マッスルショット【攻略】: 猛襲イベント「風疾る白翼の幻想」(ペンタゴン)攻略

eye

新たな猛襲イベントには、ペンタゴンが登場。異次元ホールとカウンターという、対応しにくい組み合わせのギミックが展開され、難易度は高め。異次元ホール無効を中心にした編成で進むといいだろう。

  1. リーダー:父を超えられるか キン肉万太郎
  2. メンバー1:正義と悪魔の狭間での葛藤 ヒカルド
  3. メンバー2:マグネット・パワーに捧げた魂 サイコマン
  4. フレンド:グレート躰術の達人 BUKIボーイ
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Final Round
  10. おすすめ超人:石頭委員長 ハラボテ・マッスル
  11. 参考動画

飛行+水属性キラー!実用性満点の猛襲ペンタゴン

猛襲版ペンタゴンは、アビリティに飛行を備えており、汎用性が非常に高い。

さらに、絆覚醒させると水属性キラーも追加され、火力要員としても期待できる。猛襲カラスマンの木属性バージョンといった性能で、使いやすく強い。

必殺技が少々特殊な性能になっているが、端に行った敵を移動できるので、状況によっては非常に便利だ。

イベントの難易度はかなり高いが、ぜひゲットしておきたい。

絆覚醒素材

素材でネックになるのは、カレクックの難易度。猛襲ネメシスが役に立つので、ネメシス+炎ロープ&毒耐性という組み合わせで挑むといいだろう。

加えて、来襲ブラックホールの開催日程によっては、しばらく絆覚醒できないというケースも出てくる。

スケジュールをチェックしておき、忘れずに確保しておきたい。

原作でのペンタゴン

こちらは、現在連載中の「完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)編」のペンタゴン。

ダルメシマンに辛勝したブラックホールは、満身創痍のままジャック・チーと連戦。

四次元殺法をことごとく見破られ、圧倒的劣勢に立たされるブラックホールだったが、そこへ従兄弟であり親友でもあるペンタゴンが駆けつける。

はじめはペンタゴンを巻き込むまいと、助力を拒むブラックホールだったが、ペンタゴンの激励により心を決め、協力技「四次元エレメント交差」で逆転勝利を収める。

しばらく試合している姿が見られなかったペンタゴンだが、相当修練を積んでいたようで、3,500万パワーのジャック・チーをも圧倒してみせた。

今の強さで超人オリンピックが開かれたら、上位入賞は間違いなさそうである。

イベント初挑戦時に挿入される原作シーンのダイジェストでは、かっこいいペンタゴンが登場するので必見! ファンにはうれしい演出である

異次元ホールとカウンターによる足止め

このバトルでは、異次元ホール各種+カウンターという、両対応が難しいギミックが同時に展開される。

加えてダメージ氷ロープとダメージ電流ロープも張られるので、ギミック中心に考えると編成はかなり限られてしまう。

ここは、異次元ホール無効を第一に考え、あとは友情アタックの火力で選出していくといいだろう。

カウンター無効で強力な超人を持っていたら、異次元ホール除去と組み合わせて使っていくといい。

水サイコマンで火力を確保

筆者の手持ちでは異次元ホール無効が充実していたので、今回は全員を異次元ホール無効&除去で固めた。

ポイントとなるのが、水サイコマン。ボスに対しては属性不利となってしまうが、友情アタックの攻撃範囲と火力がすさまじいので、適性が高い。

そのボスに対しても、はじめは闇属性のブラックホールで登場するので、闇属性キラーが活きる。

カウンター無効の超人を使うのであれば、異次元ホール無効か、ロープ耐性を持っているといい。

主なおすすめ超人は以下のとおり。

  • 反逆の白騎士 ケビンマスク
  • 新たな救世主 ケビンマスク
  • 偽りの暴君 ザ・犀暴愚

リーダー:父を超えられるか キン肉万太郎

こちらの万太郎は電流ロープブーストと異次元ホール無効に加えて、木属性キラーまで備えているためかなりの適正。反射タイプなので、カウンターに予想外の激突をしないよう、安全性重視で弾こう

