マッスルショット【攻略】: 「限界突破の試練(セイウチン)」攻略

eye

ようやく実装されたセイウチンの限界突破イベントは、異次元ホールに加えて火山に落雷と、対応しにくいギミックのオンパレード。味方は異次元ホール無効で固めておき、高火力の友情アタックで押していくようにしよう。

  1. リーダー:間隙の救世主 カオス
  2. メンバー1&フレンド:マグネット・パワーに捧げた魂 サイコマン
  3. メンバー2:完璧・漆式(パーフェクト・セブンス) ガンマン
  4. Round1
  5. Round2
  6. Round3
  7. Round4
  8. Final Round
  9. おすすめ超人:卑劣極まりない裏切り マンモスマン
  10. 参考動画

猛襲ウルフマンで使える!星6セイウチンを入手しよう

6月のMAXマンに続き、7月はセイウチンが限界突破。待っていた人も多いことだろう。

このバトルで入手できる「鮭」を使えばセイウチンを限界突破させることができ、星6まで成長する。

星6のセイウチンは、従来のロウ無効に加えて炎ロープブーストが追加! 高難易度で知られる、猛襲ウルフマンで使えるのはうれしい。

攻撃力が低めだが、友情アタックは高威力で、必殺技にはパワーダウン効果もある。使いやすいアビリティ構成なので、セイウチンを持っている人は必ず限界突破しておこう。

原作でのセイウチン

『キン肉マンII世』の初期から登場している超人。万太郎と同じくヘラクレス・ファクトリーの1期生で、心優しい穏やかな性格。

その性格のせいであまり目立たないが、能力は非常に高く、ガゼルマンに次ぐ優秀な成績でファクトリーを卒業している。

しかし、実戦では悪行超人に対しても優しく、相手を気遣ってしまうため、いい戦績が残せなかった。

そのため、後半では食事当番などのサポート役に回ることが多くなる。

ほぼ試合もしなくなったセイウチンであるが、「究極の超人タッグ編」ではネプチューンマンにその才能を見出され、完璧超人として生まれ変わり……!?

完璧超人としての星6セイウチンはガチャ、イベントですでに登場しているが、新世代超人としての星6は初。性能はなかなか高く、うれしい限りである。

火山と落雷をかわせ!

このバトルでのギミックは、異次元ホール、ダメージ異次元ホールに加えて、火山と落雷が設置されている。

火山と落雷となると、対応できるのはプリプリマンだけなので、おとなしく異次元ホール無効で固めておくのが無難だろう。

すぐに必殺技を使うザコ敵も多いので、素早く撃破できるよう、友情アタックが高威力の超人を使いたい。

友情アタックが封じられないよう、火力枠の超人は落雷を受けないよう位置取ること。

水サイコマンを火力枠に

全員を異次元ホール無効で固めつつ、火力枠として水サイコマンを入れた。

手持ちに星5が1体いたので、フレンドも加えて2体の友情アタックで敵を殲滅していく。

サイコマンは、落雷に触れないよう慎重に弾いていくこと。

便利なのが、リーダーの猛襲カオス。異次元ホールに加えて火山にも耐性を持つので、安定して戦っていくことができる。

リーダー:間隙の救世主 カオス

カオスの猛襲イベントで入手可能。敵の攻撃をかわせるアクセレレイションを持つほか、火山耐性と異次元ホール無効を持つため、適性がかなり高い。友情アタックが強力なのもうれしいポイント

メンバー1&フレンド:マグネット・パワーに捧げた魂 サイコマン

異次元ホール無効で高火力の友情アタックを持ち、HPも高い。限界突破ではHPの低さがネックになることも多いので、ダイヤモンドボディをオペしてHPの底上げをしておくといい

メンバー2:完璧・漆式(パーフェクト・セブンス) ガンマン

こちらのガンマンは、現在は常設になったので持っている人も多いだろう。異次元ホール除去に加えて、スタン効果付きの必殺技が強力だ

Round1

出現ギミック

  • 異次元ホール
  • 火山(右下+左上)

出現超人

  • 中ボス「サバンナの熱風 ガゼルマン」1体
  • 「執念の瞳 MAXマン」3体
  • 「闇装束悪魔超人」1体

開幕から、異次元ホールとダブル火山がお出迎え。異次元ホール無効で固めているなら、必殺技を使ってくるMAXマンから片付けていこう。

火山の位置は、次のラウンドで落雷が来るので、リング右下と左上のエリアには入らないように。

とはいえ、ガゼルマンが突っ込んできて位置がずれてしまうことも多く、運も絡む。

なるべく早めにMAXマンとガゼルマンを倒すようにし、闇装束を残して必殺技ため&位置調整。

サイコマンを左下に集めた状態にして、次へ進むようにしよう。

Round2

出現ギミック

  • ダメージ異次元ホール
  • 落雷(右下+左上)

