• [8/9版]ポケモンGO【攻略】: バリヤード!アンノーン!メリープ!レアポケモンだらけの「ポケモンGOパーク」に突撃

[8/9版]ポケモンGO【攻略】: バリヤード!アンノーン!メリープ!レアポケモンだらけの「ポケモンGOパーク」に突撃

44

『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)で、本日8月9日から「Pokémon GO PARK」(以下、ポケモンGOパーク)が、横浜のみなとみらいで開催されている。海外限定ポケモンの「バリヤード」を狙いつつ、ほかにどんなポケモンが捕まえられるかや人気イベントの「ずぶぬれスプラッシュショー」の模様をお伝えしていく。

30分もいれば満喫できる!ポケモンの巣を超える超性能の限定スポット

横浜のみなとみらいエリアにて、本日8月9日から8月15日まで開催中のリアルイベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」で、今年は『ポケモンGO』に特化した「ポケモンGOパーク」が登場!

海外限定ポケモンである「バリヤード」を入手できるという触れ込みを聞きつけ、初日からさっそく参加してきた。

最寄駅である「桜木町」に着くと、構内の至るところまでもが、すでにピカチュウにジャックされていた。ポケモンファンにはたまらないイベントとなっている

ポケモンGOパーク開催期間

8月9日(水)~8月15日(火) 10:00~18:00

リアルもゲーム内もピカチュウだらけ!モジュールも常時発動中!?

駅から降りて、ポケモンGOパークへと向かうまでも、至る所にピカチュウがたくさん!

試しに『ポケモンGO』を立ち上げてみると、普段では考えられない異様な光景に驚かされた。

イベントを歓迎するかのように、あたり一面のポケストップに「ルアーモジュール」が焚かれていたのだ

最初に見かけたポケモンも、レア度の高い「ヒトカゲ」だったのが気になり、そのままポケモンを探してみると……。

ゲーム内にも、たくさんのピカチュウの姿が!

どうやら、「ポケモンGOパーク」以外のみなとみらい一帯は、ピカチュウの巣になっているようだ。

カントーパークから調査開始!さっそく目当てのポケモンに遭遇!?

まずは、カントーパークとなっている「赤レンガ倉庫」に到着。

向かうまでに見えてはいたが、イベント開始時間の10:00だとというのに、パーク内はすでにトレーナーたちでごった返していた。

日なたを避けるように、スマホに釘付けのトレーナーたちが集まる。このあと昼時に近付くほど、さらに混雑していった

各パークには「リアルポケストップ」と「リアルジム」が設置されている。まるでゲーム内から飛び出したかのような精巧な作りは、一見の価値アリだ

たくさんトレーナーがいるなかでも、ひときわ人だかりができているところに近づくいてみると、そこには今回の目玉であるバリアーポケモンが!

パントマイムの得意な海外限定ポケモン「バリアード」だ!!

CP以上にゲットしやすいポケモンで、調査開始と同時に目標達成できてしまった

さらに少しだけ歩みを進めると、ほとんどタマゴからしか入手できず、登録できていなかったポケモンにも遭遇する。

人気のジム防衛ポケモンであるハピナスに進化できる「ラッキー」を発見&ゲット!野生で出会うことは二度とないと思えるほど、レアなポケモンだ

このようにパーク内は、めったに見られないレアなポケモンたちや、最終進化への道が険しい「ヒトカゲ」などが、巣以上にまとまって捕獲できる、かつてないほどのゲットチャンスに恵まれたエリアとなっている。

特に、バリアードやラッキーは出づらいというわけではなく、運がいいと同時沸きすら確認できるほど、その出現率は高め。30分ほどの探索で、どちらも5匹以上ゲットできた

レアポケモンと御三家以外に多かったのが、「イーブイ」や「ワンリキー」にみずポケモンたち。ポケストップ近くでなくとも、このレベルでわんさかと出現した

カントーパークで発見できたポケモンたち

  • バリヤード
  • ラッキー
  • ヒトカゲ
  • ゼニガメ
  • フシギダネ
  • ワンリキー
  • ピカチュウ
  • カモネギ
  • ピッピ
  • イーブイ
  • カントー地方のみずポケモン

※太字は絶対に捕まえておきたいポケモン

非常に出現頻度が高いため、ワンリキーなどを最終進化まで集めきるのもそこまで難しくはないはず。まだ入手できていないポケモンがいれば、この機会にゲットしよう!

