国武将たちと駆け抜ける2種類のバトルコンテンツ

本作には2種類のモードがある。自軍の砦に新たな施設を建設したり、強化をしている間は三国志の世界を追体験できる「ストーリーモード」と、他プレイヤーの拠点に攻めこむ「資源略奪」だ。

ストーリーモード

バトルコンテンツに入ると、プレイヤーは所持しているユニットを駆使しながら相手の拠点を制圧していき、より多くの資源を奪うことが目的となる。

ストーリ-モードでは、その戦闘ルールに基づいた状態で、劉備や関羽などの有名武将たちとともに三国志の世界観を楽しむことが可能。

ちなみに、各ストーリーには1日に挑戦できる回数が決まっているのと、APを消費しながら進めていくことになる。敵もそこまで強くないため、対人戦に慣れていない方は練習として通っておこう。

ストーリーモードでも進めていくことで新しい装備や武将が手にはいる。序盤のうちは少量の資源でも貴重なため、APが余っている間は進めておきたい

資源略奪

他プレイヤーの拠点に攻めこむことになるのが「資源略奪」だ。

進めていくごとにより多くの資源が必要になってくるため、大抵の人がこちらのコンテンツをメインにプレイするようになるはずだが、対人用にレイアウトされた拠点がほとんどなため、簡単には攻め入れないだろう。

少しでも勝利するためには、ただ所持しているユニットを出すだけではなく、それぞれのタイプにあった攻め方に工夫することが大事。

例えば、防衛施設が多いなと感じた場合は盾兵を多く編成したり、施設が城壁によって守られている場合には特攻猪などを駆使して突破していくなど、自分だけの戦略を考えておくと、上達速度も違ってくるはずだ。

対人戦になると防衛施設を迅速に処理することも大事だが、相手の砦を守るために配置された武将をどのように討ちとるかも重要なポイント。破壊する優先度としては、「相手の主将」→「防衛施設または宮廷」→「生産施設」→「戦闘には関係していないその他の施設」の順番。戦闘開始までに相手のレイアウトをじっくりと観察し、どういった攻め方がベストかをイメージしよう

武将のステータスは装備アイテムで強化

ガチャやストーリーの報酬として手に入れた武将たちは、軍事施設の「主将砦」に配置することによってバトルに参加させることができる。

この主将砦を強化しておくことで、配置した武将のレベルに関係なく攻撃力や防御範囲などのステータスも引き上げられるため、基本的には最も育成が進んでいる武将を配置しておくといい。

また、他のストラテジーにはない要素として、それぞれの武将に武器、防具、宝物の3種類のアイテムを装備させることが可能。

呂布に赤兎馬、関羽に青龍偃月刀といったような歴史になぞった楽しみ方もできるほか、まったく新しい武将を作ることもできる。

もちろん、装備アイテムにもレベルやレア度が存在するため、自分だけの最強武将を目指して育成していこう。

相性のいい武将同士を組み合わせることによって、さらに能力を引きのばすことができるため、所持している武将は多いほどいいような印象だった

画面上のUIに慣れるまでがチュートリアル

ゲームをプレイしていて気になったのが、ホーム画面上UIだ。というのも、筆者は同ジャンルのゲームだと『ドミネーションズ』を担当していたこともあり、システム関連を理解するまでにはそれほど時間がかからなかった。

しかし、ホーム画面上にあるUIの多さをみたときは少し戸惑ったのと同時に、初めて本作からリアルタイムストラテジーをプレイする人だと、慣れるまでに相当苦戦するだろうとも思ったのが素直な感想である。

ちなみに、上記で紹介したストーリーモードや資源略奪以外にも、さまざまなコンテンツが用意されており、近いうちにギルド同士での大型対戦やレイドボスを倒したりなどのコンテンツも実装されるかもしれないので、今度の内容にも注目していきたい。

  • 使用した端末機種:Xperia Z5 Premium
  • OSのバージョン:Android 5.1.1
  • プレイ時間:約3時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.6
  • 課金総額:0円

(C)KONGZHONG JP All Rights Reserved.