• パズドラ【攻略】: 第46回「裏チャレンジダンジョンLv11」スクルド×ジュリパーティーソロ攻略

パズドラ【攻略】: 第46回「裏チャレンジダンジョンLv11」スクルド×ジュリパーティーソロ攻略

ec

今回は、第46回のチャレンジダンジョンLv10をクリアすると挑戦できるようになる「裏チャレンジダンジョンLv11」の攻略法を紹介していく。敵は2億ものHPがあり、攻撃力も高いが、リーダースキルで軽減が可能なパーティーを使うとクリアしやすくなるはずだ。

裏チャレンジダンジョンに挑戦!

第46回のチャレンジダンジョンLv10をクリアすると、メールボックスに「裏チャレンジダンジョン11」が届く。

このダンジョンは1バトルのみとなっているが、耐久力と高火力を兼ね備えたパーティーでないとクリアは難しい。

しかし、クリアすると豪華な報酬がもらえるので、この記事を参考に挑戦してみよう。

クリア報酬は以下のとおり。

  • 屍霊龍・ドラゴンゾンビ(+297)
  • 潜在拡張たまドラ

※ 2017年6月5日(月)23:59までにクリアしないと報酬は受け取れない

相手のHPは2億!耐久力の高いパーティーで挑もう

「夜行の屍霊龍・ドラゴンゾンビ」の詳細

  • HP: 200,000,000
  • 先制1: 999ターンの間、状態異常無効
  • 先制2:1,000万以上のダメージを無効化する
  • 先制3:5ターンの間、猛毒ドロップが落ちやすくなる

猛毒ドロップやお邪魔ドロップ生成といったやっかいなギミックばかりだが、特定の条件を満たさない限り、相手の行動は以下の3パターンをランダムで使用してくる。

パターン1

  • 最上段横1列を回復、最下段横1列を猛毒ドロップに変換
  • HP50%割合ダメージ

パターン2

  • 28,230ダメージ(1.5倍のとき42,345ダメージ)
  • 1ターンの間、対象ドロップを超暗闇状態にする

パターン3

  • 左から縦の1・3・5列目をお邪魔ドロップに変換
  • 21,173ダメージ(1.5倍のとき31,759ダメージ)
  • 50%の割合ダメージ

基本的には上記のいずれかを使用してくるので、HPと回復力があるパーティーなら耐久が可能だ。

しかし、先制3の効果がなくなると、「5ターンの間、猛毒ドロップが落ちやすくなる」を必ず発動させてくるので要注意。

また、相手のHPが50%以下になると攻撃力が1.5倍に上昇、10%以下になると30万を超えるダメージを与えてくるので、これらにも警戒しておきたい。

パーティー編成

今回は、先日究極進化したばかりのスクルドをリーダーにし、相性のいいジュリをフレンドにしたパーティーを使用する。

それぞれのリーダースキルは以下のとおり。

  • スクルド:水属性の攻撃力と回復力が2.5倍。水木の同時攻撃で攻撃力が3倍。
  • ジュリ:水と木属性のHPと攻撃力が1.5倍。水木の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が5倍。

HPと回復が高く、水木の同時攻撃で軽減もできるので耐久力は抜群だ。

行動パターンにもあるとおり、盤面をお邪魔や猛毒ドロップだらけにしてくるので、回復を含んでいる陣スキルを多めに入れて耐久しやすくしておこう。

サブには、7コンボ強化を持ったモンスターを中心に編成していくのがおすすめだ(覚醒アンドロメダなど)。

アシスト一覧

  • 水ヴァルキリー:シャイターン(3ターン木属性ダメージ無効)
  • ジュリ:シーン(エンハンス)

ドラゴンゾンビ攻略方法

本ダンジョンの攻略法は、耐久しながら少しずつ削っていくというシンプルなものだ。

1,000万以上のダメージを無効化されてしまうので、この方法でないと2億もあるHPは削れきれないだろう。

今回はフレンドのエンハンスをためるまで耐久しているが、コンボ数や水ドロップの数によってスクルドのダメージが無効化されてしまう。

ゆえに、エンハンスは待たずに3色陣を使ってダメージを与えても問題ない。

ここからは、先程紹介した相手の行動パターンごとに対処法を紹介していく。

パターン1

生成された猛毒ドロップ(緑枠)をすべてつなげて消してしまうと、回復しきれずに次の攻撃を受けられない可能性が出てくる。

そのため、猛毒ドロップは3個だけつなげて、回復は2セット消すのがおすすめだ。

なお、今回のパーティーの場合は、転生カリンの毒耐性で猛毒ドロップのみを弾くこともある。

パターン2

超暗闇を受けるのは、画像の位置にあるドロップだ。

この状態になったとしても猛毒と回復ドロップは形で判断できるので、猛毒ドロップは消さずに回復に専念しよう。

もし、水と木ドロップがあるなら、同時攻撃でダメージを与えつつ軽減も発動させておきたい。

パターン3

このパターンでは、回復ドロップをお邪魔ドロップに変換されてしまう可能性が高い。

加えて、回復しなければ次の攻撃次第では負けてしまうこともあるので、回復がなければスクルドもしくは、スミレのスキルを使って回復を生成しよう。

なお、スクルドのスキルを使った場合は、7コンボ以上を組んで全力でダメージを与えていくこと。

HP50%以下での立ち回り

HPが50%以下になると攻撃力が1.5倍になるが、HPが10%を切るまでは上記の行動パターンのいずれかを使用してくる。

そのため、これまで消費したスキルがたまり直すまでは再び耐久をしていこう。

陣スキルが複数使える状態になったら、スキルを連続で発動させて一気に削りにいこう。

ただし、落ちコンなどで削りすぎてしまうと30万オーバーのダメージが飛んできてしまうので、アシストしてあるシャイターンの木属性ダメージ無効を使っておくと安全。

エンハンスを使った場合は、2体攻撃は入れずに7コンボ以上を組んでいこう。

2体攻撃を入れなくても水ドロップの数によって2,000万(※)以上のダメージが出てしまうこともあるので注意しておきたい。

※ HPが50%以下になると木属性に変わるので、こちらの主属性である水属性ダメージは半減する

エンハンスなしの場合は、水の2体攻撃を入れた7コンボ以上を組めばスクルドが驚異的なダメージを叩き出してくれる。

今回は落ちコンで水ドロップが7個つながった状態で消えた上に、12コンボも決まってしまっているが、2,000万以上になっていないのでギリギリセーフだ。

参考動画

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.