デスティニーチャイルド【ゲームレビュー】

eye

配信前からTVCMが放送された注目作『デスティニーチャイルド』がついに配信開始! キャラクターの躍動感とド派手な演出、戦略性の高いバトルなど、プレイヤーの期待に応えるハイクオリティーなRPGに仕上がっている。

スマホの中で”生きる”チャイルドとともに最強を目指せ!

舞台は、人間、天使、悪魔が共存する世界。現代的な人間界の影で、天使や悪魔といったアンダーグラウンドな存在が暗躍していく。

プレイヤーは次期魔王候補の1人となり、最強の使い魔軍団を率いてほかの候補に勝利することを目指していく。

主人公は魔王の子孫の1人。オタクな彼は、魔王のイスに一切興味はなく、人間界で自堕落な生活を送っていた。そんな彼のもとに、モナと呼ばれるサキュバスが訪れて……

プレイヤーはストーリーを進めながら、使い魔「チャイルド」を徐々に増やしていくことになる。

その増やし方は、人間の心に甘く囁きかけ、自身の契約者にするというなんとも悪魔らしい手法。

大きな願望、欲望を持った人間の心に足を踏み入れ、その魂を従属させていく。

ターゲットとなる「契約者」の心が戦いの舞台となる。徐々に深層心理へと歩みを進め、願望の中核たるチャイルドを探していく

ステージの最後に登場するチャイルドを倒すことで、仲間にすることができる。こうしてチャイルドを徐々に増やしていく

チャイルドはストーリー本編以外に、ガチャからも入手可能。

どのチャイルドも最高レアリティである星6まで育成できるので、好みのキャラクターを強化していくといいだろう。

人間くさい悪魔の物語

モナに言われるがままチャイルドを増やすために奮闘する主人公だが、それで本当に契約者が救えているのか、という疑問と葛藤していく。

チャイルドを得るという結果を重視するモナと、きちんと心も救いたいと思う主人公。へたれでやさしい悪魔がどう成長していくのかにも注目だ

妙に人間くさい主人公の物語は、不思議と引き込まれるものになっている。読み物としても楽しめるはずだ。

ムチムチなキャラクターがいたるところで動き回る!

登場するキャラクターが、すべてLive2Dで描かれているのが本作の特徴。

『マグナカルタ』などでおなじみのキム・ヒョンテ氏が描く、むっちりしたキャラクターが滑らかに動き回るのだ。

スマホの中で”生きている”キャラクターを存分に堪能してみよう。

TVCMでもピックアップされていたLive2D要素。これは誇張でもなんでもなく、タイトル、ホーム、ストーリー、図鑑など、いたるところでキャラクターが動く

キム・ヒョンテらしい、いろいろとムチムチしたキャラクターが登場! 着せ替え機能や鑑賞モードも搭載されている

3種類のスキルを駆使するリアルタイムバトル

バトルパートは、最大5体のチャイルドでパーティーを編成して挑戦する。

ターンのような区切りはなく、つねに敵味方が自らの素早さに応じて行動するスピーディなものだ。

そんなバトル展開の中で、プレイヤーはスキルを任意で発動して戦いを有利に進めていく。

各キャラは自動で「通常攻撃」を行うが、これではあまりダメージを与えられない。勝利のためにはプレイヤーが発動させる強力なスキルが必要だ

スキルは「ノーマルスキル」「スライドスキル」「ドライブスキル」の3種類。すべてキャラ固有のものが設定されており、その効果は攻撃、回復、補助など多岐に渡る。

これらを考慮した編成、そしてその使いどころが、勝敗を分けるポイントとなる。かなり戦略的なバトルが楽しめるはずだ。

キャラアイコンをタップするとノーマルスキル、スライドするとスライドスキルが発動できる。後者の方が強力だが、使用後は一定時間スキルゲージがたまらなくなる

また、スキルの中でも、ドライブスキルは必殺技のような役割を担っている。

敵全体へ強力な一撃を与えるようなものが多いので、ボス戦など、ここぞというときに使うといいだろう。

ドライブスキルは、攻撃することでたまるゲージが100%になると使用可能になる。発動時にはタイミングよくボタンをタップすると、ダメージが上昇する

ドライブスキルは、ノーマルスキルを一定時間無制限に使用できるようになる「フィーバータイム」に突入するためのトリガーでもある。

ドライブスキル以上にダメージが稼げるものなので、ここを目指しながら戦っていこう。

フィーバータイム中はノーマルスキルが使い放題。アイコンをひたすら連打して発動させ続けよう!

膨大なコンテンツを遊びつくそう!

育成要素、対戦要素など、ゲーム内のコンテンツはかなり豊富に用意されている。

基本的には、チャイルドの育成を進めつつ、最強を目指していくものといえる。いくつか紹介していこう。

チャイルドとの親交を深めていく「キズナ」。ステータスが全体的に上昇するほか、チャイルドの人となりがわかるエピソード、新たなコスチュームやボイスも楽しめる

PvP要素である「デビルランブル」。ほかのプレイヤーのパーティーに勝利することで、ランキングや所属リーグを上げていく

育成要素はレベルのほか、スキルや装備の強化までできるなどかなり豊富だが、比較的素材は入手しやすい。

極めるとなるとさすがに大変だとは思うが、意外に手軽に行えるという印象だ。

リアルタイム制ならではのスピード感と戦略性を楽しもう

キャラクターがいわゆる”ぬるぬる”と動き回る本作。スキル発動のエフェクトなどもかなりド派手で、目で見ていても楽しいバトルが印象的だ。

バトルシステム自体は王道のリアルタイム制。

ただ、プレイヤー介入要素であるスキルに選択肢があり、それをつねに流れる時間の中で頃合いを見て使うので、なかなか新しい感覚で楽しむことができた。

最大の切り札であるフィーバータイムのゲージを100%にするには、ドライブスキルを3回ほど使用する必要がある。ボス戦のWaveまでいかにドライブスキルを使用するか、という立ち回りが問われる

限られた時間の中で最善をつくすといったところがターン制にはない魅力。キャラクターの躍動感とともにそのスピード感を楽しんでいこう。

  • 使用した端末機種:Galaxy S7 edge
  • OSのバージョン:Android 7.0
  • プレイ時間:約3時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.2

(C) 2017 NextFloor Corporation. SHIFT UP Corporation. STAIRS Corporation.