メンバー1:正義と悪魔の狭間での葛藤 ヒカルド

新光ヒカルドは、異次元ホール除去があるだけでギミックの適性は低いのだが、友情アタックが超有効。リング隅にいる敵をなぎ倒してくれるので、結果的にギミック処理が早く終わる

メンバー2:マグネット・パワーに捧げた魂 サイコマン

水サイコマンも、ギミック適性は低いが友情アタックの火力枠として使用。ヒカルドとセットで使うと、ほぼ死角なく全域を攻撃できる。ボス戦の初手としても非常に優秀

フレンド:グレート躰術の達人 BUKIボーイ

ロープ耐性こそないが、異次元ホール除去にカウンター無効、正義&アイドル超人キラーまで備えていて適性が非常に高いBUKIボーイ。各ラウンドをBUKIボーイから開始するようにすれば、だいぶスムーズに進むだろう

Round1

出現ギミック

  • ダメージ氷ロープ(上下→左右→上下→左右→……)
  • ランダム異次元ホール
  • カウンター

出現超人

  • 中ボス「キン肉星のプリンス キン肉マン」1体
  • 「異次元からの刺客 ブラックホール」1体
  • 「火覆面完璧超人」3体

敵の数は少ないのだが、いきなりいやらしい配置。初手は、キン肉マンを狙ってほぼ真横に弾くのがいいだろう。

初期配置によっては、どうしてもカウンターを受けてしまうので、思い切って氷ロープに接触しておくのも手だ。

2ターン目は動きやすいので全力で攻撃し、そのままキン肉マンを必殺技発動までに倒したい。

ボス戦では開始直後から必殺技を使いたいので、火覆面を1体残したら、少しターンを稼ごう。

各ラウンドBUKIボーイスタートにしたいので、ここはBUKIボーイ手前の超人で終わらせること。

Round2

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(左右→上下→左右→上下→……)
  • ランダム異次元ホール
  • カウンター
  • 黒後家蜘蛛(20,000ダメージ)

出現超人

  • 中ボス「空中殺法の使い手 スカイマン」1体
  • 「愛と怒りの聖人 カレクック」1体
  • 「四次元殺法コンビ ペンタゴン」1体
  • 「四次元エレメント交差 ペンタゴン」1体
  • ブラックホール 2体
  • 火覆面 1体

火覆面の周囲に、ランダム異次元ホールがどっさり設置される。異次元ホール無効がないと、まずカウンターに直撃してしまうだろう。

ここはBUKIボーイから入り、異次元ホールを除去しつつ火覆面を撃破していく。その際、リング下にいる黒後家蜘蛛にも接触しておき、火覆面に移しておこう。

火覆面さえ倒してしまえば、あとは楽な展開になる。友情アタックを発動しつつ、ここもBUKIボーイ手前の超人で終わらせること。

貫通タイプの超人なら、黒後家蜘蛛の制御もやりやすい。反射タイプの超人のターンで、思わぬ事故が起こることもあるので、BUKIボーイで確実に処理しておこう

Round3

出現ギミック

  • ダメージ氷ロープ(上下で固定)
  • カウンター
  • 黒後家蜘蛛(50,000ダメージ)

出現超人

  • 中ボス「超人凶器 ウォーズマン 」1体
  • 「ファイティング・コンピュータ ウォーズマン」1体
  • 「1200万パワー ウォーズマン」2体
  • 「スーパーユウジョウモード ウォーズマン」2体
  • 火覆面 4体

ウォーズマンと火覆面がどっさり出現。ここは、初手がカウンター無効でないと、ギミックをかわすのが難しい。

また、黒後家蜘蛛が赤目のタイプで、50,000ダメージも受けてしまう。こちらも事故が怖い。

BUKIボーイスタートにできれば、友情アタックで大ダメージを与えつつ、黒後家蜘蛛の処理もできる。順番管理を徹底したい。

敵が減ってきたら、必殺技までの残りターンを確認しよう。まだ10ターン以上かかるようであれば、ここでまた少しターンを稼ぐ。

中ボスウォーズマンの必殺技を受けてでも、しっかりためておこう。

中ボスウォーズマンの必殺技は、直線状にいる相手に25,000ほどのダメージを与える。HPに余裕があるなら、これに耐えてターンを稼ごう

Round4

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(右→上→左→下→……)
  • ダメージ氷ロープ(左→下→右→上……)
  • ダメージ異次元ホール
  • カウンター
  • 黒後家蜘蛛(20,000ダメージ)

