アフターパルス

アフターパルス【攻略】: マルチプレイバトルアンロックまでの道

  • 2015年10月25日

アフターパルスでは、訓練を進めることでプレイヤーレベルが上がっていき、レベルに応じてさまざまなコンテンツがアンロックされていく仕様になっている。始めたばかりのプレイヤーが目指すべきポイントが「マルチプレイバトル」をアンロックすること。ここでは、マルチプレイバトルが楽しめるようになるまでに覚えておきたいコツや豆知識を紹介する。

他のプレイヤーとの差をつける3つのポイント

マルチプレイバトルには「チームデスマッチ」と「デスマッチ」の2種類のモードが存在しており、先にアンロックされるのはチームデスマッチの方だ。

チームデスマッチでは周りが見えていないと射撃の的になってしまうだけでなく、自分のことだけを考えたプレイをしていると、チームへの負担も大きくなってしまう。そうならないためにも、TPS初心者が覚えておきたい3つのポイントをご紹介しよう。

FPSとTPSとの違いを簡単に説明しておくと、FPSは操作しているキャラクターの視点を見ながらプレイするものに対して、TPSはキャラクターの背後から見た視点で操作するという違いがある

ポイント1:敵を確実に倒せる状況を見極める

初心者の誰もがやりがちなミスとして、敵を見つけたらとにかく先に攻撃を仕掛けようとすること。確かに、先に攻撃した方が有利なのだが、他の敵にも自分の場所を教えてしまうことになるため、標的になりやすいリスクも有る。

先制攻撃すべきタイミングとしては、相手がこちらに気づかずに背中を向けているときだ。また、周りに遮へい物があるかどうかも重要。先制攻撃をしたものの、相手の方が狙い撃ちや逃げ方がうまい場合、返り討ちにあったり、あっさりと巻かれてしまうからである。慣れない間は、最低限この2つのことを意識してプレイしてみよう。

訓練施設の1つ「ターミナル」。ここは序盤の中でも上述したことを最も練習しやすい場所であり、TPSのイロハを覚えるためにはうってつけ。撃退した数が1位で、死亡の回数が0という評価が安定してきたら、自信を持ってマルチプレイにも参加できるはずだ

ポイント2:押すだけでは勝てない

撃ち合いになったときに、相手の武器や射撃の正確性が優れていると、どうしても不利になってしまう。そうなった場合はいったん引くことも大切。本作においては、大きなダメージを受けてしまった場合でも、一定時間被弾しなければ体力は自然回復する仕様になっているからだ。

脅威だと感じた相手には、待ち伏せをして消耗しているところを狙い撃つ、もしくはおとなしく別の相手を探すことにするかのどちらかが正しい。少しでも撃退数を伸ばしたい方は、体力回復やリロードなどを待ったのち、有利な状況を見極めてから攻めてみるといい。

激しい銃撃が連続すると、残り体力がわずかという状況になり得る。そんなときは、戦場から離れた安全な場所でリロードしながら待機することも必要なシーンも

ポイント3:位置取りの重要性

訓練では実際のマルチプレイと同じぐらいの敵が存在する。また、射撃しながら移動をするなど、明らかに他の兵とは動きも違う「エリート兵」という手強い相手も出てくる。最初はかなり苦戦するはずだが、1つのことさえ理解しておけばかなり楽に倒せるようになる。それが位置取りだ。

素早く正確に狙いを定めるという点では初心者は不利になるが、有利な位置取りさえできれば互角の戦いをすることも可能になる。例えば、エリア内にある高台や暗がりを利用することで、相手に気づかれることなく攻撃することが可能。ほかにも車や倉庫などの障害物は、敵からの攻撃を無効、および体力回復の壁として有効に扱える。このように戦闘に応じて有利な位置を素早く確保することも、立派な戦術なのだ。

「CLOSE QUARTERSキャンプ」だと、エリア中央付近にある階段を登ることで、相手を見つけやすくなり、常に有利に攻撃を仕掛けることができる。しかし、その場所でずっと居座っては相手のいい的になってしまうため、適度に場所を変えながら行動していこう

訓練やデイリーを達成して報酬も集めていこう

訓練を何回かこなしていると、ホーム画面から報酬をもらうことができる。武器を強化したり合成したりするには、必ずゲーム内の小銭が必要になり、序盤だとこの報酬で集めることが多い。さらには高ランクの武器や装備を手に入れるためのゴールドも手に入るため、可能ならマルチバトルに挑む前に星4~6の武具に身を包めるようにしておくと安心だ。

(C)2015 Digital Legends EntertainmentS.L All Rights Reserved.Published by GAMEVILInc.