RPGを作れるゲーム『ビットゲームメーカー』が5月31日より配信開始!

  • 2017年05月19日
1

ディッジは、『ビットゲームメーカー』を、5月31日(水)に配信を開始することを発表した。本作はオリジナルのRPGを手軽に作ることができ、自由に公開することができる。また、千葉県松戸市も共同で取り組む「市公認」にもなっている。

RPGを作って自由に公開できる!『ビットゲームメーカー』配信日決定

[以下、リリースより]

ゲーム・アニメ・パチンコ等のCG制作、モバイルコンテンツ事業を手掛ける、株式会社ディッジ(所在地:千葉県松戸市、代表取締役:柳明宏)は、ゲームを作るゲームアプリ「ビットゲームメーカー」を、App Store、Google Playにて2017年5月31日(水)より提供を開始いたします。

ビットゲームメーカーとは?

本作は自分だけのオリジナルのRPGを作ることができるアプリです。スマートフォンだけでゲームを制作し、公開することができます。千葉県松戸市と共同で取り組んでおります。

ゲームの特徴

ゲーム作成の初心者向けに「かんたん設定」や他のユーザーの作品を改変できる「アレンジ機能」などをご用意しており、上級者はパラメータやイベントなどの細部を作り込むこともできます。

また、キャラクターやアイコンなどのゲーム素材を1,000以上ご用意しております。

本作の取り組みについて

弊社の本社が松戸市にあるというご縁で、地元のデジタルコンテンツの振興を目的として発足した「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」というプロジェクトに参加させて頂いております。

また、本作は国と松戸市の進める「地方創生」事業の一環として、日本のゲームクリエイターを支援するため、法人・個人問わず、20名以上のクリエイターの方にゲーム素材をご提供頂いております。

ゲームの流れ

1:ゲームを作る

  1. 基本設定:タイトルや用語やUIやシステムをカスタマイズ。
  2. データ作成:ゲームに登場するキャラクターやアイテムを作成。
  3. マップ作成:タイルを配置して冒険の舞台となるマップを作成。
  4. イベント作成:作成したマップにゲーム中のイベントを配置。

2:ゲームを公開

作成したゲームを公開します。公開後に内容の変更もできます。

世界中に公開することも仲間内だけでシェアすることも可能です。

3:ゲームを探す

他のユーザーが投稿したゲームを探して遊ぶことができます。

また、気に入ったゲームがあれば、自分のゲーム作品のベースとして使うこともできます。

4:素材を探す

ゲームに使用するキャラクターやマップなどのグラフィック素材を追加ダウンロードできます。

リリース後も順次ゲーム素材を追加予定です。

(C)DH All rights reserved.