リネレボ【攻略】: 回復スキルをゲットしよう! ヒーリングストライク習得への道

eye

『リネージュ2 レボリューション』(以下、リネレボ)では、メイジ系の2次クラスしか回復スキルが使えず、以前はHPを回復する手段が限られていた。しかし、新たに追加された「ヒーリングストライク」を習得すれば、誰でも回復スキルが使用可能! 今回はヒーリングストライクの習得方法と、その性能について解説していこう。

目指せ! 回復脳筋!!

9月6日(水)のアップデートでフィールドボスが追加されたことに伴い、2つのレアスキルが新たに登場した。

  • アブソリュートシールド:防御力と行動不能抵抗をアップ
  • ヒーリングストライク:自分のHPを少量回復

ほとんどのクラスがHPポーションで回復するしかない『リネレボ』において、回復スキルといえばのどから手が出るほど欲しいレベル。

この2つでどちらがいいかといわれたら、絶対にヒーリングストライクだ。

HPポーションでの回復が追いつかないときに使えれば、死亡率をぐっと引き下げることができるはずである。

というわけで、今回はこの「ヒーリングストライク」習得のための道筋を紹介していこう。目指すは回復脳筋だ!

ヒーリングストライクを習得できれば、HPポーション以外での回復が可能に! デキる脳筋を目指そう

入手の手段は2つ!

ヒーリングストライクの入手手段は、現在2つ。

  1. 特定のフィールドボスを倒してドロップを狙う
  2. トレジャーハントイベント(9月19日まで)で出現する「ゴールドガーゴイル」を倒し、ドロップを狙う

どちらも、結局はドロップで狙うしかない。

しかもドロップするのは、スキルブックを製作するための「ページ」。そのため、習得するにはこれを10枚集めなくてはいけない。

やはり、回復スキル習得への道は困難を極めるのである。

1.フィールドボスからのドロップ

4時間ごとに各エリアに出現するフィールドボスを倒すと、一定の確率でヒーリングストライクのページがドロップ。

落とすのは、

  • ヴェパー(ウィンダウッド荘園)
  • フレゴン(ディオン牧草地)
  • アマデウス(闘争の峰)

の3種類だ。

画面右上にある角の生えたドクロのようなアイコンから、「ボス掲示板」が確認できる。ここから、ドロップアイテムや出現時間などを確認できる

フレゴンはおすすめ戦闘力が24万と、現在地より10万も高い。そこで、手ごろなヴェパーにチャレンジしてみた(アマデウスは、出現エリアがはるか先なので見たこともない……)。

しかし5回ほど挑戦してみたところ、ドロップは一度もなし。どうやら、ドロップ率は相当低いようだ。

フレゴンならドロップしやすいかも……と思いこちらにもチャレンジしてみたが、いかんせん戦闘力が足りず、少し触られただけで倒されてしまった。

フレゴン戦におじゃましてみたが、殴られた瞬間にポータル送りに……。あと一歩だったのだが

何度か挑戦してみたものの、結局フィールドボスからページを入手することはできなかった。

というわけで、フィールドボスからのドロップはあまり期待できない。出現時間が合えば倒しに行く、くらいでいいだろう。

2.トレジャーハントイベントで狙う

続いて、トレジャーハントイベントの宝箱から出現する「ゴールドガーゴイル」(以下、ガーゴイル)からの入手に挑戦。

こちらの記事にもあるとおり、モンスターが強いエリアほど、ガーゴイルからのアイテムドロップ率が上がる。

今回は、メインクエストを進行していた「荒地」エリアで収集を行ってみた。ひたすら宝箱を開けて、出てきたガーゴイルを倒していく。

おすすめの宝箱回収ルートは、以前の記事でも紹介している「赤い岩の尾根」の外周周回。オルマフムが内乱で揉めているので危険度が高いが、宝箱の数も多い

小まめに周回を行なっていたところ、こちらは順調にページを集めることができた。

運がいいときは、1時間で3枚のページが集まったことも!