出現超人

  • 中ボス「若きテキサスの暴れ馬 テリー・ザ・キッド」1体
  • 「流氷の妖精 クリオネマン」2体
  • 「闇覆面完璧超人」2体

リングの右下と左上に、ギミックが集中するラウンド。サイコマンが落雷を受けると火力が出せなくなるので、位置取りには気を付けよう。

最低でも、片方のサイコマンが無事な状態にしておきたい。

ここでは、左下にいるクリオネマンが1ターン目に必殺技を使ってくるので、サイコマンの密着友情アタックを当てて、速攻で仕留めたい。

また、中ボスのキッドは2回目の行動で「玉砕覚悟 テリーマン」を召喚する。このテリーマンは完璧超人始祖キラーを持っているので、サイコマンとガンマンがピンチになってしまう。

左下のクリオネマンを倒したら、すぐにキッドの撃破にかかること。

Round3

出現ギミック

  • 異次元ホール
  • ダメージ異次元ホール
  • 落雷(右上+左上→右下+左下→……)

出現超人

  • 中ボス「潜在能力覚醒 キン肉万太郎」1体
  • ガゼルマン 1体
  • キッド 1体
  • 闇装束 1体
  • 闇覆面 1体

1期生の「team-AHO」がそろって登場。万太郎は2,000万猛襲バージョンである。

上にいると落雷に当たってしまうので、リング下で戦うようにしよう。しかし、下にいると強烈な万太郎の友情アタックを受けてしまう。まずは万太郎から倒していこう。

キッドは3ターン後に必殺技を打ってくるので、万太郎、ガゼルマンとまとめてダメージを与えていきたい。

3人の必殺技を受ける前に、突破できればベスト。最低でも、万太郎の必殺技発動前には倒すようにすること。

Round4

出現ギミック

  • 異次元ホール
  • ダメージ異次元ホール
  • 火山(左上→右上→……)

出現超人

  • 中ボス「スーパー・トリニティーズ ジェイド」1体
  • 「スーパー・トリニティーズ スカーフェイス」5体
  • 闇装束 1体
  • 闇覆面 1体

ジェイドと闇装束、闇覆面に加えて、スカーフェイスがどっさり出現する。

隅にいるスカーは、近くにいると友情アタックで大きなダメージを与えてくる。なるべくリング中央のラインで戦うのがいいだろう。

スカーの友情アタックにさえ注意すれば、特に難しいところはない。ジェイドはサイコマンの友情アタックが健在なら、いつの間にか倒せているはず。

敵が減ってきたら、必殺技の状態を確認。全員がたまっているようなら、そのままボス戦へ突入しよう。

まだたまっていない場合は、火山を避けつつ少しターンを稼ぐ。

Final Round

出現ギミック

  • 氷ロープ
  • ダメージ異次元ホール
  • 落雷

出現超人

  • ボス「心優しき巨漢ファイター セイウチン」1体
  • 「燃え上がる不屈の魂 キン肉万太郎」2体
  • 闇覆面 2体

セイウチンの周囲に、火と水属性キラーの万太郎が出現。正直、ここでは万太郎のほうが強敵である。

ここでは、範囲必殺技で万太郎をまとめて倒すか、ボスを集中攻撃して速攻で倒すかの2つの作戦がある。

今回は、必殺技が単体攻撃の超人ばかりだったので、後者を選択。

初手はガンマンから。属性有利なので、5万ダメージを与えてスタンさせた。

残念ながら弱点はこちらに向いてくれなかったが、ボスのゲージ1本分のダメージを与えられた。

さらに、サイコマンで追撃。ターゲット指定タイプなので、ボスがどこにいても確実にヒットできるのが強みだ。

4万ダメージを与え、ボスを残りHP1本と少々というところまで追い詰める。

もう一発サイコマンを当てたあと、カオスは不利属性だったので、味方の友情アタックを発動していったが、万太郎は倒せず。

必殺技で1万強のダメージを受け、さらに落雷もヒット……!

ピンチに陥りつつも、ガンマンでカオスの友情アタックを発動し、なんとかボスを撃破。ギリギリの戦いとなった。

「限界突破の試練(セイウチン)」クリア達成!

道中はそれなりに安定していたが、ボス戦で思ったようにダメージが与えられず、手間取った。

今回はザコ処理を優先してサイコマンを使ったが、ボス戦も意識するなら広範囲の必殺技が使える超人を入れておきたい。

おすすめの超人を紹介しておこう。

おすすめ超人:卑劣極まりない裏切り マンモスマン

こちらのマンモスマンは、ビッグブーツで直線状にいる敵をまとめて攻撃できる。

ボス戦の初手で、右上か左下に位置取っておけば、2体の万太郎を巻き込んで一気に処理できる。

さらに、火山弾回復もあるので、火山に引っかかってしまっても安心だ。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA