the SOUL of SEVENS ソウル オブ セブンス

ソウル・オブ・セブンス【攻略】: 最初に立ちはだかる強敵! 3章5話の戦車を破壊せよ

  • 2015年12月21日

ゲームを進めて行くと難易度は徐々に上がっていき、最深部には強敵となるボスが登場する。今回は多くのプレイヤーが最初に行き詰まるポイント、3章5話の戦車戦について、その攻略法を解説していく。

3章5話で登場する戦車

3章5話では、初となる装甲兵器として戦車が登場する。そのため、普段ショットガンやアサルトライフルをメインとして扱っているプレイヤーでも、その硬い装甲にかなり悩まされるはずだ。

戦車の機銃攻撃もかなりやっかいで、オブジェクトの裏に隠れていてもすぐに破壊されてしまう。選択するロードアウトはもちろんのこと、銃弾耐性の高いアーマーも用意しておきたい

攻略ポイント1:推奨装備に注目

戦闘を開始する前には、挑戦するミッションの詳細画面が表示されるようになっており、その他にも評価ボーナスやアイテムの所持数などを確認できる。この画面で特に注目したいのが、青色で表示されている「推奨装備」という項目だ。

3章5話に表示されている推奨装備は、グレネード(手りゅう弾)とロケットランチャー(RPG)。装甲兵器には爆発によってダメージを与えるロードアウトが有効なため、これらを装備することが最も攻略の近道となる。どんなミッションでも、挑戦する際には必ず推奨装備を確認するクセをつけておくと、行き詰まる回数も減っていくだろう。

戦車との戦闘前には2人の兵士が登場するため、ロケットランチャーやグレネードのほかにも武装しておきたいところ。この2人とは近距離での銃撃戦となるので、ショットガンかアサルトライフルがベストだ

キャラクターによって変わるロードアウトの性能

推奨装備を理解した上で、さらに覚えておきたいのが各キャラクターによって得意なロードアウトがあるということ。基本的にはどんな武装でも扱える彼女たちだが、得意なロードアウトを装備させることによって、通常の1.5倍も性能をアップさせることができるのだ。

今回のようにグレネードやロケットランチャーが輝く場所だと、エレクトラかアステロを選択することで、かなり攻略しやすくなるはず。他のキャラクターにも得意な武装がそれぞれあるので、あらかじめ把握しておきたい。

参考までに、2人にロケットランチャーを装備させたときの比較。メロはアサルトライフル系の武装が得意なので通常どおりの性能だが、エレクトラに装備させたときは戦闘力が1.5倍になっているのが確認できる

攻略ポイント2:移動の重要性

ここまでは敵からダメージを受けても、体力ゲージがわずかしか減らなかったはずだが、装甲兵器が相手だと一瞬で削りきられてしまう。しかも、オブジェクトの裏に隠れたとしても、破壊力のある攻撃ですぐに破壊されるため、ハチの巣状態に。では、どのように回避すればいいのか? それは移動だ。

戦車の機銃攻撃は、発射されるタイミングに砲塔の先端が光るので、それに合わせて移動できるポイントにスワイプしてみよう。戦車の攻撃時間は少し長いため、1度の移動が終ったあとは再び元の位置へ戻る形で移動すること。これを覚えておくだけで、今までの苦戦していたのが嘘のように戦うことができ、安定して攻撃をすることができる。

戦車が機銃攻撃を行っている間も、グレネードならそれを避けつつダメージを与えられる。逆にロケットランチャーだと威力はあるものの、リロード時間や射撃後の硬直時間が少し発生するため、確実に攻略したい方はグレネードを選択していこう

攻略ポイント3:より強力なロードアウトを開発

開発室では、規定のキャッシュを払うことで手に入るロードアウトと、「ロードアウト設計図」といったアイテムを必要分集めることで、開発できるようになるものの2種類が存在する。ロードアウト設計図は、基本的に各章を進めることによって入手できるため、設計したい武器に表示されている場合はタップしてありかを確認してみよう。

また、上記で解説してきた攻略法でも3章5話のクリアが難しいと感じる方だと、キャッシュで今よりもグレードの高いロードアウトを購入するという方法も。しかし、序盤だとそこまでため込んでいる方は少ないはずなので、本当に余裕のある場合にだけこの手を考えるといいだろう。

まれにレアな設計図が手に入る限定ミッションも開催されているため、イベント欄もこまめにチェックしておきたい。また、時間があるときにはマルチプレイにも積極的に参加していきたい

ここまで紹介してきた攻略ポイントさえ抑えておけば、3章5話は安定した攻略が可能。推奨装備や移動ポイントについては、以降のゲーム進行においても役立つ戦闘方法なので、必ず覚えておきたい。

クリアすると所持できるアーマー枠が拡張されるので、これからもさまざまな武装を集めていこう。

(C)Fields/PG Universe