出現超人

  • 中ボス 闇ペンタゴン 1体
  • 「キン肉マンII世 キン肉万太郎」1体
  • 「難攻不落の鉄騎兵 ケビンマスク」1体
  • ブラックホール 2体
  • 火覆面 4体

ダメージ電流&氷ロープが対面に張られ、ダメージ異次元ホールもびっしりと設置される。先制のカウンターもあるが、異次元ホール無効の超人であれば、中央付近が安全地帯だ。

中ボスのペンタゴンが4ターン後には必殺技を放ってくるので、まずは中央に攻撃を集中させてペンタゴンから倒していこう。

この際、ついでに万太郎とケビンも巻き込んで処理しておきたい。

敵をあらかた倒したら、ボス戦に備えて必殺技の最終調整をしておく。発動可能にしておくのに加え、最後はサイコマンスタートにしたいので、順番も整理しておこう。

Final Round

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(左→上→右→下→……)
  • ダメージ氷ロープ(下→左→上→右→……)
  • ダメージ異次元ホール
  • カウンター

出現超人

  • ボス「闇の殺し屋 ブラックホール」1体
  • 「完璧・無量大数軍”完流” ジャック・チー」1体
  • 「四次元に潜む怪しき影 ブラックホール」2体
  • 火覆面 2体

ボスは最初、ブラックホールの状態で出現。リングにはダメージ電流ロープとダメージ氷ロープが常にL字状に張られ、どちらかの耐性がないと逃げ場がない。

さらに、カウンターとダメージ異次元ホールも登場するのでかなり動きにくい……のだが、今回の編成であれば3ターンで終了できる。

実は、ボス以外はすぐには行動してこないため、ボスを必殺技で集中攻撃すれば楽にクリアできるのだ。

今回は順番も調整してあるので、サイコマンから必殺技を発動していく。

サイコマンの必殺技はターゲット指定式なので、相手の位置も関係なし。闇キラーが乗って14万ダメージ(ボスは青ゲージがなくなると変身するため表示は11万)与えた。

これでボスをリング中央に移動できるので、後続の味方も必殺技を当てやすくなる。スタン効果もあるため、非常にありがたい。

青ゲージがなくなると、ボスはブラックホールからペンタゴンに変化。しかし、サイコマンの必殺技でスタンしているので、特に問題はなし。

引き続き、必殺技を当てていく。

BUKIボーイは有利属性+正義超人キラーにより、弱点でなくとも16万近いダメージを与えられる。

しかし、ペンタゴンはやたらとタフで、これでも緑ゲージ1本分程度のダメージにとどまった。

フィニッシュは万太郎。木属性キラーにより、バスタークラッシュで16万ダメージ与えてみごとボスを粉砕!

しかし、ブラックホールの形態と合わせるとHPが40万以上もあり、倒すのはかなり骨が折れる。キラー効果を持つ超人は必須だろう。

「風疾る白翼の幻想」クリア達成!

異次元ホール無効を中心に、カウンターの対処とボス戦の火力を確保……と、編成がかなり難しいバトルである。

火力枠としてカウンター無効と正義超人キラーを持つ、絆覚醒将軍を使うのもありだろう。

適正超人は数が限られるが、異次元ホール、カウンター、電流ロープに対応したおすすめ超人を紹介しておこう。

おすすめ超人:石頭委員長 ハラボテ・マッスル

ギミックの適応としては、BUKIボーイよりこちらの委員長のほうが優秀。友情アタックが高火力なのもポイント高し。

しかし、問題点として、必殺技の火力が低い点が挙げられる。手持ちはキラーで固めておくなど、ボス戦での火力をどうカバーするか考えておこう。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA