『ごっつ三国 関西戦記』を先行プレイ! 関西弁で展開される斬新な三国志バトルRPG

eye

韓国・NHNエンターテインメントの新作『ごっつ三国 関西戦記』は、オーソドックスな三国志ゲーム……と思いきや、全編にわたってセリフが関西弁になっているという斬新さがウリ。今回は、テストバージョンでのプレイレポートをお届けしていこう。

脱力系の見た目に反して作り込まれた三国志ゲーム

本作は、中国の古典『三国志演義』に沿ってストーリーが展開していくものの、セリフがすべて関西弁! ちょっと風変わりなノリでゲームが進んでいく。

三国志を題材にしたゲームはこれまで数々のタイトルがリリースされているが、セリフが関西弁というのは本作が初ではないだろうか?

さまざまな名シーンが、なんとも締まらない感じになっているのが面白い。

冒頭にある、董卓軍との決戦シーン。乱世の奸雄として知られる曹操も、関西弁だとあまり威厳が感じられない

有名な「桃園の誓い」の場面も、なんともシュールなシーンに。しかも、劉備が物理的(!)な力で長兄になっている

しかし、見た目だけで内容を判断してはいけない。数多くの武将が登場し、プレイできるシナリオはボリューム満点。

さらに領地の発展や武将の育成など、やり込み要素も満載で、かなり力の入ったRPGになっているのだ。

バトルはオートになっていて、各武将は自動的に敵を攻撃していく。攻撃を受けたり倒されたりすると、関西弁でぼやくことも

武将の下にある黄色いゲージがたまると、強力なスキルが発動可能! 画面が暗転し、ド派手な演出が挿入される

お気に入りの国からプレイしよう!

三国志演義が題材ということで、当然ながら魏、呉、蜀の3つの国が登場する。冒頭から、どの国で開始するか選べるので、好きな国を選んでプレイを開始しよう。

国を決定すると、同じ国の武将がセットで入手できるので、初期パーティーでもそこそこ戦えるのがうれしい。

また、同じ国の武将でパーティーを組むとステータスが強化されるので、この点も重要だ。

筆者は蜀が好きなので、もちろん蜀をチョイス。関羽の養子である関平が最初から使える

蜀の武将5人をパーティーに組み込んでみたところ、連携効果の「蜀の末裔」が発動してステータスが大幅に上昇した

武将にはそれぞれタイプが設定されていて、バトル中の役割が異なる。

強力な武将がそろっていても、タイプが偏っているとバランスが悪いパーティーになってしまうので、武将のタイプはよく確認しておこう。

  • 猛将:先頭に立って敵の攻撃を引き付けるタンク役
  • 勇将:遠近両方に対応できるバランス型
  • 策士:打たれ弱いが強力なスキルが使える遠距離タイプ

最大6人パーティーなので、各タイプの武将を2人ずつ組み込むのが基本。

ガチャの引きによっては、策士を3人にする、猛将を1人に減らすなどもあり。

ただし、策士はかなり打たれ弱いので、策士を増やすぎると一瞬でやられてしまうといったリスクもある。

武将は主に「武将ガチャ」と「レア武将ガチャ」の2種類で入手する。全員、楽しそうに踊っている画面が印象的だ

「領地」内ではストラテジー要素もあり

本作はただのRPGにとどまらず、ストラテジー要素も含まれている。

「領地」の中では、農地や金鉱、宝物庫などの建造物を設置することで、金貨や俵などを入手できる。

「建設」で各施設を建造することができ、一定時間が経過すると完成。課金アイテムの金塊を使えば一瞬で完了……といった感じだ。

少しずつ領地が立派になっていくのは、なかなか楽しい。

自分の領地の様子。はじめはほとんど何もない状態なので、どんどん新しい建物を作っていこう。中央の屋敷のレベルが低いと何も建てられないので、屋敷は優先的にレベルを上げていきたい

農地のような単純なものは数分、薬屋や商店などのお店は30分程度の時間が掛かる。建築中は、シナリオを進めておくといいだろう

領地の周りは森や原野で囲まれているので、狭くなってきたら除去してエリアを広げていこう

三国志演義を忠実に再現(?)したシナリオモード

ゲームのメインとなるのは、三国志演義のストーリーを忠実に再現したシナリオモード。

戦乱時代のシリアスなストーリーのはずだが、かわいいキャラクターと関西弁が相まって、ほのぼのとした雰囲気で展開していく。

ステージクリア式になっていて、各ステージ3バトル構成であることがほとんど。

序盤のステージは適当に戦っていても勝てるが、1幕のステージ3あたりからは敵が強くなってくる。スキル使用のタイミングを見極めよう。

ステージの合間には、会話シーンが挿入される。最強の武将として知られる呂布も、関西弁だと親しみやすそうだ

挑戦前に、出現する敵を確認できる。星の数が多い武将がいるステージは、強敵が出現するので要注意だ

敵を全滅させればステージクリアとなる。クリア時は、生存している味方の数で評価が決まる

戦乱の世を統一! 天下統一モード

もう1つ、本作の目玉となるのが天下統一モードだ。

自分の領地からスタートして、ほかのエリアを少しずつ占領していき、最終的には天下を統一するのが目標となる。

ほかのエリアは敵対勢力の武将が治めているので、出陣してこれを倒せば奪うことができる。

青い点線が、現在の自分のエリア。各都市を占領することで拡大できる。各国の首都は、出陣するにも高い君主ランク(=プレイヤーのランク)が求められる

バトルはシナリオモードと同様の流れだが、強力な武将が守っていることが多く、全体的に難易度が高い

勝利すれば、その領地が手に入るとともに、大量の経験値や金貨がもらえる。難易度が高いだけに、見返りも大きい

ボリューム満点の良作三国志ゲーム

デフォルメされたキャラクターと関西弁のせいで、ネタゲーかと思ったが、プレイしてみるとそのボリュームに驚かされた。

シナリオモード、天下統一モードだけでも相当遊べるにも関わらず、君主ランク50でようやく開放される要素もあり、その気になれば数カ月、数年とプレイできそうだ。

今回プレイしたテスト版は、ほぼ完成バージョン。正式版はすでに配信が開始されているので、その面白さを実際にプレイして確かめてみよう!

三国志好きなら、まずハマれること間違いなしだ。

たまに来る通知部分に「県令様!」とあったので、タップしてみたところ、しょうもないネタが……。全編をとおして、こんな感じである

(C) NHN Entertainment Corp. (C) PICNEKO CREATIVE. All Rights Reserved.