無限∞戦士【ゲームレビュー】

main01

3D全盛の現代でも、昔ながらのドット絵を愛する人は少なからずいるだろう。『無限∞戦士』もそんなドット絵への愛があふれたリズム&アクションRPGゲームだ。開発元の「3rdKind」は、『ディグディグ』や『ハッピーストリート』などさまざまなゲームを配信しているが、いずれのゲームでも”凝ったドット絵”が特徴。ぬるぬる動くドット絵に、懐かしさが込み上げる。

まるでリズムゲームのような爽快感あるゲーム性

本作の最大の特徴が「リズムゲームのような操作性」だ。左右から迫るモンスターを「右・左・右」といったリズムで攻撃していく。リズムよく攻撃しないと一定時間無防備になってしまうなど、簡単操作ながら奥深いゲーム性が特徴だ。

モンスターだけでなく、予想外の場所から弓矢やコウモリが飛んでくるため、かなり神経をすり減らす。 倒したのモンスターの首がポーンと飛んで行く演出が、ちょっとしたバイオレンスさを醸し出し、いいアクセントになっている

「強くなった」としみじみ実感できる成長要素

本作ではキャラクターの「装備品レベル」を上げていくシステムが特徴。今まで手こずっていた敵が、1発でサクサク倒せるようになるなど、成長を大きく実感できる作りだ。

今まで手こずっていた敵が、1発でサクサク倒せるようになるなど、成長を大きく実感できる作りだ

ゲームをしばらく進めると「精霊」が登場する。精霊は自動で敵を攻撃してくれるので、戦力としても心強い存在。精霊のレベル上げも行えるので、育てがいがあり、愛着も湧く。

多彩なキャラクターが使えるように

シナリオを進めていくことで、新たなキャラを解放できる。格闘少女やドラゴンなど多彩なキャラを使用することが可能。

キャラによって必殺技や性能が異なり、防御アイテムを複数持てるファイターや、攻撃・防御力が非常に高いドラゴンなど、どのキャラで挑むか”という点もゲーム攻略の肝となる

一部キャラは有料のダイヤを使わないと手に入らないが、取得ゴールドが2倍になるなど、特殊な効果を持っている

また、手に入れたキャラクターを「遠征」に旅立たせることもでき、アイテムを収集させることが可能。使わないキャラでもちゃんと利用価値があるのもうれしい

テクニックさえあればクリアできる、絶妙な難易度設定

難易度設定は非常に”絶妙”で、コインや課金による「お助けアイテム」はあるものの、基本的にはテクニックがあればクリアできる仕組みだ。敵の攻撃パターンを覚え、集中してプレイすれば、装備があまり整っていなくてもノーダメージでクリアが可能。ゲーマーの腕の見せどころである。

またスタミナは、「やられる or リタイア」すると減るシステムなので、やられさえしなければ実質、無制限にプレイできる。レベル上げも無制限で行えるため、攻略に詰まったときの救済措置になっている

オートバトルは便利なものの、待ち時間がダルイ

本作には「オートバトル」という全自動で戦ってくれるシステムも用意されている。
しかし、戦闘そのものをスキップすることはできない。そのため、オートバトルの模様をひたすら見守ることになるのだ。1ステージに少なくとも1分はかかり、オートバトルの間はスマホを使えなくなるので、手持ち無沙汰感が強い。

丸々スキップとは言わずとも、3倍速で早送りできたらより快適にプレイできるのに……。今後のアップデートに期待したいところである。

ゲーム性、やり込み要素ともに完成度が高い良作

暇つぶしに始めたつもりが、立派な”時間泥棒”になっていくことだろう。実質無制限にプレイできるので、やり込み過ぎには気をつけたいところである。
ぬるぬる動くドット絵による、骨太なアクションRPGをぜひ堪能してみてはいかがだろう。

敵の種類も非常に豊富で、ドット絵の作り込みが素晴らしい。やり込み要素も多く、「アクションRPGの旨味を凝縮」したような印象を受けた

  • 使用した端末機種:AQUOS PHONE SBM203SH / iPad mini Retina
  • OSのバージョン:Android 4.1.2 / iOS 8.4
  • プレイ時間:約3時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0
  • 課金総額:0円

(C) 3rdKind inc.
(C) Rainfallsoft inc.