人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』のスマホ版が2018年春に配信決定!

  • 2017年08月07日
package(1)

センキは人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』を、スマートフォン向けに2018年春に配信することを発表した。デジタル化するにあたり、TOKIAME氏の美麗イラストによる新カードやストーリーモードの追加、ルールの調整などの変更が加えられるほか、全国大会やグッズ展開なども予定!

『桜降る代に決闘を』スマホ版ではルール調整や新要素も!

[以下、リリースより]

あの大人気ボードゲームがデジタルゲームに!

非電源ゲームの祭典「ゲームマーケット」で高評価を得る、大人気ボードゲームが遂にデジタルゲームに!

  1. 8月~7月の全国大会において、地方予選含めて200名以上の参加者を動員!
  2. 東京、大阪、京都、北海道、愛知、福岡、新潟などの各都市で大会などのイベントが定期開催され、いずれも盛況!
  3. イエローサブマリン様の販売ランキングで基本セット、拡張ともに何度も1位を獲得し、ベスト10に常駐!

TOKIAME氏の描く美麗なイラスト

原作ゲームの特徴

原作ゲームの魅力を最大限に生かし、この度、デジタルゲーム化!

  1. キャラクター2人を組み合わせ、自分が使えるカードを決定!
  2. 相手のキャラクターを見てからデッキを組む。22枚→10枚の高速構築!
  3. 「間合い」を図り、一進一退の攻防を繰り広げる決闘型カードゲーム!

あなたが選ぶのは2キャラクターの組み合わせ。それは単に1キャラを選ぶより奥深いものです。

メガミの戦い方はそれぞれ個性的。自分の組み合わせが何で、相手の組み合わせは何なのか。双方の思惑は交錯し、ゲームの展開は大きく変わります。

あなたは両手にメガミの力を宿し、具現化する能力者です。

近距離攻撃が得意なメガミでも、遠距離型のメガミと組み合わせて距離を使い分けるか、割り込み能力を持つメガミと組み合わせて巧みに戦うかで、戦型は大いに変わります。

多彩なメガミたちから組み合わせられる、無限の組み合わせをお楽しみください。

相手のキャラを見てからデッキを組む。「見てから」というのがポイントです。

山札として巡る7枚の通常札、ゲーム中1回だけ使える3枚の切り札。それぞれ何をデッキに入れるのかが明暗を分けます。

デッキは僅か10枚、1キャラは11枚のカードを持つため、2キャラで合計22枚から10枚を選びます。相手の2キャラはもう分かっています。

自分の2キャラの強みを生かすのか、それとも相手の2キャラから想像される戦略を対策するのか、決断するのはあなたです。

相手と自分の得意な「間合い」を図り、一進一退の攻防。全く新しい決闘をご覧あれ。

自分の生命力:ライフ。ガードに用いる力:オーラ。切り札のコストとなる必殺技ゲージ:フレア。捨てられたトークン置き場である:ダスト。そして彼我の距離:間合。多彩なエリアとトークンが、戦況を巧みに表現します。

戦いの趨勢は、盤面に舞い踊る桜花結晶によって表現されます。

例えば、間合に4つの桜花結晶があれば、自分と相手の距離は4離れているのです。

前進、後退やカードの効果で間合を合わせ、攻撃カードを撃ちこみましょう。

独特のルールが生む、新感覚の戦いにご括目ください。

デジタルゲーム版での変更点

  1. 魅力的な新メガミや、既存キャラクターのアナザーバージョンなど、多数登場予定!
  2. 魅力的な世界観や、キャラクターとの関わりを 楽しめるストーリーモードを搭載!1人でも遊べる!
  3. 原作・Bakafireがルールを調整し、より刺激的で盛り上がるシステムに改良!

詳細は、随時情報公開予定!

さらに……!

  1. 各地での「地方予選」、日本一を決める「全国大会」も開催予定!!
  2. ショップやボードゲームカフェでの体験会・試遊会など、イベントも積極的に開催!
  3. キャラクターグッズ展開も鋭意計画中!

原作ボードゲームとも連動し、各種大会を盛り上げます。大会の模様は、各動画サイトでもお届けしていく予定です!

――『ふるよに』を日本全国に展開していきます!!

詳細は、決まり次第、お伝えいたします!

製品概要

  • タイトル:桜降る代に決闘を
  • ジャンル:眼前構築型決闘カードゲーム
  • 配信プラットフォーム:App Store/Google play/にじよめ
  • 販売形態:基本無料+コンテンツ課金
  • リリース予定日:2018年春予定
  • 運営元:有限会社センキ
  • 開発元:Bakafire Party&有限会社センキ&株式会社MABUHAY