マッスルショット【攻略】: 2,000万パワー猛襲「魔の防御(ディフェンド)合戦"凱"」(凱キン肉マン)攻略

eye

5月19日に実装された「魔の防御(ディフェンド)合戦"凱"」は、撒菱に剣山、有刺鉄線にダメージ電流ロープが展開され、目まぐるしくギミックが切り替わっていく。有刺鉄線と電流ロープで回復できる、ネプチューン・キングが大活躍するイベントだ。

  1. リーダー:悪魔を宿すテクニシャン キン肉マンゼブラ
  2. メンバー1&フレンド:暴走する邪心 ネプチューン・キング
  3. メンバー2:天上界より降臨 悪魔将軍
  4. Round1
  5. Round2
  6. Round3
  7. Round4
  8. Round5
  9. Round6
  10. Final Round
  11. おすすめ超人:力で超人であることを証明 カオス
  12. 参考動画

耐性が電流ロープ&落雷に変化した凱キン肉マン

このバトルでは、猛襲キン肉マンの絆覚醒素材「パーソナル・コンピュータ」が入手できる。

絆覚醒後のキン肉マンは、アビリティが電流ロープブースト、落雷耐性、木属性耐性の3つに変化。

友情アタックにもスピードダウン効果が追加され、まったくの別性能になる。

これまでのパターンからすると、次の2,000万猛襲の適正になっている可能性が高いので、ぜひ絆覚醒させておきたい。

ギミックが目まぐるしく切り替わる!

本バトルでは、強力な敵が続々と出現する上、ダメージロープが次から次へと目まぐるしく切り替わっていく。

中心となるのは有刺鉄線と撒菱だが、炎ロープとダメージ電流ロープも同時に展開されることが多く、窮屈な展開が続く。

有刺鉄線ブーストと撒菱無効を持つ鐵ゼブラを中心に、有刺鉄線耐性を持つ超人で固めていこう。

有刺鉄線、電流ロープ両方で回復できる「暴走する邪心 ネプチューン・キング」(以下、新ネプキン)がいると、時間はかかるものの安定性はぐっと増す。

クリアのコツとしては、とにかく焦らずじっくりと進めていき、強敵に迷わず必殺技を打っていくこと。

ロープ回復ができると安定するので、新ネプキンは必ず1体入れておきたい。

また、注意点としては、攻略に非常に時間がかかることが挙げられる。後半まで進むと、30分程度かかってしまうケースがほとんどなので、時間があるときにプレイするべきだろう。

新ネプキン2体編成で挑戦

手持ちで新ネプキンがいるので、今回はフレンドと合わせて2体編成で挑戦。

前半ラウンドは敵に近づけない状況が続くので、友情アタックが不発になってしまうものの、ロープ回復により不死身のような耐久力を実現できる。

先頭は、有刺鉄線ブーストと撒菱無効を持つ鐵ゼブラにしておきたい。ラウンド1の初手でマンモスマンを吹き飛ばしたいので、責任重大だ。

メンバー2の枠は、手持ちに合わせて変わってくる。有刺鉄線回復を持つ光カオスや火オメガマンなどがおすすめだが、今回は火力を重視して天将軍を入れている。

リーダー:悪魔を宿すテクニシャン キン肉マンゼブラ

2,000万パワー猛襲「怨念と憎悪の残虐ファイター”鐵”」で入手可能。高いステータスに適正のアビリティ、強力な友情アタックを持っており、必ず入れておきたい存在。手持ちが弱いなら、複数編成もあり

メンバー1&フレンド:暴走する邪心 ネプチューン・キング

本バトルでは、有刺鉄線に加えて全面電流ロープが張られるところもあるのだが、新ネプキンなら両方で回復できるのでお構いなし。全体必殺技も強力で、手持ちにいるなら必ず入れておこう

