ヒップスターシープ【ゲームレビュー】

eye

「ヒップスター」とは、流行に敏感な人々という意味。今回紹介する『ヒップスターシープ』は、流行に敏感な羊が登場するという、一風変わったパズルゲーム。独特の世界観を持っているが、パズル部分はしっかりした作りになっている。

タイルを組み合わせて羊をゴールへ!手ごたえ抜群のパズル

本作は、タイルを使って羊が移動する道を作り、アイテムを集めつつゴールまで導くのが目的のパズルゲーム。

タイルはさまざまな形があり、ジグソーパズルのように1枚ずつステージ内に貼っていく。回転させて、向きを変えることもできる。

ルールは単純明快なのだが、ステージはいずれも迷路のようになっていて、羊のルートを確保するのはひと苦労。手応え満点の難解なパズルが楽しめる。

ルールは非常にシンプルなので、すぐに理解できるだろう。行き止まりを作ってしまうか、必要アイテムを集めずにゴールしてしまうとゲームオーバー

世界観は独特で、「ヒップスター」になりたい羊のために、ステージをクリアしてコインを集め、服や靴などを買っていくのが目的。

ストーリーの解説やキャラクター紹介がほとんどないため、推測も交じるのだが、どうも主人公の羊は流行の服や靴などを着て「インスタ映え」するような写真を撮りたいらしい。

主人公のため、せっせとステージをクリアしてたくさんコインを稼いでいこう。

こちらは、オープニングのワンシーン。全体的に日本語は若干あやしい感じである。キツネの「ティリー」が、チュートリアルのナビゲーター的な役どころを務める

激ムズのパズルを突破しよう

本作には、実に150ものステージ(レベル)が用意されている。ステージは1つずつ順番にクリアしていく形式だ。

特定のステージをクリアすると、古着屋や映画館などのコンテンツがアンロックされていく。

パズルのルールはシンプルで、スタート地点にいる羊を、タイルをつないでゴールまで導いていくという内容。

指定されたアイテムをすべて集めて、羊をゴールまで連れていくことができればステージクリアだ。

ジグソーパズルのように、タイルを1枚ずつ置いていき、羊の通り道を作っていく。置けるタイルはステージに入るたびにランダムで変化するため、運の要素もある

制限時間や時間経過によるペナルティなどはなく、いくらでも考えてOK。

また、タイルは回転させることができるが、手にしているタイルを必ずステージのどこかに置かなくてはいけない。

1手戻すのには、課金アイテムのダイヤモンドが必要なうえ、次のタイルを使うなどの選択肢がとれないため、ベストなルートを構築するにはかなり頭を使わされる。

羊は、出来たルート内にアイテムがあれば、自動的に移動して回収する。

アイテムは、コインやカップケーキ、カセットテープなどさまざま。どのアイテムが何個必要かは、左上の星マークをタップすれば確認できる

指定されたアイテムを全部そろえ(ステージによっては、ステージ内のアイテムを全部集めなくてもOK)、羊が無事にゴールまでたどり着けば、ステージクリア。

報酬のコインが手に入り、次のステージに進められる。

看板の位置がゴール。タイルは、全部使わなくても問題ない。看板には「次の流行」と書かれているのが、なんともシュール

ゴールすると「次の流行」が表示されるのだが、どうにも難解である……。次の流行りは「原宿の時代遅れのフラクタル音楽」と書かれているが、本当に流行するの?

ステージによっては、おじゃまキャラクターの「オオカミ」が出現することもある。

オオカミに襲われると、羊がびっくりしてしまい、ゲームオーバーになってしまう。

オオカミは、レベル16で初登場。スーツを着ているが怪しい……

まったく説明がされないのだが、オオカミに対しては、ステージ内にある「カメラ」を回収しておけば、襲われても迎撃ができる。

オオカミに接触する前に、カメラを回収するルートを構築しておこう。

中央にあるのがカメラ。このステージでは、オオカミのすぐ隣に設置されているので、スムーズな回収がなかなか難しい

カメラを持っていれば、オオカミに襲われてもストロボの光で驚かせて撃退可能。意外と小心者のようだ

お店を開放すれば便利な機能が使える!

ステージを進めていくと、さまざまなお店がアンロックされていく。

今回のプレイで確認できた、4つのお店を紹介していこう。

古着屋(ステージ10をクリア)

服や靴、帽子などの着せ替え用アイテムが売られているお店。

着せ替えアイテムは、羊の見た目を変えるくらいしか効果がないが、ゴールドのヒップスターを名乗るからにはおしゃれにも気を使いたい。

しかし、商品はいずれも高く、大量のコインを集める必要がある。

ステージをクリアしていくことで商品がアンロックされ、買えるものが増えていく。コインを集めて、どんどんアイテムを買っていこう

映画館(ステージ12をクリア)

映画(=広告動画)を見ることで、ダイヤモンドがもらえる。

1回見たあとは、しばらく時間を空けないと見ることができない。

広告動画を見る必要はあるが、気軽にダイヤモンドを入手できるので便利。

映画館というよりは、ホームシアターという感じだろうか。課金通貨が簡単にもらえるのは、なかなかウレシイ

コーヒーショップ(ステージ17をクリア)

スタミナ(コーヒーで表示)の最大量をアップしたり、回復速度を上げたりできる。

  • インスタントコーヒー:ダイヤモンドを消費してスタミナを満タンにできる
  • 生産:ゴールドを支払い、スタミナの回復速度をアップする
  • 能力:ゴールドを支払って、スタミナの最大量をアップする

逆にいうと、コーヒーショップがオープンしないと、時間経過でしかスタミナ回復ができないので、早めに開放したい。

一見すると、スタ○っぽいマークのコーヒー店。スタミナ関連はここで管理できる

タイル屋(ステージ21をクリア)

ここでは、ステージ内で使える予備のタイルを購入できる。

  • インスタントタイル:ダイヤモンドを支払って即座に予備のタイルを作成する
  • 生産:ゴールドを使って、次のタイル生産までの時間を短縮
  • 能力:アップグレードすると予備のタイルの枚数を増やせる

予備のタイルがあると、2つのタイルからどちらか1つを選んで置けるようになるため、非常に便利。

予備のタイルは、生産にかなりの時間を要する。使うのはここぞというときだけにとどめておくべきだろう

いらないタイルの置き方がカギ!

シンプルでありながら難易度が非常に高い本作に、詰まってしまいがちな人のために、ちょっとしたコツを紹介。

先のステージでは、思いどおりのタイルがあまり出てくれないため、どちらかというと不要なタイルの置き方のほうが重要である。

なるべく道をふさがないところに置き、安全性を重視していこう。

逆L字の形のタイルが出てきたが、どこに置いても道をふさいでしまうような状況。こんなときは、とりあえず進行ルートに関係ない位置に置いておこう

残りのタイルで、無事にクリアルートを構築できた。カメラも入手しているので、オオカミ対策もバッチリ

パズルのレベルデザインをしたのはあの世界的ゲームデザイナー!

羊をヒップスターにするという独特な世界観ではあるが、パズルは難易度が高く、手応え満点。

調べてみると世界的なボードゲームデザイナーである、ライナー・クニツィアがそのデザインににかかわっているようだ。

パズルやボードゲーム好きなら、ひたすらハマれることだろう。

また、この手のゲームにしては珍しく、スタミナ回復が早めなのもうれしいポイント。150ステージをクリアしたらどうなるのか、個人的にも非常に気になった。

  • 使用した端末機種:SO-04J(Xperia XZ Premium)
  • OSのバージョン:Android 7.1.1
  • プレイ時間:約3時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0
  • 課金総額:0円

(C) Animoca Brands Ltd.