Crash Club【ゲームレビュー】

eye

武器を駆使してほかのプレイヤーの車を破壊していく対戦アクション『Clash Club』。豪快に壊しまくる大胆さと、生き残るために賢く立ち回る冷静さという、異なる2つの魅力を楽しむことができる。

すべてを破壊して生き残れ! 豪快クラッシュバトル

30人以上のプレイヤーがリアルタイムに対戦することができる『Clash Club』。戦いが行われているフィールドに次々と新たなプレイヤーが参戦してくる。

プレイヤーは街や車をひたすら破壊し、少しでも長く生き残ることを目指していく。

フィールドは1種類のみだが、かなり広い。車が自動で直進するので、これをスワイプやフリックで操っていく。操作する場所は画面内のどこでも問題ない

車にはさまざまな武器を搭載! 武器を装備した状態で攻撃したい相手の車をタップすることで攻撃を行うことが可能だ。

プレイヤーの車は、各々が装備している武器でのみ破壊することができる。

車には耐久力が設定されており、これがなくなるとゲームオーバー。フィールドから強制的に抜けることになる。

相手の車をタップする以外に、画面右下の武器アイコンをタップすることでも攻撃可能。タップするよりも攻撃を当てやすいが、ある程度近づいてロックオン(赤いサークル表示がついた状態)する必要がある

画面はタテでもヨコでもプレイ可能!

操作方法はいくつかカスタマイズが可能。大きな変更は画面の縦向き、横向きを切り替えてプレイできる点だ。

両手を使わなければいけないところは変わらないが、視野の範囲が異なる。敵を見やすいほうにするといいだろう。

スマホを傾けることで縦、横が自動で切り替わる。縦画面なら先が見通しやすく、横画面なら周囲の視野が広くなる

街を壊して「トークン」を集めよう

バトル開始時、プレイヤーは武器を所持していない。

攻撃手段がない状態なので、まずは武器を確保することを目指していかなければならない。武器はフィールド内にある「STOP-N-GO」という施設で購入可能だ。

武器には弾数制限があり、無限に撃つことはできない。生き残り続ける限り、STOP-N-GOには定期的に通うことになる。F1でいうピットインのようなものだ

武器を購入するには、「トークン」が必要だ。

トークンは、街中のものを壊すことで入手することができるので、バトル開始後に最初にやるべきは「街中を破壊すること」ということになる。

木や街灯、フェンスなど、フィールド内のオブジェクトのほとんどは破壊できる。この中にトークンはランダムで隠されている

STOP-N-GOでは、武器の購入以外に、攻撃されて減ってしまった耐久値の修復を行ったり、特殊バフ効果などを得たりすることも可能。

いずれの要素にもトークンが必要となるので、定期的に街を破壊してトークンを集めておくことは、生き残ることにもつながるといえるだろう。

耐久値の残りがどれくらいか、具体的には把握できないが、車体に煙があがったら瀕死になっている証拠だ。STOP-N-GOに駆け込んで修復しよう

マシンはクラクションまで自分好みにできる

マシンはガチャによって入手可能で、ガレージに複数所持することができる。

ガチャには課金アイテムが必要となる。アイテムを多く使用するガチャほど、レアリティの高いマシンも排出されやすい

マシンはいずれも、「デカール」や「ホイール」といった見た目のほか、バトル時に使用するクラクションまでもがカスタマイズ可能。

バトルに勝つことで入手できる通貨で、新たなカスタマイズ要素を購入できるので、自分好みのマシンを作り上げていくことが究極的な目標となるだろう。

一見するとスタンプのようだが、「絵文字クラクション」という呼称。画面下部のアイコンをタップすると、音とともに絵文字が表示される。煽られるときによく使われる……

勝負どころの判断を楽しもう

本作のバトルは、オブジェクトや敵の車を破壊することで、ポイントが入り、これで順位や報酬が決まる。

特に、自分より上の順位の敵の車を倒したときはポイントが高く、いい成績を残すために戦うことは必須といえる。

一方で、参加プレイヤーが30人近く、激戦地では四方八方から攻撃が飛んでくる。ただの戦闘狂では、生き残ることは難しいのだ。

攻撃の引き際やSTOP-N-GOへ入るタイミングなど、勝負どころでのプレイヤーの判断が問われる場面が多い作品。敵との戦いだけではなく、状況判断の妙も楽しんでみよう。

1位になると、マップ上に自分の位置が表示されるようになってしまう。多くのプレイヤーがポイントほしさに自分のもとへ駆けつけてくるので、生き残ったら生き残ったで大変

  • 使用した端末機種:Galaxy S7 edge
  • OSのバージョン:Android 7.0
  • プレイ時間:約2時間半
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.1.1
  • 課金総額:0円

(C) 2017 Prettygreat Pty Ltd.