メンバー2:天上界より降臨 悪魔将軍

ここは自由枠だが、今回は友情アタックの威力と攻撃範囲を重視して、天将軍をチョイス。持っていない方は、有刺鉄線回復持ちの超人がおすすめ

Round1

出現ギミック

  • 炎ロープ(右で固定)
  • 有刺鉄線(上下で固定)
  • 電流ロープ(左で固定)
  • 撒菱

出現超人

  • 「卑劣極まりない裏切り マンモスマン」2体
  • 「マッスル・ブラザーズ キン肉マン」3体
  • 「勝つことを宿命づけられた戦士 ザ・ニンジャ」1体

固定されたダメージロープの中で、ニンジャが撒菱を設置してくる。

ここでは敵が移動せず、ひたすら友情アタックで攻撃してくるのだが、いずれも威力が高いため接近していると非常に危険。

初手の鐵ゼブラで追い払い、リングの左側に安全なスペースを確保しよう。

やり方にコツがいるので、画像で解説していく。

初手の鐵ゼブラをマンモスマンの下に潜り込ませて、右上に持ち上げていく。

電流ロープ、炎ロープに多少接触してもかまわないので、とにかくマンモスマンを追い払うことを考えよう。

鐵ゼブラの初期位置が右寄りになっている場合は、いったん電流ロープを経由して潜り込むこと。

マンモスマンを追い払い、このような形になれば理想的。あとは、味方を左端にまとめて、有刺鉄線を縦に往復しながら友情アタックで少しずつ敵のHPを削っていこう。

撒菱を踏んでも、新ネプキンがいればじゅうぶんリカバリーできる。

ラウンド3で必殺技を使いたいので、ここでチャージがほぼ完了した状態にしておくこと。

敵は友情アタックを使うだけで、かつロープ変化もないので、ターン経過は気にしなくても大丈夫だ。

Round2

出現ギミック

  • 炎ロープ(左→上→なし→右→下→なし→……)
  • 有刺鉄線(上下→左右→なし→上下→左右→なし→……)
  • 電流ロープ(なし→下→なし→なし→なし→なし→……)
  • ダメージ電流ロープ(なし→なし→全面→なし→なし→全面→……)
  • 剣山

出現超人

  • 中ボス「史上最強の頭脳ファイター キン肉マンスーパー・フェニックス」1体
  • 「豪力無双のパワーファイター キン肉マンビッグボディ」1体
  • 「ワイルドファイター ジェロニモ」4体

絆覚醒した光フェニックスが中ボスとして登場。高威力の友情アタックを使ってくるので、フェニックスには密着しないようにしておこう。

また、このラウンドはダメージロープの入れ替わりが激しく、6ターンで1周する。

3ターンごとに全面ダメージ電流ロープが張られるので、これをいかにしのぐかも重要だ。

敵の撃破順としては、まずフェニックスから倒しに行く。初ターンの攻撃後は、3ターンの猶予があるので、この間に総攻撃して倒しておこう。

鐵ゼブラ、天将軍のターンに全面ダメージ電流ロープが来た場合は、剣山の間を縦往復してやり過ごす。剣山は減速効果が大きいので、割とすぐ止まれて安全だ

次は新ネプキンから開始したいので、鐵ゼブラか天将軍の攻撃で終了させること。

Round3

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(なし→なし→なし→なし→全面→……)
  • 撒菱
  • 竜巻

出現超人

  • 中ボス「太陽光をコントロール プリズマン」1体
  • 「秒の殺し屋 ラーメンマン」1体
  • 「阿修羅面 怒 アシュラマン」1体
  • 「超人血盟軍・副将 ブロッケンJr.」2体
  • 「変身・プリンス・カメハメ ジ・オメガマン」2体

初ターンは何もギミックがないので、一見すると楽そうだが、1ターン目に中央のラーメンマンが大量の撒菱を設置する。

また、中ボスのプリズマンが必殺技を打ったあとには、全面ダメージ電流ロープが展開。剣山がないため、鐵ゼブラと天将軍は致命傷を負ってしまう。

ここは必殺技を使い、早々に突破することを考えよう。

必殺技で4ターン以内に突破!

初手は新ネプキンの必殺技を使い、周囲のザコ敵を処理。これでプリズマン、ラーメンマン、アシュラマン以外は倒すことができる。

その次は、味方の位置を見てラーメンマンを狙うか、プリスマンを狙うか変えていく。

撒菱がかわしやすい位置にいるならプリズマンを、どうしても当たってしまう場合はラーメンマンを狙おう。

確実に4ターン以内で突破できるよう、惜しみなく必殺技を使っていくこと。

今回は、味方の配置がよかったのでプリズマンを狙っていった。残った敵は、新ネプキンの友情アタックを絡めて倒していく

Round4

出現ギミック

  • 炎ロープ(左→左→左→なし→なし→左→……)
  • 有刺鉄線(右→右→右→なし→なし→右→……)
  • ダメージ電流ロープ(なし→なし→なし→全面→全面→なし→……)
  • 火山(右上+右下)
  • 剣山
  • 撒菱

出現超人

  • 中ボス「執念深き魔の手品師 サタンクロス」1体
  • 「超人血盟軍 コンバットスタイル アシュラマン」3体
  • ザ・ニンジャ 1体

ダメージロープに加えて火山に撒菱、剣山とギミックもりだくさんのラウンド。

しかし、有刺鉄線耐性で固めていれば、左側の剣山エリアが安全地帯になる。ここで縦往復して、友情アタックを発動していこう。

中ボスのサタンクロスが範囲必殺技を使ってくるので、発動される前に倒しておきたい。

Round5

出現ギミック

  • 炎ロープ(下→なし→上→なし→下→……)
  • 有刺鉄線(上→左右→下→左右→上→……)
  • ダメージ電流ロープ(左右→上下→左右→上下→左右→……)
  • 剣山
  • 撒菱