カントー以上に熱いジョウトパーク!? 全26種のあのポケモンの姿も

「カップヌードルミュージック」を中心に広がる、『ポケットモンスター 金・銀』に初登場したポケモンたちが生息するジョウトパーク。

こちらも、「ヒノアラシ」をはじめとする御三家ポケモンや、みずポケモンでいっぱいになっていた。

よく見ると、ジムに出現するボスポケモンも各パークに合わせたポケモンになっている。カントーパークでは「サンダー」の出現も確認できた

普段見られないポケモンとしては、「エアームド」や「オドシシ」「メリープ」の姿が数多く見受けられた。

今までゲットできていなかったレアポケモンたちが、ぞくぞくと図鑑登録されていく。残念ながら「キリンリキ」の生息は確認できなかった

超レアかつ、2段階進化可能なメリープを大量できるのが注目ポイント。「パイルのみ」を使いながら集めれば、「デンリュウ」ゲットも夢ではないはずだ!

レアポケモンの宝庫となっているパーク内でもなかなか見つけるのに苦労するのが、「ミルタンク」と「ヨーギラス」、そして「アンノーン」の3匹。

アンノーンは、アルファベットを彷彿とさせる姿が特徴の、1匹で26種類以上の見た目が楽しめる超激レアポケモンだ。

編集部員ふたりで見つけられたのは「O」「H」「Y」と読み取れる、3種類のアンノーンたち。個人的に「F」の姿が非常に好きなので、探し出したかった……

図鑑埋め最大の難所とも言われたミルタンクは、約2時間半の調査で1匹しか見つからなかった。ヨーギラスに至っては自分では発見できず、もう1人の編集部員がやっと1匹発見できた程度の出現率だった

ジョウトパークで発見できたポケモンたち

  • アンノーン
  • ミルタンク
  • メリープ
  • ヨーギラス
  • エアームド
  • オドシシ
  • ヒノアラシ
  • ワニノコ
  • チコリータ
  • ブルー
  • ジョウト地方のみずポケモン
  • (バリヤード)

※太字は絶対に捕まえておくべきポケモン

カントー地方に生息するはずのバリヤードは、ジョウトパークでも出現を確認できた。同じように情報によれば、カントーパークでもアンノーンは出現するとのことだ

水のカーニバルには覚悟と着替えを忘れずに!

イベント中、みなとみらい各地で行われる「ピカチュウショー」のなかでも、ポケモンGOトレーナーが参加しやすいのが、カントーパークがある赤レンガ倉庫で1日に3度開催される「ずぶぬれスプラッシュショー」だ。

事前に去年のイベント内容を聞き、ビニール袋だけ用意して参加したが、想像以上の進化を遂げていた。

このイベントは、その名のとおり歌とダンス、そして大量の”水”がテーマのショーになっている

この日は、最高気温37度という真夏日。涼しくなりたい一心で、迷いなく濡れると注意喚起もなされている「ずぶぬれエリア」から鑑賞することに決めたが、覚悟が足りなかった。

まさにパンツやリュックまでビショビショになる本格具合で、ショーが終わるころには笑えるほどずぶ濡れになっていた。

ショーに登場するピカチュウたちは、アロハシャツ姿で思い切り踊っていてかわいらしかった

非常に爽快で楽しいショーなのだが、軽い気持ちで「ずぶぬれエリア」にはいることだけはおすすめできない。

ショーを本気で楽しみたければ、全身の着替えかカッパなどを手に臨むようにしたい。

ポロシャツがスケスケになった筆者は、ショー後に着替えとなるチームTシャツをポケモンセンターでゲットすることになった。ほかにもピカチュウ柄のTシャツなども豊富にあったので、現地で着替えを調達するのもいいだろう

(C) 2016 Niantic, Inc.
(C) 2016 Pokemon.
(C) 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.