とってもうれしいページドロップの瞬間。ガーゴイルは防御力が異様に高いので、相手の防御力を無視できるスキルがあると便利だ(筆者はウォーロードなので、残念ながらそういったスキルはない……)

最終的には、10枚すべてをガーゴイルから入手する形でページがそろった。

正確な時間は測っていなかったが、合計すると8時間くらいだろうか。

ヒーリングストライクを集めるのであれば、トレジャーハントで狙っていくのが現実的だろう。

ヒーリングストライク入手のポイント!

2つの手段を試してみたところ、ヒーリングストライクはトレジャーハントで入手するのが効率的だった。というわけで、入手のポイントとしては……

  1. なるべく後半のエリアでトレジャーハントを行う(荒地以降のエリアがおすすめ)
  2. フィールドボスは、出現時間にプレイできるなら狙う
  3. ほかのプレイヤーがガーゴイルと戦っていたら手伝う

意外と侮れないのが3。ガーゴイルに少しでもダメージを与えられれば、ほかの人が倒してもアイテムがもらえる。

ほかのプレイヤーがガーゴイルと戦っていたら、積極的に助けに行こう(人によっては嫌がられるケースもあるので、ほどほどに)。

ついに、ページが10枚そろった! 「スキル」の項目内にある「スキルブック」から、スキルブックが製作できる。2万アデナほど必要なので、こちらの用意も忘れずに

どれくらい回復するか検証!

ようやくスキルが習得できたところで、さっそく性能の検証に移っていこう。

どれくらい回復するのか、正直筆者もワクワクである。

ヒーリングストライクLv.1の性能

  • 効果:自分のHPを少量回復(Lv.1:攻撃力の20%、Lv.2:攻撃力の22.2%)
  • 消費MP:50
  • クールタイム:60秒

回復量は、攻撃力の20%。この場合の攻撃力とは、物理攻撃力と魔法攻撃力の合計値を指す。

たとえ脳筋だったとしても、強力な武器を持っていて物理攻撃力が高まっていれば、たくさんHPが回復できる計算だ。これはありがたい!

筆者のウォーロードを使って、回復量を調べていこう。

検証に使うキャラクター

  • クラス:ウォーロード
  • レベル:60
  • 最大HP:14,670
  • 物理攻撃力:11,827
  • 魔法攻撃力:6,411

物理攻撃力と魔法攻撃力の合計は、18,238とまずまずの数値。

攻撃力の20%ぶん回復するなら、回復量は3,600程度になる計算だが……。

  • ヒーリングストライクの回復量:3,647(18,238×0.2、小数点以下切り捨て)

使ってみたところ、3,647回復した。18,238×0.2で、計算結果は3,647.6になるので、小数点以下は切り捨てになるようだ。

さらに、HPポーションとの回復量を比較してみよう。

  • HPポーションの回復量:4,547(14,670×0.31、小数点以下切り捨て)

HPポーションは、4,547回復した。ポーション系のアイテムは、キャラクターのHPやMPの最大値に対する割合で回復する模様だ。

計算してみたところ、HPポーションは最大HPの31%ぶん回復するようである。こちらも、小数点以下は切り捨てだった。

結果としては、ヒーリングストライクLv.1だとHPポーションよりも回復量が900少なくなった。

しかし、今回は武器がSRだったので、これをもっと成長させれば回復量はもっと伸びるはずである。

トレジャーハントイベント期間内に集めよう!

検証した結果、HPの回復量はHPポーションよりも低く、まあまあというところに。

とはいえ、やはりHPポーション以外の回復手段があるというのは、心強いかぎりである。

トレジャーハントイベントは9月19日(火)23:59まで開催されているので、まだヒーリングストライクを習得していない方は、今のうちにページを集めておこう!

最終手段として、取引所での購入もあるかと思いのぞいてみたが、並んでいたのはアブソリュートシールドのページのみ……。やはり、ヒーリングストライクは自分で集めるしかなさそうだ

(C) Netmarble Games Corp. All Rights reserved.