出現超人

  • 「宇宙犯罪超人ハンター ジ・オメガマン」4体
  • 「あらゆる感情を排除 ネプチューンマン」4体
  • ザ・ニンジャ 1体

左右に剣山が設置され、炎ロープと有刺鉄線、ダメージ電流ロープが激しく切り替わっていく。

ここはザコ敵の攻撃がおとなしいので、使った必殺技をため直すのに使っていこう。

注意したいのは、ダメージ電流ロープが左右の時の鐵ゼブラ、天将軍のターン。

この場合は上か下に炎ロープも張られるため、縦往復での回避ができない。剣山の間を往復して、やりすごしていこう。

Round6

出現ギミック

  • 有刺鉄線(上下→左右→上下→左右→……)
  • 剣山
  • 撒菱
  • 爆弾(味方全員11,000ダメージ)

出現超人

  • 中ボス「救いの神 ザ・サムライ」1体
  • 「キン肉マンチーム・先鋒 アレキサンドリア・ミート」2体(爆弾)

敵の数は少ないが、右上のミートが次々とキン肉マンチームのメンバーを召喚してくる。

爆弾が恐いので早々に突破したいところだが、ボス前の最終調整をしておきたいので、新ネプキンの友情アタックを使い通常攻撃で切り抜けよう。

新ネプキンと攻撃ターンの超人で、敵を挟み込むようにすると大ダメージが出しやすい。

なお、ミートが抱えている爆弾はリング全体に効果が及ぶので、ピンチになっても新ネプキンの必殺技は使わないこと。

2つとも爆発すると9万近いダメージを受けるので、ほぼ即死してしまう。

爆弾は味方1人あたり11,000ダメージ受ける。ボス戦に備えてHPは温存したいので、なるべく爆発させずに切り抜けたい

敵の数が減ってきたら、順番の調整をしておく。最後は鐵ゼブラスタートにしたいので、フレンドの新ネプキンでここを突破しよう。

Final Round

出現ギミック

  • 火山(右下+左下)
  • 剣山
  • 方向床

出現超人

  • ボス「ディフェンドスーツ キン肉マン」1体
  • 「キン肉マンチーム・大将 ロビンマスク」1体
  • 「キン肉マンチーム・副将 ジェロニモ」1体
  • 「闘将 ラーメンマン」1体
  • ザ・サムライ 1体
  • ミート 1体

ようやくボス戦。はじめは、猛襲キン肉マンとキン肉マンチームの面々が立ちはだかる。

ここで恐いのは、何といってもキン肉マン。開始時のセリフにあるように、ひたすらマッスル・スパークを狙ってくる。

6万以上のダメージを受けてしまうので、まともに戦っているとHPが足りない。

初手は鐵ゼブラで必殺技を当てて、回避することを狙ってみよう。

鐵ゼブラのマッスル・インフェルノは、ヒット後に左右の壁どちらかに敵をぶつける。

左右どちらに向かうかは、当てた敵の位置によって変わり、右の壁に近いなら右、左の壁に近いなら左に向かうという仕組みだ。

キン肉マンの初期位置で当てると右に向かうので、今回はこれで最初のマッスル・スパークをかわすことができた。

2ターン目は、新ネプキンでザコを処理していく。キン肉マンには接近してしまう形になるが、HPには余裕があるので何とか耐えられる。

これで、キン肉マン以外の敵は倒すことができた。ここからは、新ネプキンの友情アタックを絡めて削っていく。

天将軍の攻撃のあと、新ネプキンがマッスル・スパークを被弾。64,000ほどのダメージを受け、さらに火山も合わさってこちらの残りHPは2万以下に……!

しかし、新ネプキンの友情アタックによる火力がすさまじく、通常攻撃で9万近いダメージをマーク。

残りHPを1本まで削り、キン肉マンが真の姿を現した。

形態変化後のキン肉マンは、だいぶおとなしくなり、初回行動まで2ターンの猶予がある。

この間に、通常攻撃だけでほぼHPを削りきることができた。形態変化後のHPは、16万ほどのようだ。

反撃で13,000ほどのダメージを受けるも、問題なし。

ラストは天将軍を使い、余裕を持ってKOすることができた。

「魔の防御(ディフェンド)合戦”凱”」クリア達成!

30分近いバトルになったが、なんとかクリア。

手持ちに新ネプキンがいると、後半戦がだいぶ楽になるので、持っている方は必ず入れておこう。

今回は、攻撃範囲を重視して天将軍を入れているが、ロープで回復はできないため、不安要素もある。

有刺鉄線回復持ちで、おすすめの超人を紹介しておく。

おすすめ超人:力で超人であることを証明 カオス

光カオスは有刺鉄線回復 強に全属性耐性を持っており、防御に特化した性能になっている。

加えて、友情アタックで敵のパワーダウンもでき、必殺技を受けた味方の身代わりになるアビリティも備えているので、ボス戦では非常に心強い。

ボス戦で困っているようなら、光カオスを使ってみるのがおすすめだ。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA