METAL SLUG ATTACK【ゲームレビュー】

eye

2月15日にSNKプレイモアより配信が開始された『METAL SLUG ATTACK』は、人気シューティングゲーム『METAL SLUG』シリーズの20周年記念タイトル。本作はシリーズでおなじみのユニットを操り、敵拠点を制圧していくタワーディフェンスとなっている。20周年にふさわしい圧倒的進化を遂げた本作の魅力を紹介していこう。

METAL SLUGが究極のタワーディフェンスとして復活

『METAL SLUG ATTACK』は横スクロールのタワーディフェンス。同名の人気シリーズ『METAL SLUG』で登場したユニットを操り、敵拠点を制圧していく。同じくタワーディフェンスゲームとして全世界2,900万DLを達成した『METAL SLUG DEFENSE』の続編として、大幅な進化を遂げた作品となっている。

『METAL SLUG』シリーズ特有の油と硝煙の香りがする世界観。「マルコ」や「ターマ」など、おなじみのキャラクターが多数登場する

「タワーディフェンス」というジャンルではあるが、ぬるぬる動く2Dドットのユニットは『METAL SLUG』そのもの。迫りくる敵ユニットを撃退しながら、敵拠点制圧を目指していく。タップやスワイプのみのシンプルな操作だが、だからこそユニットを投入するタイミングが重要となる

戦況に応じて選べるサポートシステム

本作では、戦闘時に選べる3種のサポートシステムが実装されている。敵ユニットの攻撃方法やタイミングに応じた適切なサポートを選ぶことで、より戦略的なバトルを展開できるようになっている。サポートシステムは右下のゲージがたまった状態でタップすることで発動する。

  • メタスラアタック:戦車が敵に向かって突撃する
  • リカバリー:全ユニットのHPと再生産が回復する
  • 再装填:全ユニットの特殊攻撃が再装填される

画像はメタスラアタック。戦車がド派手なエフェクトとともに敵に突っ込んで爆発する

スキル要素が戦術の幅を広げる

前作『METAL SLUG DEFENSE』のものが踏襲されたユニットや拠点の強化システムに、本作からはスキルの要素も追加されている。スキルによってユニット強化の伸びしろや多様性が増えており、戦略の幅を広げることにつながっている。さまざまなデッキ、キャラクターでの攻略を可能にするものといえるだろう。

アイテムを使用(装備という設定)することでスキルを開放していく。かなり天井が高いため、自分のお気に入りのキャラクターを極められる点も面白い

必要なアイテムが入手できるバトルに一気にジャンプできたり、一度クリア(ただし、Sランク)したバトルはスキップ(RAIDボタン)ができたりと、ユーザーがストレスなく素材集めできる工夫がされている

充実のバトル要素

バトル要素が充実している点も本作の魅力の1つ。3種のバトルで世界中のライバルたちと対戦することができる。自分のデッキを強くするためのモチベーションが非常に多くあるといえるだろう。

  • ONLINE:「1on1」または「2on2」のリアルタイムバトル
  • BATTLE:勝敗によって昇降格するランキングバトル(非同期対戦)
  • TEAM BATTLE:デッキを複数使用してのチームバトル(非同期対戦)

画面は「BATTLE」のランキング。自分よりランクが上の相手に勝つとランクが上昇し、アイテムと交換できるポイントやメダルなどが入手できる

今回は時間の都合でランキングのバトルしか体験できなかったが、生身のプレイヤーとのリアルタイムバトルや最大3つのデッキを操るチームバトルなどかなり熱いものを期待できそうである。「ライバルより強くなる」という単純だが、非常に重要なものがふんだんに盛り込まれているといえるだろう。

大ボリュームのミッション

前作と比較してミッション要素のボリュームが増えている点も本作の特徴。1人で行うものや複数で行うもの、毎日行うものや時間限定で行うものなどその種類は非常に多彩。今回プレイ時点で確認できたものだけでも以下のようなものがある。

  • デイリーミッション:毎日特定の実績を達成することで報酬がもらえる
  • クエスト:プレイしてきた中で特定の実績を達成することで報酬がもらえる
  • 襲撃:ワールド内で他のプレイヤーとの占領地域の奪い合いを行う
  • 曜日ボス、レアボス:特定の地域に曜日、時間限定などで強力なボスが出現する
  • P.O.W.RESCUE:制限時間内に捕虜を解放していくもの
  • COMBAT SCHOOL:特殊な条件下でバトルを行うもの
  • TREASURE HUNT:海底にもぐり、レアイテムを探索するもの

「P.O.W.RESCUE」では制限時間内に捕虜たちを解放していく。各拠点では他のプレイヤーのデッキが敵として出現するため、なかなか歯応えのあるものとなっている。拠点制圧で報酬がもらえるほか、いろいろなアイテムと交換できる「金塊」も入手できる

曜日限定の強敵。巨大な敵ならではの配置で、下から攻撃されたときにはかなり驚かされた

ギルドで仲間と協力プレイも

ギルド機能も実装されており、仲間とレイドボスへ挑んだり、ギルドとしてミッションに挑戦することもできる。仲間ができることで、単純に強くなる以外の楽しみ方もできるといえるだろう。

画像はギルドのトップ画面。簡易的なものを想像していたが、ギルドボーナスやショップ、貢献ポイントなど、かなりきちんと作られている印象。ちなみに「GOOD JOB」は相手にMSP(ゲーム内通貨)を与えることで自らは出撃ポイントを得られる

ギルドとして強敵に挑む「ギルドレイド」。戦利品はギルド内でプールして入札することもできるようだ

ここまで多くの要素を紹介してきたが、配信直後ながら鋭意開発中といったものがなく、全体的にきちんと作られたものがリリースされたという印象を受けた。ミッションやバトル、ギルドなどのボリュームもそうだが、20周年記念タイトルに対する並々ならぬ意気込みを感じる。

個人的にはキャラクター育成要素の充実ぶりがうれしく、ある程度自分好みに育てていける点が好印象。アーケードの筐体で操っていたキャラクターが自分のものになったような、なんともいえない感覚を覚えた。ゲームセンターで『METAL SLUG』を遊んでいた方はぜひプレイしてみてほしい。

もちろん、タワーディフェンスゲームとしても単純に面白いので、シリーズファンならずとも楽しめる作品となっている。本作を機に、『METAL SLUG』デビューしてみてはいかがだろうか。

  • 使用した端末機種:Galaxy S6 edge
  • OSのバージョン:Android 5.0.2
  • プレイ時間:約3時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0
  • 課金総額:0円

(c)SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.