[7/24版]ポケモンGO【攻略】: ルギアゲットに挑戦!即戦力のおすすめポケモンは?

49

『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)のシカゴで行われた初のリアルイベント「Pokémon GO Fest」に集まったトレーナーの活躍により、日本にも伝説のポケモンが襲来!!今回は「ルギア」ゲットを目指して山手線へと乗り込んだ。すぐにゲットも可能なおすすめポケモンも紹介する。

全国各地のジムにルギアが襲来!今がいちばんのゲットチャンス

『ポケモンGO』に、ついに待望の伝説のポケモンたちが登場した。

日本時間7月23日からジムにボスポケモンとして出現しているのは、せんすいポケモンの「ルギア」と、れいとうポケモンの「フリーザー」の2匹。

本記事では、ルギアゲットを目指していく。

ルギアは、ジョウト地方で「海の神」として伝わるポケモン。「ポケットモンスター 銀」のパッケージに描かれ、映画「劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」に登場したのが、なつかしい

タイプはエスパー&ひこう

ルギアは海の神様とされながらも、みずポケモンではなく「エスパー」と「ひこう」というふたつのタイプをあわせ持つポケモン。

苦手とするタイプは5つと多いので、ある程度ポケモンを集めていれば、容易に弱点をつけるはず。

事前に育てたポケモンから活躍できそうな6匹のポケモンを調べておこう。

ルギアに有効なポケモンは、かなり少ない。あくタイプのポケモンは、相手の攻撃を軽減しながら弱点をつけるため、もっていたらぜひ手持ちに加えておこう

ルギアの弱点をつけるわざのタイプ

  • でんき
  • こおり
  • いわ
  • ゴースト
  • あく

ルギアに効きにくいわざのタイプ

  • くさ
  • エスパー
  • じめん
  • かくとう

ルギアはエスパーとひこうタイプのわざのほかに、ドラゴンやみずタイプのわざを繰り出してくる可能性がある。

1撃が非常に重いので、こちらが弱点をつかれないということも意識しておくとより戦いやすくなるだろう。

ルギアが使うノーマルわざ(タイプ)

  • じんつうりき(エスパー)
  • ドラゴンテール(ドラゴン)

ルギアが使うゲージわざ(タイプ)

  • みらいよち(エスパー)
  • ゴッドバード(ひこう)
  • ハイドロポンプ(みず)

原宿駅で発見!代々木第二体育館でレイドバトル

JR山手線に乗車して、ルギアの出現したジムが確認できたら降りて向かう作戦でルギア探し。

ちょうど原宿駅に差し掛かったところで、ルギアの姿をキャッチする。

駅から間近!……と思いきや、だいぶ離れたジムだった。これだけ離れていても「ポケストップのちかくにいるポケモン」機能のレイドを使えば、しっかりと捕捉してくれた

人不足で負けてしまうのでは……と心配になったが、ジムに到着してみるとひと安心。

夏休みということもあってか、平日の昼間だったがすでにたくさんのトレーナーが集まっていた。

すみかとなっていた「代々木第二体育館」は立ち入れない状況。ギリギリジムに届く、塀に沿うようにたくさんのトレーナーが並んでいた

CP40,000を超えるルギアへの挑戦おすすめ人数は、上限となる20人。

さっそくバトルに参加してみると、18人のトレーナーと共闘できた。

残念ながら手持ちにはルギアに有効なポケモンはほとんどいなかったため、火力の高いウインディを先頭に、やられたら降参して再挑戦する作戦で挑んだ

出現時間内ならレイドパス1枚で何度でも挑戦可能!

伝説のポケモンは、マーク5つの今までのボスポケモンたちとは比べものにならない強敵となっている。

レイドバトル時のルギアとフリーザーのCPはほぼ一定で、若干ルギアのほうが高い

300秒の制限時間内なら、手持ちが全滅しても回復したり他のポケモンを手持ちにしたりして何度でも戦えるが、戦力不足で間に合わないことも少なくない。

しかし、そのジムからボスポケモンがいなくならない限り、レイドチケット消費なしで何度でも改めて挑戦できるので、手持ちの編成や参加人数を見直して、めげずにリベンジしてみよう。

バンギラスやフリーザーをゲットしてからの攻略が吉!?

ドキドキのルギアとのバトル。

周りのトレーナーの多くはCPが高く、タイプ相性もばつぐんな「バンギラス」を使い、思った以上のハイペースでルギアにダメージを与えていく。

そのほかのポケモンも「サイドン」、「ゴローニャ」と弱点をつけるポケモンがほとんど。ほぼ傍観状態で、順調にルギアのHPが削られていく

後半に差し掛かり、エースとなるポケモンが倒れると、ダメージ効率は大きく下がったものの、そのままスムーズにクリア。

あまり大人数でバトルできそうにない場合は、事前にバンギラスなどのHPを削りやすいポケモンをレイドバトルなどでゲットしたうえで挑戦したほうがいいだろう。

制限時間を半分以上残した状態でクリア。15人もいれば、問題なく勝利まではたどり着けそうだ

もう一匹の伝説のポケモン「フリーザー」もルギアとの相性がいいので、先にゲットしてからチャレンジするのもおすすめだ。

即戦力!レイドバトルで一発ゲットできるルギアに有効なポケモン

  • フリーザー(マーク5つ)
  • バンギラス(マーク4つ)
  • ゲンガー(マーク3つ)
  • サンダース(マーク3つ)

攻撃力が全ポケモン中最高クラスのゲンガー。エスパータイプのわざは苦手だが、レイドバトルでは耐久力よりも火力のほうが重要なのでおすすめ。ゲージわざは回避しよう

サンダースはアメを集めて進化させるのも簡単なポケモン。攻撃力が高く、覚えられるわざがすべてでんきタイプなので、わざ厳選が容易なのもポイントだ

きんのズリのみでも真っ赤!ゲットできるかは神頼み!?

チームヴァーラー(赤)が活躍してくれたおかげで、7つのプレミアボールを持ってゲットチャレンジへ。

ゲットチャレンジでのルギアのCPは約2,000。とっておきの「きんのズリのみ」をあげたところで、意味があるのかわからないほどリングの色は赤いままだ。

むしろ、少し黒く見えるほど真っ赤なターゲットリング。非常に頻繁に上下移動とボールを弾くモーションを繰り返すので「ナナのみ」の方が有効かもしれない

出現位置自体は超近距離なので、モーション中以外ならExcellentスローやGreatスローを狙うのは容易い。

距離感をうまくつかめないと、ボールを当てられないまま個数が減っていく。うまく当てたところでなかなかゲットできないので、着実に当てられるように集中したい

残り3個……となったところで無事ゲット!!

かなり運よく、なんと一度目の挑戦で目標達成することができた。

もはや巨大すぎて、画面に頭が写りきらないルギア。これでもリーダーのキャンデラさんは「小さいルギアだね!可愛いと思うわ。」とコメントしてくれた

伝説のポケモンの捕獲率は超低め!?

ルギアゲット後、近くにフリーザーを発見。

こちらにも難なく勝利するも、肝心の捕獲ができない……。

CPは1,620とルギアよりは低かったが、もちろんターゲットリングは真っ赤だった。ボールを11個も持ってのチャレンジだったが、失敗に終わった

その後も、新たなフリーザーに挑戦するも、まったくゲットできる気配がない。

どうやら伝説のポケモンは、原作同様にかなりゲットしづらくなっているようだ。

ゲットチャレンジまでたどり着いたうえで逃がしてしまった場合は、同じ場所で再挑戦することはできない。ほかのジムで改めて探し直そう

協力こそが最重要ポイント!人が集まりやすい今を見逃すな

伝説のポケモンと挑むうえでキーとなるのは、なによりも挑戦人数。

実は、実装直後に田舎でも挑んでみたのだが、ソロプレイではレイドチケットをむだにするだけで、何の意味もなかった。

もはや、バトルがはじまる前から感じる敗北感……

駅から離れた場所で6,7人で2度フリーザーに挑むも、あと少しのところで倒せなかった。

ルギアとフリーザー、どちらに挑む際にも最低でも10人ほど集まれば、安定勝利できるぐらいの感覚だ。

友だちや家族といっしょにプレイできるのがベストだが、筆者のようにソロプレイの場合は、伝説のポケモンを探し出すよりも、まず人が集まりそうなジムに注目するのがおすすめだ。

今回ゲットできたルギアがこちら。わざも個体値もイマイチだったので、新たに捕まえ直そうと思う

ルギアとフリーザーの出現期間は、公式に発表されていないが、早ければ早いほど人も集まりやすいはず。

現在は「伝説のタマゴ」ではなく、突如として出現するシステムになっているため、ちまちまとポケモンGOを起動して、ゲットを目指そう!

ボスポケモンは、どのポケモンも出現からちょうど2時間で消えてしまう。発見したら即座に向かってバトルしたい

今後、「サンダー」と「ファイヤー」も登場予定の『ポケモンGO』。

大人数でのレイドバトルは、思った以上に熱く楽しみやすくなっているので、この機会に挑戦してみよう!!

(C) 2016 Niantic, Inc.
(C) 2016 Pokemon.
(C) 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.